<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

薪御能 二日目

二日目
 御社上り(みやしろあがり)の儀
  日時 5月19日(土)午前11時始
  場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
      「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行
      なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。
  演目 金春流能「玉葛(たまかづら)」金春穂高

     「下行」  春日大社より演者に褒美として神酒が与えられる儀式



 南大門の儀 午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)興福寺衆徒


e0078706_11191132.jpge0078706_11191992.jpg

e0078706_11175447.jpg


     金春流能「頼政(よりまさ)」金春安明


e0078706_11213508.jpge0078706_11214324.jpg

e0078706_11214927.jpge0078706_11215874.jpg


     火入れ 興福寺衆徒


e0078706_11235004.jpg


     大藏流狂言「梟(ふくろう)」茂山千三郎 茂山忠三郎


e0078706_11250298.jpge0078706_11250853.jpg

e0078706_11251593.jpge0078706_11252339.jpg


     観世流能「巻絹(まきぎぬ)」観世喜之


e0078706_11272037.jpge0078706_11272891.jpg

e0078706_11273879.jpge0078706_11274588.jpg


     附祝言
[PR]
by easysailing | 2018-05-19 21:00

薪御能 初日

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
18日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、19日は午前11時より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、午後5時半から(18日は雨天予想のため奈良県文化会館
国際ホールにて)興福寺南大門跡般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月18日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
         「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山千五郎
         「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
      ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
      を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
      たい章句がつくのが特徴です。
    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式


e0078706_10270114.jpg

e0078706_10271023.jpge0078706_10272648.jpg

e0078706_10274570.jpge0078706_10280347.jpg


e0078706_10281511.jpge0078706_10283825.jpg

e0078706_10285277.jpg

e0078706_10290737.jpg


 南大門の儀
  日時 5月18日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ) 興福寺衆徒
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を
      中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませ
      んが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)
      により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられます。
      これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。


e0078706_10514502.jpg


     宝生流能「俊成忠度(しゅんぜいただのり)」辰巳満次郎


e0078706_10523588.jpge0078706_10524654.jpg

e0078706_10525622.jpge0078706_10531152.jpg




     火入れ 興福寺衆徒


e0078706_10572850.jpg


     大藏流狂言「雁礫(がんつぶて)」茂山千五郎


e0078706_11034304.jpge0078706_11035119.jpg

e0078706_11035822.jpge0078706_11040638.jpg


     金剛流能「黒塚(くろづか)」金剛流宗家 金剛永謹


e0078706_11074855.jpge0078706_11091151.jpg

e0078706_11092097.jpge0078706_11092678.jpg


     附祝言

[PR]
by easysailing | 2018-05-18 21:00 | 演能日誌

櫻間初花会

櫻間初花会
 日時 5月5日(火)11時始
 場所 埼玉県越谷市花田こしがや能楽堂
 演目 金春流舞囃子「羽衣(はごろも)」「三輪(みわ)」

    金春流仕舞 独吟 連吟 金春流シテ方今井節 社中

[PR]
by easysailing | 2018-05-05 18:00 | 演能日誌

東大寺盧舎那仏慶讃能

東大寺盧舎那仏慶讃能
日時 5月2日(火)午後3時始
  場所 奈良市雑司町東大寺 大仏殿前鏡池上特設舞台
     雨天のため 奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
にて奉納されました。
演目 
 観世流仕舞「田村(たむら)」山下あさの
      「小塩(おしお)」塩谷 惠
e0078706_21154448.jpge0078706_21155706.jpg


 金春流連吟「玉葛(たまかつら)」辻本 實 他
e0078706_21172308.jpg


 観世流能「屋島(やしま)」山中雅志
  屋島での源平の合戦の模様―義経の立派な大将軍のいで立ち、景情と三保谷の錣引、佐藤継信と
  菊王丸の壮烈な最期―を旅僧に語った漁師は、義経の幽霊であった。やがて僧の夢の中に甲冑姿
  で現れた義経の幽霊は、まだ屋島に執心が残っていると語り、落とした弓を取られまいと身の危険
  も顧みず拾い上げた弓流しの様や修羅道での戦いを見せたかと思うと春の夜は明け夢はさめ、浦
  風の音が聞こえるのみ。

 附祝言
e0078706_21184575.jpge0078706_21185482.jpg

e0078706_21190597.jpge0078706_21191455.jpg

e0078706_21192822.jpge0078706_21195236.jpg

[PR]
by easysailing | 2018-05-02 21:00 | 演能日誌