タグ:黒塚 ( 6 ) タグの人気記事

薪御能 初日

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
18日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、19日は午前11時より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、午後5時半から(18日は雨天予想のため奈良県文化会館
国際ホールにて)興福寺南大門跡般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月18日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
         「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山千五郎
         「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
      ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
      を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
      たい章句がつくのが特徴です。
    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式


e0078706_10270114.jpg

e0078706_10271023.jpge0078706_10272648.jpg

e0078706_10274570.jpge0078706_10280347.jpg


e0078706_10281511.jpge0078706_10283825.jpg

e0078706_10285277.jpg

e0078706_10290737.jpg


 南大門の儀
  日時 5月18日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ) 興福寺衆徒
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を
      中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませ
      んが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)
      により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられます。
      これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。


e0078706_10514502.jpg


     宝生流能「俊成忠度(しゅんぜいただのり)」辰巳満次郎
一ノ谷の合戦で忠度を討ちとった岡部六弥太忠澄が俊成のもとへ忠度の歌が書かれた短冊を持って
来る。すると俊成の前に忠度の霊が現れ、『千載集』に自分の名前が記されていないことを嘆くの
であった。忠度と俊成は和歌について語り合うが、修羅の苦しみが忠度を襲う。忠度は修羅道の戦い
の様子を見せると、夜明けとともに姿を消すのであった。

e0078706_10523588.jpge0078706_10524654.jpg

e0078706_10525622.jpge0078706_10531152.jpg




     火入れ 興福寺衆徒


e0078706_10572850.jpg


     大藏流狂言「雁礫(がんつぶて)」茂山千五郎
  弓矢の名手を自負する大名が雁を射ろうとするがなかなか定まらない。そこに男が現れて石礫を打ち、
あっさりと雁を仕留めてしまう。大名は男を呼び止め、雁は自分が弓矢で射たのだと言い張って権利を
主張しはじめるが、男は譲らない。大名は弓矢で脅し、男は逃げて助けを呼ぶ。そこに駆けつけた男が
済人を申し出る。事情を聴いた済人は雁をもとの場所に置き、大名が射ることを提案する。先程の雁を置
いて射させるが、放たれた矢は外れ、男が雁を持って去る。


e0078706_11034304.jpge0078706_11035119.jpg

e0078706_11035822.jpge0078706_11040638.jpg


     金剛流能「黒塚(くろづか)」金剛流宗家 金剛永謹
諸国行脚の熊野修験の東光坊祐慶とその一行が陸奥安達ヶ原で日が暮れてしまう。そこに明かりの見え
たひとつ家に宿を求める。老女は気の毒がりしぶしぶ二人に宿を貸すのであった。客人をまえに糸繰をま
わし、世の無常を嘆く老女、やがて薪を拾いに行くと述べ、閨を覗かないようと強く言い置き、女は家を出
る。禁じられると見たくなる。二人は閨を覗くと、そこには腐乱した死体の山。女は安達ヶ原の黒塚に籠る
鬼であった。あわてて逃げ出す二人に鬼女が秘密を暴かれた怒りに燃えて追いかけ、取って喰わんとする。
翻って二人は必死に法力で立ち向かう。五大尊明王に祈ると鬼女は弱り果て、己の姿に恥じ入りながら去っ
ていく。


e0078706_11074855.jpge0078706_11091151.jpg

e0078706_11092097.jpge0078706_11092678.jpg


     附祝言

[PR]
by easysailing | 2018-05-18 21:00 | 演能日誌

春日若宮おん祭 後宴能

春日若宮おん祭 後宴能
 日時 12月18日(日)午後2時始
 場所 奈良市 春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 後宴之式能
  春日若宮おん祭が無事終わったことを祝し、後宴能が開かれます。
  演目 金春流能「羽衣(はごろも)」金春穂高 
     大藏流狂言「因幡堂(いなばどう)」茂山あきら 網谷正美
     金春流能「黒塚(くろづか)」櫻間右陣

[PR]
by easysailing | 2016-12-18 22:00 | 演能日誌

ロシア連邦サハ共和国ヤクーツク

ロシア サハ共和国ヤクーツク
 第5回インターナショナルスポーツ大会
 第2回インターナショナルフェスティバル-ユネスコ
   日時 7月11日
   場所 サハ共和国 リパブリックホール
         27カ国参加による国際シンポジウム参加 NPO法人奈良能理事長石原昌和

e0078706_10193514.jpge0078706_10194868.jpg

   日時 7月12日
   場所 サハ共和国ヤクーツク 国立アカデミー劇場
   演目 能ワークショップ
            NPO法人奈良能理事長石原昌和

e0078706_10221643.jpge0078706_10225922.jpg
e0078706_10224211.jpg e0078706_10232315.jpg

  日時 7月13日
   場所 ハ共和国ヤクーツク サハ国立アカデミー劇場、
   演目 金春流仕舞「笹ノ段」


e0078706_10305657.jpg

   演目 能ワークショップ NPO法人奈良能理事長 石原昌和 他
e0078706_1032636.jpge0078706_10321360.jpg

演目 金春流能「船弁慶(ふなべんけい)」
e0078706_1035277.jpge0078706_10351168.jpg
e0078706_10355075.jpge0078706_1036474.jpg

   演目 金春流仕舞「高砂(たかさご)」
e0078706_10373063.jpg



日時 7月14日
   場所 ハ共和国ヤクーツク サハ国立アカデミー劇場、
   演目 能ワークショップ NPO法人奈良能理事長石原昌和
       仕舞
e0078706_10452655.jpge0078706_10461268.jpg

   演目 金春流能「黒塚(くろつか)」  
e0078706_10472267.jpge0078706_10473526.jpg
e0078706_10475398.jpge0078706_1048764.jpg

  
   演目 「早舞(はやまい)」
e0078706_10494634.jpg



   日時 7月15日午後9時45分始
   場所 サハ共和国ヤクーツク 国立競技場
   演目 金春流半能「土蜘蛛「(つちぐも)」
e0078706_10582944.jpge0078706_10592250.jpg
e0078706_10591757.jpge0078706_110013.jpg
e0078706_10593977.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-07-16 10:00 | 演能日誌

一休寺薪能

一休寺薪能
 日時 10月12日午後5時半 始め
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第26回を迎えます一休寺薪能が、中秋の名月の前夜、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先での能・狂言が演じられました。

 演目 金剛流仕舞 「融(とおる)」 金剛龍謹
e0078706_17464037.jpg


   大藏流狂言 「栗焼(くりやき)」 茂山千五郎
 到来物の四十個の栗を、焼き栗にして客をもてなそうとした主人は、太郎冠者に栗を焼くように命じる。台所でみごとに焼き上げた栗を見て、味見した太郎冠者、一つで終わることはなく、ついにすっかり食べてしまう。さて、その言い訳は・・・・
栗を焼く様食べる様、これが見どころ、太郎冠者の独り芝居。扇がいろいろなものに用いられる。竈の神は台所に祭られる神で、その家の神として家人を守り、またその人たちの運命をも司る神。その神は三十六人とも言われている。
竈の神夫婦、またその公達三十四人、なるほど足せば三十六人。それを四十に引き伸ばされねば数は合わない。
e0078706_17503955.jpge0078706_17511226.jpg
e0078706_1754991.jpge0078706_17542035.jpg


 金剛流能 「黒塚(くろづか)」 金剛永謹
 大小前に出された作り物は、最初は野中にある一軒家、あとでは女主の寝屋を表す。
熊野の阿闍梨祐慶と同行の山伏は、諸国行脚の途中、陸奥の国安達原に着く。
日も暮れ明かりを頼りに野中の一軒家に宿を借りる。山伏達が見慣れぬ枠桛輪に興味を示し使うところを見せてほしいと頼むと、女主は旅の慰みにと京の風物を取り込んだ「糸尽くし」の唄を謡いながら、糸車を回し糸繰りの技を見せる。やがて夜更けになり、女主は焚火の薪を取りに行くと言い、留守中に決して閨の中を見ないように念を押して、山に出掛けて行く。能力はあまりにくどく「見るな」と言うのに不審を感じ、女主との約束を守る山伏達の寝入った隙に閨をのぞく。中には人の死骸が山と積まれているので、驚いて山伏達に鬼の住家だと知らせる。驚いて逃げる一行を先刻の女は鬼女の本性を現し、山伏達の違約を責めて襲い掛かるが、ついに折り伏せられて、恨みの声を残し夜嵐とともに消え失せる。  
e0078706_17551763.jpge0078706_17552661.jpg
e0078706_175645.jpge0078706_17561348.jpg

[PR]
by easysailing | 2011-10-12 21:00 | 演能日誌

斑鳩観月納

斑鳩観月能
  日時 9月21日
  場所奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3丁目上宮遺跡公園
  演目 金剛流仕舞 「井筒(いづつ)」 豊嶋晃嗣
               「天鼓(てんこ)」 豊嶋幸洋
      大藏流狂言 「萩大名(はぎだいみょう)」 茂山七五三
      金剛流能 「黒塚(くろづか)」 植田恭三
[PR]
by easysailing | 2010-09-21 22:00 | 演能日誌

大神神社後宴能

大神神社後宴能
   4月10日12時始め
   場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
   演目
     観世流素謡 「神歌(かみうた)」 大月文藏
    大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千三郎
       福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
       笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
       地謡に大神神社神職がご奉仕されています。

     観世流仕舞「源氏供養(げんじくよう)」 上野朝義
     金春流能 「三輪(みわ」  櫻間右陣
       三輪山の僧のもとに毎日樒と水を届けていた女が衣をもらい姿を消す。僧が二本杉に与
       えた衣を見つけ祈ると、三輪明神が現れ、三輪山の伝説三輪山神婚説話や天の岩戸の
       神話などを語る。

e0078706_1339478.jpge0078706_1340035.jpg
e0078706_13402046.jpg


     金剛流仕舞「杜若(かきつばた)」 松野恭憲
     金春流仕舞「船弁慶(ふねべんけい)」 伊藤真也

e0078706_13421961.jpge0078706_13423258.jpg


     金剛流能 「黒塚 白頭(くろづか しろがしら)」 金剛流宗家 金剛永謹
         熊野山伏の阿闍梨祐慶一行は、奥州安達原で日が暮れて一軒家に宿を求める。
        主の老女は糸車を操りながら我が身を嘆き歌を歌う。夜も更け、寝室は覗かないようにと
        言い残し、女は薪を取りに出かける。共の能力が誘惑に負け寝室を覗くと、園にはおびた
        だしい人間の死骸が散乱している。ここは鬼女の住む黒塚と知り一行は急いで逃げる。こ
        れを知った鬼女が追いかけてくるが、祐慶の祈りが通じ追い払う。

e0078706_13433915.jpge0078706_13435123.jpg

   無料です
[PR]
by easysailing | 2010-04-10 18:00 | 演能日誌