人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成31年~2020年演能予定

大阪薪能
 日時 8月11日(日)-12日(月)
 場所 大阪市天王寺区生玉町13-9生國魂神社


一休寺薪能
 日時 9月17日(火) 中秋の名月前後
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
     今年で第35回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じ
     られます。
     また一休寺には、観世流三代音阿弥、十五代元章、十九代清興の墓所があります
 演目 観世流能「通小町(かよいこまち)」大槻文藏
    大藏流狂言「太刀奪(たちばい)」茂山千五郎
    仕舞



高野山一座土砂加持

 日時 9月23日(月) 午前10時始
 場所 和歌山県伊都郡高野町高野山真言宗総本山金剛峯寺 伽藍金堂
 演目 「一座土砂加持(いちざどしゃかじ)」
      先師並びに諸聖霊の追福菩提を祈る法会です。土砂を光明真言で加持をすることからこのよう
      に呼ばれます。
     法要終了後金堂下陣にて能が奉納されます。
     演目、演者 決まり次第お知らせします。


ありとほし薪能

 日時 9月16日午後4時半始
 場所 泉佐野市長滝814蟻通神社
     荒天時 長南小学校体育館
 演目 演者
  観世流能「蟻通(ありどおし)」馬場正基
  大藏流狂言「寝音曲(ねおんぎょく)」善竹忠重 善竹忠亮
  観世流能「乱(みだれ)」生一知哉 山中雅志
 主催 ありとほし薪能実行委員会(Facebook)


第42回なら芝能
 日時 10月6日(日)
 第一部午後1時~午後2時 予定
 場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
 演目・内容 能楽入門講座と本日の曲目解説など
        参加料 有料ですが、第二部芝能にてイス席をご用意致します。
 第二部午後2時半~午後4時半 予定
 場所 奈良市登大路町奈良県庁舎前広場 芝生舞台
     立ち席は無料ですが定員制限設けます。
 演目 演者 決まり次第お知らせします。


高安の里顕彰能

 日時 10月14日(月)高安と能楽の関わりを探る講座 午後3時始め
            高安の里顕彰能 午後5時始め
 場所 八尾市大字神立443玉祖神社
 演目 演者 決まり次第お知らせします。     
 主催 高安能未来継承事業推進協議会


東大寺盧舎那大仏発願 慶讃能

 日時 10月15日(火)午後1時半始
 場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台
     天平15年10月15日(743年)聖武天皇が人々の幸せを願い大仏様を造ろうという詔を発せられ
     た事を記念し、出来た秋のお祭りです。
 演目 演者 決まり次第お知らせします。


桃香野八幡社祭礼奉納
 日時 10月19日(土) 午前12時頃 始
 場所 奈良市月ヶ瀬村桃香野 八幡神社
 演目 演者 子供狂言 桃香野翁 仕舞  決まり次第お知らせします。
     おひねりの投げ入れがある、珍しい型式です
     小学生による狂言

 


大神神社 第二期平成の大造営「直会殿能楽堂」竣工祭
(仮称)
 日時 11月10日~13日
 場所 桜井市三輪1422大神神社 直会殿能楽堂 JR三輪駅東側
 演目 11月10日(日) 観世流能「三輪(みわ)」大槻文藏
             大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」
            他 決まりましたらお知らせ致します

    11月11日(月) 観世流能「三輪(みわ)」観世流宗家 観世清和
             大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」
             他 決まりましたらお知らせ致します。

  11月12日(火) 金剛流能「三輪(みわ)」金剛流宗家 金剛永謹
             大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」
             他 決まりましたらお知らせ致します。

  11月13日(水) 金春流能「三輪(みわ)」櫻間右陣
             大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」
             他 決まりましたらお知らせ致します

大神神社 酒祭り清興

 日時 11月14日(木)正午始
 場所 桜井市三輪1422大神神社
 演目 演者 清興狂言


等彌神社 献灯祭

 日時 11月23日(土) 午後6時始
 場所 桜井市桜井1176等彌神社
 演目 演者 神歌 仕舞 決まりましたらお知らせ致します。


春日若宮おん祭

 日時 12月17日(火)
 場所 奈良市春日大社参道 春日大社若宮御旅所
     松の下式 午後1時半頃
 場所 春日一ノ鳥居 影向ノ松前
 演目 高安流 「開口(かいこう)」
    金春流 「弓矢立会(ゆみやたちあい)」
    大藏流 「三笠風流(みかさふりゅう)」
 御旅所ノ式 午後5時頃
      お渡り式のあと、お旅所祭に奉納されます。
 場所 春日若宮御旅所御神前
    金春流 「神楽式(かぐらしき)」
    大藏流  「鈴の段(すずのだん)」


春日若宮おん祭 後宴能
 日時 12月18日(水)午後2時始
 場所 奈良市 春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 後宴之式能  春日若宮おん祭が無事終わったことを祝し、後宴能が開かれます。
 演目 演者 決まりましたらお知らせ致します。


2020年
等彌神社 新年奉納
 日時 1月2日(木)午前11時始
 場所 桜井市桜井1176等彌神社
 演目 演者 決まりましたらお知らせ致します。


談山神社 新年奉納

 1月2日(木)午後1時始め談山神社舞殿にて奉納されます。
 桜井市多武峰 談山神社
 演目 金春流 談山風「翁(おきな)」 
      他 観世流仕舞 金春流仕舞い 一調
     日本舞踊奉納 坂本晴寿恵社中


新春わかくさ能

 日時 2020年1月11日(土)
場所 奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
 第一部 午後1時~午後2時 
   能楽入門講座と体験講座 NPO法人奈良能理事長石原昌和 観世流シテ方 他 
     本日上演される演目の解説 他 体験
 第二部 わかくさ能
 演目 観世流能「鉢木(はちのき)」大槻文藏
    狂言 仕舞 決まりましたらお知らせ致します。
 エントランスホールでは、面・装束の展示を行います。


謡とお茶と舌鼓の集い

 日時 2月2日(日)午前11時始め
 場所


お問い合わせ
NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660


by easysailing | 2019-08-12 08:00 | 演能予定

なら燈火会能

なら燈花会能
 日時 8月11日(日)午後2時始 
 場所 奈良市春日野町101 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
 演目 
  観世流能「三輪(みわ)」武田宗典
    大和の国桧原の里の庵室に住む玄賓僧都のもとに、いつも樒閼かの水を持って来る女 今日も来て
    衣を賜りたいと願う。僧都が与えて棲み家を聞くと、三輪山の杉のあたりと答えて姿を消す。女に
    与えた衣が、神前の杉に掛かっていて、その裾に神託の和歌が記してあった。やがて女姿で三輪の
    神が現れ、三輪の神婚説話が語られ、さらに天照大神の天の岩戸隠れの様が語られ神楽を舞い、暗黒
    の世界が再び日月が輝き、伊勢の神と三輪の神は一体分身であると述べ、夜明けとともに消えてゆく。
e0078706_15083270.jpge0078706_15084131.jpg
e0078706_15084968.jpge0078706_15090051.jpg
e0078706_15091068.jpge0078706_15091834.jpg


  観世流仕舞「枕慈童(まくらじどう)」佐野和之
       「芭蕉(ばしょう)」塩谷惠
       「融(とおる)」山下あさの

e0078706_15125343.jpge0078706_15130406.jpg
e0078706_15131291.jpg


  大藏流狂言「蝸牛(かぎゅう)」茂山七五三 丸石やすし 茂山宗彦
    太郎冠者長寿の薬となるかたつむりを知らない。ただ頭が黒くて、腰に貝をつけ、時には角を出し、
    大きいは人ほどもあり、たいていは薮に住んでいるとだけ聞いて、主命により探しに来る。
    大きな薮を見付け入ってみると、そこには先刻、羽黒山の山伏が大和の葛城で修行を積んでの帰り
    道、眠くなり寝ていた。見れば頭が黒い、もしやかたつむりではと思い、山伏を起こす。かたつむ
    り殿ではないかと聞かれて驚いた山伏、チト嬲ってやろうと、かたつむりだと名乗る。太郎冠者、
    頭が黒いは兜巾、腰に貝はほら貝、角はスズカケ、間違いない、是非来てもらおうと頼むと山伏は、
    囃子物が好きで囃子物にのってなら行ってやろうと言う。早速囃すとそれに乗って来る。さて、帰り
    が遅いので探しに来た主人、これを見て太郎冠者にカタツムリではなく山伏だと注意するが、その
    うちに主人までもつられて三人帰って行く。
e0078706_15172243.jpge0078706_15172904.jpg
e0078706_15173797.jpge0078706_15175320.jpg


  金春流能「俊寛(しゅんかん)」櫻間金記
    平家政権転覆を図った俊寛僧都、平判官康頼、丹波少将成経三人、計画は露見し捕らえられ南国の
    孤島鬼界島に流刑される。折しも清盛の娘中宮が懐妊し、安産祈願のために赦免使が鬼界島に赴く。
    島では水を酒になぞらえて飲み交わし、栄華の昔を忍び、今の身の上を嘆いているところへ、都より
    の使いが到着する。赦免状を渡されて読み上げる康頼、それを聞き入る二人、俊寛の名前がない。
    繰り返し見ても、裏返し見ても、礼紙を見ても俊寛の名前はない。絶海の孤島にただ一人残されると
    知った俊寛は怒りと絶望にうち震えるが船出の時が来る。船のとも綱にしがみつくが突き放され、
    力尽きた俊寛は渚から離れ行く人と船影を寂しく見送りやがて視界より消えてしまう。
e0078706_15211438.jpge0078706_15213170.jpg
e0078706_15215228.jpge0078706_15220746.jpg
e0078706_15221879.jpge0078706_15222829.jpg

主催 特定非営利活動法人 奈良能 
    前売り券一般5.000円 学生2.500円
    当日券 一般6.000円 学生3.000円
    当日正午より座席指定




by easysailing | 2019-08-11 18:00 | 演能日誌