薪御能 二日目

二日目
 御社上り(みやしろあがり)の儀
  日時 5月19日(土)午前11時始
  場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
      「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行
      なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

  演目 金春流能「玉葛(たまかづら)」金春穂高
僧が長谷寺参詣を思い立ち、初瀬川にたどり着くと川に棹さす舟がやってくる。舟を操る女はこの
川が和歌にも詠まれた名所であると教え、二本の杉に案内し、玉葛と右近の邂逅の物語を教える。
さらに玉葛の不遇の身の上を語ると、自分こそその玉葛であるとほのめかし弔いを求めて消える。
僧の弔いに、心乱れる有様で現れた玉葛の霊。深い迷いの心を晴らして成仏する。


     「下行」  春日大社より演者に褒美として神酒が与えられる儀式



 南大門の儀 午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)興福寺衆徒


e0078706_11191132.jpge0078706_11191992.jpg

e0078706_11175447.jpg


     金春流能「頼政(よりまさ)」金春安明
諸国を廻る僧が都から南都へ向かう途、宇治に立ち寄る。そこに老人が現れ、宇治の名所を教え、
さらに平等院へと導くと、頼政が自害した跡だという扇の芝について語る。すると老人は自分こそ
がその頼政であると名乗り姿を消す。里人から頼政の自害をした宇治の合戦について聞いた僧が、
仮寝をしていると、法体で甲胄を着た頼政の幽霊が現れ自らの境遇を語りだす。頼政の霊は弔いを求
めて消えていく。


e0078706_11213508.jpge0078706_11214324.jpg

e0078706_11214927.jpge0078706_11215874.jpg


     火入れ 興福寺衆徒


e0078706_11235004.jpg


     大藏流狂言「梟(ふくろう)」茂山千三郎 茂山忠三郎
山から戻った兄太郎冠者は様子がおかしい。日ごろからお世話になっている山伏を呼ぶ。兄が奇声を
あげることから、山で巣を下ろしたことが原因で梟に取り憑かれた、と悟った山伏は、烏の印を結び
祈祷をはじめる。しかし、その効力はなく、逆に弟もそして山伏も梟に取り憑かれてしまう。


e0078706_11250298.jpge0078706_11250853.jpg

e0078706_11251593.jpge0078706_11252339.jpg


     観世流能「巻絹(まきぎぬ)」観世喜之
廷臣は熊野に行き千疋の巻絹を集める旨を述べ、従者とその任にあたる。そのころ都からの使者は巻
絹を携え熊野に向かう。その途次、音無天神に立ち寄り手向けの和歌を詠じる。そのため遅参し、使者
は廷臣に糾問され縛り上げられる。すると、音無天神が憑依した巫女が現れ、使者が遅れた理由を説明
し男を救う。女は和歌の威徳を賛えて舞い、続けて祝詞を捧げ舞い狂う。やがて憑依していた音無天神
は巫女から離脱、女は正気を取り戻す。


e0078706_11272037.jpge0078706_11272891.jpg

e0078706_11273879.jpge0078706_11274588.jpg


     附祝言
[PR]
by easysailing | 2018-05-19 21:00


<< 京都薪能 薪御能 初日 >>