タグ:翁 ( 9 ) タグの人気記事

談山神社 新年奉納

談山神社 新年奉納
  1月2日午後1時始め談山神社舞殿にて談山能が催されました。
  桜井市多武峰 談山神社
  演目 金春流 談山風「翁(おきな)」 多田晃英 荒木健作
      観世流素謡 「鶴亀(つるかめ)」 石谷暢宏 大久保勝人
      金春流仕舞 「老松(おいまつ)」 船内和美
               「猩々(しょうじょう)」 高山まや
      おたっしゃ謡曲部 連吟 「竹生島(ちくぶしま)」 
      観世流仕舞 「野守(のもり)」 中山梛就
      金春流仕舞 「羽衣(はごろも)」 今井節
      観世流一調 「勧進帳(かんじんちょう)」 山中雅志 荒木健作
      観世流仕舞 「玉之段(たまのだん)」 山下あさの
               「海士キリ(あま)」 井戸良祐
      観世流一調 「鵺(ぬえ)」 山中雅志 森山康幸

      日本舞踊奉納 坂本晴寿恵社中
        春日影 尾崎浩一
        白扇  菊弥
        日本の四季 坂本晴寿々月
        千代の松  坂本晴寿恵


[PR]
by easysailing | 2018-01-02 19:00 | 演能日誌

等彌神社 新年奉納

等彌神社 新年奉納
 日時 1月2日午前11時始
 場所 桜井市桜井1176等獼神社
 演目 金春流素謡 「翁(おきな)」 石原昌和
    金春流仕舞「老松(おいまつ)」 船内和美
            「羽衣(はごろも)」 今井節子
            「猩々(しょうじょう)」 高山まや


[PR]
by easysailing | 2018-01-02 18:00 | 演能日誌

等彌神社 献灯祭

等彌神社 献灯祭
 日時 11月25日午後6時始
 場所 桜井市桜井1176等獼神社
 演目 金春流神楽式「翁(おきな)」
    金春流仕舞「岩船(いわふね)」
           「青丹吉(あおによし)」
        独吟「紅葉狩(もみじがり)」
        仕舞「葛城(かずらぎ)」
        一調「松虫(まつむし)」
        連吟「枕慈童(まくらじどう)」

[PR]
by easysailing | 2017-11-25 20:00 | 演能日誌

等彌神社 献灯祭

等彌神社 献灯祭
日時 11月25日午後6時始
場所 桜井市桜井1176等獼神社
演目 金春流 「翁(おきな)」   
   素謡「青丹吉(あおによし)」徳田彰
   仕舞「難波(なにわ)」船内和美
   独吟「八島(やしま)」多田晃英
   連吟「恋重荷(こいにない)」辻本實
     「猩々(しょうじょう)」 
e0078706_23434938.jpg    
[PR]
by easysailing | 2016-11-25 23:00 | 演能日誌

桃香野八幡社祭礼奉納

桃香野八幡社祭礼奉納
  日時 10月18日(日)午前12時頃 始
  場所 奈良市月ヶ瀬村桃香野 八幡神社
  演目 「翁舞(おきなまい)」
       おひねりの投げ入れがある、珍しい型式です
     他 
     小学生による狂言
[PR]
by easysailing | 2015-10-18 18:00 | 演能日誌

杭全神社 御鎮座千百五十年大祭

  日時 4月13日
  場所 大阪市平野区平野宮町2-1-67杭全神社
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春欣三
[PR]
by easysailing | 2012-04-14 20:00 | 演能日誌

大山祇神社 奉納祝賀舞

大山祇神社、総門・翼舎並随身像完成奉祝祭 祝賀舞
日時 平成23年7月6日午前11時始め
   場所 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
      昨年4月14日に総門竣工を記念し奉納されしたが、今年はその翼舎並随身像完成を祝し、除幕の後奉納されました。
   演目
     金春流神楽式「翁(おきな)」 櫻間右陣
     金春流仕舞「老松(おいまつ)」 佐藤俊之

e0078706_10521083.jpge0078706_10523241.jpg

e0078706_1183880.jpge0078706_10542326.jpg

写真提供 烏谷氏
[PR]
by easysailing | 2011-07-06 11:41 | 演能日誌

薪御能 初日

薪御能
  日時 5月20日(金)
      (本年より開催日が5月第3金・土曜日に変更なりました)
  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、
  各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
  869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛 況を極めたといわれ
  ています。
  20日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、21日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」がそれぞれ
  午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。
 5月20日(金)午前11時始
  咒師走り(しゅしはしり)の儀 
    ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたちを留め、また「十二月往来」は、
    現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめでたい章句がつくのが特徴です。
  場所 奈良市 春日大社舞殿
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高
            「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山正邦
            「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎


千歳                                             翁
e0078706_9375958.jpg e0078706_9382360.jpg

延命冠者                                           三番三揉之段
e0078706_9384289.jpge0078706_9385590.jpg

三番三鈴之段
e0078706_9391545.jpg

下行  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_9392569.jpg


  南大門の儀 午後5時半始
  場所 奈良市登大路町 奈良県庁前、興福寺旧境内、奈良県登大路園地
     (今年も興福寺南大門跡般若の芝が発掘調査のため登大路園地に移動して開催されます) 
  演目 舞台あらため・外僉議(げのせんぎ)」
      当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を中止する」という取り決
      めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた
      事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文
      が読み上げられます。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_952538.jpg


      金春流能「岩舟(いわふね)」金春流宗家 金春安明

e0078706_9552844.jpge0078706_9554122.jpg


      火入れ 興福寺衆徒


      大藏流狂言「鬼瓦(おにかわら)」茂山千五郎

e0078706_9573580.jpg


      観世流能「花月(かげつ)」観世喜之

e0078706_9583455.jpg

写真提供 南大門の儀(舞台あらため・外僉議除く) 写真家松村康史氏
[PR]
by easysailing | 2011-05-20 21:00 | 演能日誌

西条市 能楽市民講座

平成20年2月1日(金)午後4時始
場所 愛媛県西条市西田甲797
     石鎚神社、石鎚会館
(追加講座)
平成20年2月2日(土)午後2時始
場所 西条市丹原町田野上方2131-1
     西条市丹原文化会館
主催 文化庁 NPO法人奈良能 西条市総合文化会館
共催 NPO法人石鎚森の学校 西条市丹原文化会館 愛媛新聞社

内容
ご参加頂きました方にはシテ方金春流櫻間右陣氏(櫻間家当主、重要無形文化財総合
指定保持者)、NPO法人奈良能 石原昌和理事長より、能の構成や面について実演
を交えてわかりやすく説明をしました。
またその中で参加者に実際に面を着けていただき、歩くのが如何に難しいか、公演途
中にカメラのストロボをたかれるとどのように困るかなどを体験して頂きました。最
後に小鼓方 幸流曽和尚靖氏より小鼓の解説も行いました。

e0078706_1933326.jpge0078706_19334975.jpg

e0078706_1934374.jpge0078706_19345231.jpg

e0078706_1935324.jpge0078706_19354587.jpg

e0078706_1936279.jpge0078706_19365229.jpg

市民講座修了後、石鎚神社本殿にて神社巫女さんによる悠久の舞の奉納後、神楽式翁の奉納をおこないました。

e0078706_19375065.jpge0078706_1938439.jpg

e0078706_19391930.jpge0078706_19393149.jpg

e0078706_19401276.jpg



  NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-02-02 22:00 | 演能日誌