<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

なら燈花会能

なら燈花会能
 日時 8月11日(土) 午後1時始め 本日の演目解説 午後2時始 なら燈花会能
 場所 奈良市春日野町101 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~(旧奈良県新公会堂)

  演目 金春流能「定家(ていか)」櫻間右陣
都一見の僧が千本あたりで夕景色を眺めていると、にわかに時雨が降り、かたわらにある由緒ありげな
亭に立ち寄る。そこに一人の女が現れ、これは藤原定家卿が建てた時雨の亭であると語り定家の歌を口
ずさみ亡き世に残る跡を懐かしみ、さらに式子内親王の墓に案内する。内親王と定家の忍ぶ恋の物語り、
内親王の死後定家の執心葛となって墓に纏わり付き互いの苦しみ離れず救いを求め消えて行く。

e0078706_11411112.jpge0078706_11411136.jpg
e0078706_11411289.jpge0078706_11411282.jpg
e0078706_11411279.jpge0078706_11411275.jpg


     観世流仕舞「鐘之段(かねのだん)」塩谷惠
          「殺生石(せっしょうせき)」山下あさの
          「清経(きよつね)」佐野和之
          「松風(まつかぜ)」観世芳伸
          「松虫(まつむし)」生一知哉

e0078706_11445551.jpge0078706_11442183.jpg
e0078706_11442152.jpge0078706_11442189.jpg
e0078706_11442253.jpg


     大藏流狂言「口真似(くちまね)」茂山あきら 茂山童司 丸石やすし
銘酒を一樽貰った主人、心安い人と飲みたいものと思い、太郎冠者を呼び出し、面白い人を呼んでくる
ように言い付ける。太郎冠者が呼んできた人を見て主人は驚いた。それは恐ろしく酒癖の悪い男、追い
返せとは言ったものの、太郎冠者にとめられ仕方なく振舞って帰すことにする。
さてさてさてその結末は。<

e0078706_11480558.jpge0078706_11480521.jpg
e0078706_11480532.jpg


     観世流能「石橋 大獅子(しゃっきょう)」山中雅志
入麿した寂昭法師が清涼山に来て目前にある石橋を渡ろうと詳しく橋について尋ねようと人の来るのを待っ
ていると、一人の童子が現れる。向かいは文殊菩薩の浄土清涼山よくよく拝むようにと言い、石橋を渡ろう
とする法師に、並大抵の修行では渡ることの出来ない橋であると戒める。この橋は千丈余の谷に巾一尺足ら
ず、表面は滑らかな苔に覆われ、長さ三丈余、人間が渡した橋ではなく自然に出現したものだと語り、やがて
影向の時が来ると述べて姿を消す。文殊菩薩の使獸の獅子が現れ、牡丹の花に戯れ舞い遊び御世を祝福し
て千秋万歳と舞納める。

e0078706_11511758.jpge0078706_11511727.jpg
e0078706_11511708.jpge0078706_11511746.jpg
e0078706_11511804.jpge0078706_11511884.jpg
e0078706_11511895.jpge0078706_11511814.jpg

e0078706_11104765.jpge0078706_11105574.jpg

[PR]
by easysailing | 2018-08-11 18:00 | 演能日誌