人気ブログランキング |

薪御能 初日

薪御能 
 近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられ
 てきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
 869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を
 極めたといわれています。
 5月17日(金)は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、18日(土)は午前11時より
 春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、午後5時半から、興福寺南大門跡
 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

 一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月17日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 

e0078706_17524871.jpg

  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
          「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山千五郎
          「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
         「下行」
    ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
    を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
    たい章句がつくのが特徴です。

e0078706_17541388.jpge0078706_17542101.jpg
e0078706_17543157.jpge0078706_17543978.jpg
e0078706_17544799.jpge0078706_17545905.jpg

    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式

e0078706_17553413.jpg

  南大門の儀
  日時 5月17日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ) 興福寺衆徒
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
       を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はあり
       ませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
       (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられ
       ます。
       これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_18104186.jpge0078706_18091529.jpg
e0078706_18092388.jpge0078706_18094659.jpg

  観世流半能「老松(おいまつ)紅梅殿之伝」観世喜之
北野天満宮の夢の告げを蒙り、藤原道真の菩提寺の筑紫の安楽寺に参詣した梅津の某、通りかかりの者
    に有名な飛梅はどれかと聞く。と、神木であるから紅梅殿と崇めるようにと言われさらに、神木の老松
    についても教えられ、梅や松が天神みの末社として栄えている事を示し梅と松の徳を語り神隠れする。
    今回は《紅梅殿》の小書きがつき半能であるので夜に入った後の部分が演じられる。
    紅梅殿は天女姿で現れ、老松の精は気高い老体の神姿で現れ神々しい舞を舞い御代をことほぐ。春にど
    の木より先駆けて咲く梅に長寿の松、天女姿の紅梅の精に老体の松の精この対比が祝賀の気を盛り上げる。

e0078706_18251924.jpge0078706_18253353.jpg

  火入れ 興福寺衆徒


  大藏流狂言「千鳥(ちどり)」茂山茂 茂山千五郎 山口耕道
急な来客のため、付けで酒を買ってくるように主人に命じられた太郎冠者。しかし酒屋は支払いが
たまっているので酒を売ろうとはしない。太郎冠者は津島祭の話をはじめ、伊勢の浜辺で見た千鳥を
捕る様子を真似る間に、酒を持ち逃げようとするが、見破られ失敗。それならばと。。。。。。
e0078706_18295756.jpge0078706_18300586.jpg
 
  金剛流能「鵜飼(うかい)」金剛流宗家 金剛永謹
  安房国の僧侶たちが甲斐国石和に辿り着く。宿を得られず川の御堂で泊まることと
なった一行は、夜に鵜使いの老人に出会う。僧はその老人に、殺生の罪深さを説き鵜飼
を続けることをやめるよう諭すが、老人はその生業を止めることができないと嘆く。
一行の者が、以前その鵜使いに殺生をやめるよう説諭したと言うと、老人はその
鵜使いは死んだと言い、数年前に密漁で捕まり見せしめに殺された最期を語ると、
実は自分こそ鵜使いの亡者だと打ち明け、懺悔に鵜を使う様を僧たちの眼前に再現し、
姿を消す。僧たちが法華経を石に書き弔っていると、地獄の鬼が現れ、鵜使いの亡者
は救われたことを告げる。

  附祝言

e0078706_18371650.jpge0078706_18372561.jpg
e0078706_18373290.jpge0078706_18373978.jpg



by easysailing | 2019-05-17 21:00 | 演能日誌


<< 薪御能 二日目 薪御能関連企画 薪御能入門講座... >>