人気ブログランキング |

タグ:千鳥 ( 6 ) タグの人気記事

薪御能 初日

薪御能 
 近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられ
 てきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
 869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を
 極めたといわれています。
 5月17日(金)は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、18日(土)は午前11時より
 春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、午後5時半から、興福寺南大門跡
 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

 一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月17日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 

e0078706_17524871.jpg

  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
          「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山千五郎
          「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
         「下行」
    ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
    を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
    たい章句がつくのが特徴です。

e0078706_17541388.jpge0078706_17542101.jpg
e0078706_17543157.jpge0078706_17543978.jpg
e0078706_17544799.jpge0078706_17545905.jpg

    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式

e0078706_17553413.jpg

  南大門の儀
  日時 5月17日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ) 興福寺衆徒
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
       を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はあり
       ませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
       (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられ
       ます。
       これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_18104186.jpge0078706_18091529.jpg
e0078706_18092388.jpge0078706_18094659.jpg

  観世流半能「老松(おいまつ)紅梅殿之伝」観世喜之
北野天満宮の夢の告げを蒙り、藤原道真の菩提寺の筑紫の安楽寺に参詣した梅津の某、通りかかりの者
    に有名な飛梅はどれかと聞く。と、神木であるから紅梅殿と崇めるようにと言われさらに、神木の老松
    についても教えられ、梅や松が天神みの末社として栄えている事を示し梅と松の徳を語り神隠れする。
    今回は《紅梅殿》の小書きがつき半能であるので夜に入った後の部分が演じられる。
    紅梅殿は天女姿で現れ、老松の精は気高い老体の神姿で現れ神々しい舞を舞い御代をことほぐ。春にど
    の木より先駆けて咲く梅に長寿の松、天女姿の紅梅の精に老体の松の精この対比が祝賀の気を盛り上げる。

e0078706_18251924.jpge0078706_18253353.jpg

  火入れ 興福寺衆徒


  大藏流狂言「千鳥(ちどり)」茂山茂 茂山千五郎 山口耕道
急な来客のため、付けで酒を買ってくるように主人に命じられた太郎冠者。しかし酒屋は支払いが
たまっているので酒を売ろうとはしない。太郎冠者は津島祭の話をはじめ、伊勢の浜辺で見た千鳥を
捕る様子を真似る間に、酒を持ち逃げようとするが、見破られ失敗。それならばと。。。。。。
e0078706_18295756.jpge0078706_18300586.jpg
 
  金剛流能「鵜飼(うかい)」金剛流宗家 金剛永謹
  安房国の僧侶たちが甲斐国石和に辿り着く。宿を得られず川の御堂で泊まることと
なった一行は、夜に鵜使いの老人に出会う。僧はその老人に、殺生の罪深さを説き鵜飼
を続けることをやめるよう諭すが、老人はその生業を止めることができないと嘆く。
一行の者が、以前その鵜使いに殺生をやめるよう説諭したと言うと、老人はその
鵜使いは死んだと言い、数年前に密漁で捕まり見せしめに殺された最期を語ると、
実は自分こそ鵜使いの亡者だと打ち明け、懺悔に鵜を使う様を僧たちの眼前に再現し、
姿を消す。僧たちが法華経を石に書き弔っていると、地獄の鬼が現れ、鵜使いの亡者
は救われたことを告げる。

  附祝言

e0078706_18371650.jpge0078706_18372561.jpg
e0078706_18373290.jpge0078706_18373978.jpg



by easysailing | 2019-05-17 21:00 | 演能日誌

一休寺薪能

一休寺薪能
 日時 9月26日午後5時半始め
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第34回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じられました。
    また一休寺には、観世流三代音阿弥、十五代元章、十九代清興の墓所があります

 演目 金剛流仕舞「駒之段(こまのだん)」金剛龍謹

e0078706_09245228.jpg


    大倉流狂言「千鳥(ちどり)」茂山宗彦 茂山七五三

e0078706_09215626.jpge0078706_09235600.jpg
e0078706_09240563.jpge0078706_09225706.jpg


    金剛流能「能鵺(ぬえ)」金剛流宗家金剛永謹

e0078706_09280610.jpge0078706_09281229.jpg
e0078706_09281868.jpge0078706_09282316.jpg
by easysailing | 2018-09-26 21:00 | 演能日誌

しまなみ海道薪能

しまなみ海道薪能
 日時 7月23日(土)
 場所 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
     源義経をはじめとする武将が奉納し国宝・重文指定を受けているの甲冑の8割が集まっている瀬戸内海大三島、大山祇
     神社大楠(国指定天然記念物)前にて、神秘なる楠の樹精の下で薪能が催されました。
 演目 
奉納  薪能関係者正式参拝のあと神前奉納演舞が行われました。


開演に先立ち、能への理解を深めていただく為、本日の演能解説、能面解説、大山祇神社の説明が行われました。
e0078706_18353630.jpg

    観世流舞囃子「海士(あま)」観世喜之
      房前大臣は、生母の地・讃州志度の浦に着き、一人の海士の話を聞く。唐土から渡された三種の宝玉の一つが竜宮に
      取られる。これを惜しんだ淡海公が、この浦の海士と契りを交わし玉の奪還を依頼すると、海士はその命を犠牲にして
      玉を取り返し、その功によりその子は房前の大臣になったと語った。
      その海士こそ房前の母の霊であった。今年はまさに13回忌、追善を営み亡母の冥福を祈ると、母は竜女の姿で現れ法華
      経の功徳で成仏したと喜びの舞を舞う。

e0078706_1836123.jpg

    大藏流狂言「千鳥(ちどり)」 茂山あきら
      支払いの滞っている酒屋で酒を取って来いと命じられた太郎冠者は、話し好きな酒屋の主人に津島祭りに行ったと土産話
      を始める。酒樽を千鳥に、また山鉾に見立てさせたりして、なんとか持ち逃げしようとするが・・・


e0078706_18363779.jpg 

   観世流能「屋島(やしま)」観世喜正
      屋島での源平の合戦の模様―義経の立派な大将軍のいで立ち、景情と三保谷の錣引、佐藤継信と菊王丸の壮烈な最期―を
      旅僧に語った漁師は、義経の幽霊であった。やがて僧の夢の中に甲冑姿で現れた義経の幽霊は、まだ屋島に執心が残って
      いると語り、落とした弓を取られまいと身の危険も顧みず拾い上げた弓流しの様や修羅道での戦いを見せたかと思うと春
      の夜は明け夢はさめ、浦風の音が聞こえるのみ。


e0078706_18371763.jpg


e0078706_18240450.jpge0078706_18242049.jpg


by easysailing | 2016-07-24 21:00 | 演能日誌

薪御能初日

薪御能  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
     で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
     869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最
     も盛況を極めたといわれています。
     15日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、16日は春日大社若宮社で「御社上り
     (みやしろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡
     般若の芝で「南大門の儀」が執り行われます。

薪御能 一日目
日時 5月15日(金)(開催日が5月第3金・土曜日に変更になっています)
     咒師走り(しゅしはしり)の儀 午前11時始
         ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
         を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめ
         でたい章句がつくのが特徴です。
場所 奈良市春日野町春日大社舞殿
演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高 
        「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山茂
        「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎
        「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_10430127.jpge0078706_10430511.jpg
e0078706_10430827.jpge0078706_10431175.jpg
e0078706_10431410.jpge0078706_10431730.jpg

 南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
       (初日は雨天のため奈良県文化会館国際ホール
演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」
         当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
         を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありま
         せんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
         (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられま
         す。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。
e0078706_11062248.jpge0078706_11062662.jpg

    演目 宝生流能 「巴(ともえ)」 辰巳満次郎
木曽の山家をでて都を目指す僧が、琵琶湖のほとり粟津の原までやって来る。そこで、涙を流し神に祈る女
に出会い僧が言葉を掛ける。女は松の木陰で夜もすがら読経して木曾義仲を弔うよう頼み姿を消す。
夜も更け回向する僧達の前に巴の霊が甲冑姿で現れる。女であるが故に召し具されなかった恨みが執心と
なり、未だ晴れやらぬと訴え主の最期の有様を詳しく語って聞かせる。
合戦のさなか義仲より肌身の物を持ち木曽へ向かうよう言いつけられ、共に自害も出来ずただ泣くばかり
であったと。敵方が多数押し寄せ長刀で追い払い再び主君の元へ戻ると自害の後で、巴は小袖を抱き小太刀
を持って木曽へ落ちていった事を語り、僧に回向を頼み消えていく。
e0078706_11085981.jpge0078706_11090498.jpg
     火入れ 興福寺衆徒
e0078706_11175515.jpg

   大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山童司 茂山あきら 丸石やすし
主からいつもの酒屋へ行って酒を求めてこいと命じられた太郎冠者。酒屋の亭主からは借金を返し終わる
までは渡さぬと断られるが、亭主が話し好きをさいわい尾張の津島祭り見物の話しをし、酒樽を千鳥に見
立て謡いながら持ち帰ろうとするが失敗。次には酒樽を山鉾に見立て曳く仕草を、次には流鏑馬の仕草をと。
e0078706_11195119.jpge0078706_11195584.jpg

   金春流能 「野守(のもり)」 金春流宗家金春安明
羽黒山の山伏が大峰葛城山に行く途中、春日の里に着き、折りよく出会った老人に謂れのありそうな池に
ついて尋ねると、自分達のような野守が姿を写すので「野守の鏡」と言うと答え、本当の野守の鏡とは昼
間は人となり、夜には鬼となって野を守る鬼神の持っていた鏡の事だと語る。山伏がまことの鬼の
持つ野守の鏡を見たいというと、それを見れば恐ろしく思うだろうから、この水鏡を見るようにと言い捨
てて、老人は姿を消す。
里人に野守の鏡について詳しく聞かされ、先程の老人は鬼の化身かと思い姿を消した塚の前で祈っている
と、鬼神が野守の鏡を持って現れ、天地四方八方をくまなく写しだし、すはや地獄に変えるぞと、大地を
踏み破って奈落の底へ入って行く。
e0078706_11221673.jpge0078706_11222178.jpg

        附祝言

by easysailing | 2015-05-15 21:00 | 演能日誌

新春若草能

1月8日(日)
  場所 奈良市奈良県新公会堂能楽ホールにて

エントランスロビーでは、鞍馬天狗で使用される大癋見(おおべしみ)の面、羽団扇(はうちわ)、装束の展示がおこなわれました

e0078706_22172792.jpge0078706_22173513.jpg


演目
第一部 午前12時半始 能楽入門講座 面と装束、謡と能五番立て、本日の演目解説について

e0078706_2255368.jpge0078706_2263467.jpg

e0078706_227149.jpg


第二部 午後2時始 
金春流仕舞 「田村(たむら)」 佐藤俊之
         「東北(とうぼく)」 金春欣三
         「野守(のもり)」 金春穂高

e0078706_227559.jpge0078706_2281391.jpg

e0078706_2285047.jpg


大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山童司、茂山あきら
    客をもてなす為の酒一樽を買ってこいと命じられた太郎冠者。今までの支払いが済んでないの
    で酒屋は渡さないだろうと主人に答えると、もし持って帰ったならば口切りをさせようと言う主人
    の言葉に、それならばと酒屋に向かう。
    話し好きな酒屋の亭主を何とか話に乗せて一樽手に入れねばならぬと太郎冠者はあれこれ手
    を尽くす・・・・・

e0078706_2294774.jpge0078706_2295994.jpg

e0078706_22104213.jpge0078706_22105527.jpg


金春流能  「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」 櫻間右陣
    鞍馬山に預けられた牛若丸が一山の人達と西谷に花見に出かける。花を見、舞を楽しむ席の中
    に山伏が座り込む。興をそがれた一同はその場を立ち去るが牛若丸一人が残り、山伏と共に花
    を楽しむ。この山伏は鞍馬山の年を経た大天狗の化相であった。平家を討つ心があるならば、明
    日兵法の大事を授けると約束し飛び去る。
    翌日武装して待つ牛若の前に大天狗は現れ、兵法の奥義を伝え、必ず御身を守ると約束し鞍馬
    の奥に飛び去り失せる。


e0078706_22123859.jpge0078706_22124934.jpg

e0078706_22133722.jpge0078706_22134734.jpg

e0078706_22142616.jpge0078706_22143537.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
by easysailing | 2012-01-08 22:23 | 演能日誌

斑鳩観月祭

斑鳩観月能
  9月22日
  場所奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3丁目上宮遺跡公園
  演目
金剛流仕舞 「難波(なにわ)」 豊嶋晃嗣
         「龍田(たつた)」 豊嶋幸洋
  
大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山七五三 茂山逸平 

e0078706_937953.jpg
e0078706_9375564.jpg

e0078706_939229.jpg


金剛流能 「融(とおる)」 植田恭三

e0078706_9394669.jpge0078706_9401249.jpg

e0078706_9404178.jpge0078706_941545.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660 
      
by easysailing | 2009-09-22 22:00 | 演能日誌