タグ:融 ( 8 ) タグの人気記事

薪御能 初日

薪御能  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
     で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
     869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最
     も盛況を極めたといわれています。
     20日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、21日は午後2時半より春日大社
     若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡般若
     の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

e0078706_16124877.jpg

薪御能 一日目
咒師走り(しゅしはしり)の儀
 日時 5月20日(金)午前11時始め (開催日が5月第3金・土曜日に変更になっています)
 場所 奈良市春日野町春日大社舞殿
 演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和
             「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山正邦
             「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
            ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
            を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
             たい章句がつくのが特徴です。



e0078706_16133125.jpge0078706_16154314.jpg
e0078706_16165730.jpge0078706_16172924.jpg
e0078706_16182492.jpge0078706_1618478.jpg

「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_16192684.jpg


南大門の儀 
 日時 5月20日(金)午後5時半始
 場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝

 演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」
         当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
         を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありま
         せんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
         (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられま
         す。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。
e0078706_08122423.jpge0078706_08123222.jpg

   宝生流仕舞「春日龍神(かすがりゅうじん)」辰巳満次郎
    春日大社第60次造替を記念して番組表にはありませんが、奉納されました。 
e0078706_08140593.jpg 

    観世流能「通小町(かよいこまち)」観世喜之
八瀨の山里に一夏を過ごす僧の所へ毎日木の実やや爪木を届ける女がいた。ある日名を訪ねると小町とほのめかし、跡弔って欲しいと姿を消す。
僧は小野小町の幽霊と察し市原野に行き弔うと、小町の霊が現れ戒を授けて欲しいと乞うてきた。すると四位の少将が後を追ってきて小町に受戒
を受けさせまいとする、僧は二人に百夜通いの様を見せるように言うと少将は粗末な格好で小町の元に通った様子を再現する。ところが九十九夜
が過ぎ、恋の成就一歩前に死んだことを狂おしく再現する。しかし小町の言葉をまもり、仏の戒めで飲酒しないことにした。この一つの持戒で共
に仏縁を得て二人とも成仏する
e0078706_08193913.jpge0078706_08195348.jpg
e0078706_08195962.jpge0078706_08200939.jpg

   火入れ 興福寺衆徒
e0078706_08224532.jpg

   大藏流狂言「長光(ながみつ)」茂山七五三 茂山正邦 茂山逸平
    遠国の者が訴訟のため長期在京していたが、勝訴し土産物を買いに寺町の市へやって来る。その男の持つ立派な太刀に目を付けたすっぱ
    が、それを横取りしようと企てる。当然二人の間に争い事が起こる。仲裁に入ったのは所の目代。さてその結末はいかに。

e0078706_08240211.jpge0078706_08242386.jpg
e0078706_08243231.jpge0078706_08250342.jpg

   宝生流能「融(とおる)」辰巳満次郎
    京の六条河原の院の旧跡を訪れた旅僧の前に、汐汲みの老人があらわれる。海辺でもない所に汐汲みとはと不審がる僧に、昔左大臣源融
    が塩竃の浦を模し難波の浦から海水を運ばせ塩を焼かせて楽しんだ河原の院と語り、月の光のもと昔を偲び今の荒れ果てた様を嘆き悲し
    む。僧の問いに周りの山々を教え、興じて汐汲みを忘れていたと汐を汲むうちに汐煙の中に姿を消す。なおも奇特を待つ僧の前に、融大
    臣の霊が昔の姿で現れ、月光の中に華やかな遊舞をつくし、やがて月の都へ帰って行く。
    荒廃した河原の院を見て昔を懐古し愁嘆の場から、楽しげな名所教え、汐汲みの様、後の優美な世界の遊舞、見どころ多い世阿弥の傑作。
e0078706_08274662.jpge0078706_08280593.jpg
e0078706_08283409.jpge0078706_08281597.jpg


[PR]
by easysailing | 2016-05-20 16:03 | 演能日誌

一休寺能

一休寺能
  日時 10月6日(月)午後5時半始
  場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第30回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じられました。
  演目 金春流仕舞 「融(とおる)」 長谷猪一郎

京の六条河原の院の旧跡を訪れた旅僧の前に、汐汲みの老人があらわれる。
海辺でもない所に汐汲みとはと不審がる僧に、昔左大臣源融が塩竃の浦を模し難波の浦から海水を運ばせ
塩を焼かせて楽しんだ河原の院と語り、月の光のもと昔を偲び今の荒れ果てた様を嘆き悲しむ。僧の問いに
周りの山々を教え、興じて汐汲みを忘れていたと汐を汲むうちに汐煙の中に姿を消す。
なおも奇特を待つ僧の前に、融大臣の霊が昔の姿で現れ、月光の中に華やかな遊舞をつくし、やがて月の
都へ帰って行く。
荒廃した河原の院を見て昔を懐古し愁嘆の場から、楽しげな名所教え、汐汲みの様、後の優美な世界の遊舞、
見どころ多い世阿弥の傑作。
仕舞いは後半最後の部分が演じられる。

e0078706_10345743.jpg


      大藏流狂言 「萩大名(はぎだいみょう)」 茂山千五郎

長々の京暮らしで退屈した大名、どこかへ遊山に出掛けようと太郎冠者を呼び出す。太郎冠者は萩見物は如何と。但しそこでは歌を詠まねばならぬと言われ、歌を詠めぬ大名は諦めたが、太郎冠者は三十一文字の歌を大名に教え庭に出向く。
案内された大名、庭のあちこちを誉めるのだがついに歌を所望される。
おおらかな大名、あわてる太郎冠者、さてさて・・・・
e0078706_10355360.jpg e0078706_1036310.jpg


      金春流能 「通小町(かよいこまち)」 櫻間右陣

八瀨の山里に一夏を過ごす僧の所へ毎日木の実やや爪木を届ける女がいた。ある日名を訪ねると小町とほのめかし、跡弔って欲しいと姿を消す。
僧は小野小町の幽霊と察し市原野に行き弔うと、小町の霊が現れ戒を授けて欲しいと乞うてきた。すると四位の少将が後を追ってきて小町に受戒を受けさせまいとする、僧は二人に百夜通いの様を見せるように言うと少将は粗末な格好で小町の元に通った様子を再現する。ところが九十九夜が過ぎ、恋の成就一歩前に死んだことを狂おしく再現する。しかし小町の言葉をまもり、仏の戒めで飲酒しないことにした。この一つの持戒で共に仏縁を得て二人とも成仏する。
e0078706_10374612.jpge0078706_10375973.jpg
e0078706_10385169.jpge0078706_1039766.jpg
e0078706_10395069.jpge0078706_1040267.jpg

   
一休寺には観世流3代音阿弥 15代元章 19代清興の墓所が本堂裏側にあります。

e0078706_231156100.jpge0078706_2312855.jpg
e0078706_23124440.jpg

[PR]
by easysailing | 2014-10-06 20:00 | 演能日誌

新春わかくさ能

新春わかくさ能
1月13日(月 祝日)
  場所 奈良市奈良県新公会堂能楽ホールにて

演目
第一部 午後1時~午後2時 
  能楽入門講座と小鼓体験講座 
    本日の演目「融」と面、謡の解説 NPO法人奈良能理事長石原昌和 観世流シテ方井戸良祐 林本 大
e0078706_1635347.jpge0078706_16351728.jpg

    囃子の解説体験 大倉流小鼓方荒木建作 観世流大鼓方森山泰幸
    観世流仕舞「融」 井戸良祐 林本 大 荒木建作 森山泰幸

e0078706_1636618.jpge0078706_16361763.jpg





第二部 午後2時半始
  観世流仕舞 「難波(なんば)」 井上裕久
           「采女(うねめ)」 塩谷恵
e0078706_16371522.jpge0078706_16372515.jpg


  大藏流狂言 「鬼瓦(おにがわら)」 茂山あきら 茂山童司

長らく訴訟事で在京した大名、勝訴したのも日ごろ信仰する因幡堂の薬師様のおかげと、お礼と暇乞いに太郎冠者を連れて出掛ける。
この薬師様を国元に勧請したいと思いついた大名、堂のまわりを詳しく見ているうちに破風の上の鬼瓦に目がとまる。
見ているうちに泣き出した大名・・・・・。   ハテサテどうした事か。
e0078706_16385384.jpge0078706_1639434.jpg

e0078706_16395478.jpg



  観世流能 「融(とおる)」黒立之出 酌之舞 観世流宗家観世清和

京の六条河原の院の旧跡を訪れた旅僧の前に、汐汲みの老人があらわれる。
海辺でもない所に汐汲みとはと不審がる僧に、昔左大臣源融が塩竃の浦を模し難波の浦から海水を運ばせ塩を焼かせて楽しんだ河原の院と語り、月の光のもと昔を偲び今の荒れ果てた様を嘆き悲しむ。僧の問いに周りの山々を教え、興じて汐汲みを忘れていたと汐を汲むうちに汐煙の中に姿を消す。
なおも奇特を待つ僧の前に、融大臣の霊が昔の姿で現れ、月光の中に華やかな遊舞をつくし、やがて月の都へ帰って行く。
荒廃した河原の院を見て昔を懐古し愁嘆の場から、楽しげな名所教え、汐汲みの様、後の優美な世界の遊舞、見どころ多い世阿弥の傑作。ワキの出、後シテの舞に注目。
e0078706_16424080.jpge0078706_16425347.jpg
e0078706_16433426.jpge0078706_16434667.jpg


エントランスホールでは、面、装束の展示。
e0078706_164436100.jpg
[PR]
by easysailing | 2014-01-13 18:00 | 演能日誌

東大寺大仏発願記念慶讃能

東大寺大仏発願記念慶讃能
  日時 10月15日午後1時半始
  場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台予定でありましたが、台風26号接近の為
  東大寺総合文化センター)で行われました。
  演目 金春流仕舞 「松風(まつかぜ)」
      金春流連吟 「清経(きよつね)」
      観世流仕舞 「井筒(いづつ)」  山下麻乃
      観世流仕舞 「安達原(あだちがはら)」 塩谷恵
      金春流仕舞 「八島(やしま)」 金春穂高
      観世流能   「融(とおる)」 山中雅志
[PR]
by easysailing | 2013-10-15 18:00 | 演能日誌

斑鳩観月祭

斑鳩観月能
  9月22日
  場所奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3丁目上宮遺跡公園
  演目
金剛流仕舞 「難波(なにわ)」 豊嶋晃嗣
         「龍田(たつた)」 豊嶋幸洋
  
大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山七五三 茂山逸平 

e0078706_937953.jpg
e0078706_9375564.jpg

e0078706_939229.jpg


金剛流能 「融(とおる)」 植田恭三

e0078706_9394669.jpge0078706_9401249.jpg

e0078706_9404178.jpge0078706_941545.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660 
      
[PR]
by easysailing | 2009-09-22 22:00 | 演能日誌

灯華能 ほのあかりに浮ぶ幽玄の世界

灯華能 ほのあかりに浮ぶ幽玄の世界
平成21年9月21日午後5時30分始
場所 埼玉県越谷市こしがや能楽堂

内  容 櫻間辰之を偲んで、囃子方と一緒に舞台で語る

e0078706_11405462.jpge0078706_11413947.jpg


演目
 金春流仕舞 「天鼓(てんこ)」 守屋泰利

e0078706_11425643.jpg


 金春流半能 「融(とおる)」 今井節

e0078706_11445439.jpge0078706_11452633.jpg

e0078706_11462021.jpge0078706_114732.jpg
e0078706_11473072.jpg


写真提供 写真家松村康史氏

NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2009-09-21 21:30 | 演能日誌

芝能

9月15日
芝能鑑賞講座 午後2時始
場所 奈良市登大路町  奈良県中小企業会館
内容 当日行われた演目の解説、能ワークショップ

e0078706_10231299.jpge0078706_10232141.jpg

e0078706_10235731.jpge0078706_1024751.jpg


芝能 午後5時始
場所 奈良市登大路町 奈良県庁前広場
晴天ならば噴水前の芝生にて演能予定でしたが、雨天のため県庁軒下にて行いました。

演目
金春流仕舞 「野宮(ののみや)」 守屋泰利
観世流仕舞 「須磨源氏(すまげんじ)」 山中雅志 
観世流仕舞 「源氏供養(げんじくよう)」 塩谷恵

e0078706_10251112.jpge0078706_1025215.jpg

e0078706_10255873.jpg


大藏流狂言 「舟船(ふねふな)」 茂山七五三
主人が太郎冠者を供に遊山に出かけます。途中大きな川に出て、太郎冠者に船を呼ぶように命じると、太郎冠者は「ふなヤイ」と呼ぶので、主人は「ふね」と呼ぶように言いつけたことから、二人の間で「ふね・ふな」の言い争いになります。両人とも古歌を引き合いに出し、ふね・ふなと言い張ります。さてどちらに軍配が・・・・

e0078706_10263769.jpge0078706_10264788.jpg


金春流能 「融(とおる)」 金春欣三
 東国の僧が都に上がり足を留め休んでいると、田子を担った老人が現れ、老いの身を嘆き、中秋の名月を称える。僧が尋ねると汐汲みであると答えるので、怪しむと老人は、融の大臣が昔陸奥の千賀の塩竃の有様を都に移したところだと言って謂われを語り、今はすっかり荒廃してしまった事を嘆き悲しむ。所の者に聞くと、先ほどの老人は融の大臣で、ここに逗留しなお奇特を見るように勧められた僧は寝入っていると夢の中に、ありし日の姿で融大臣が現れ、昔を偲び名月の下で華やかな遊舞をつくす。


e0078706_1028362.jpge0078706_1028457.jpg

e0078706_10293136.jpge0078706_10294394.jpg

e0078706_10302150.jpge0078706_10311483.jpg

e0078706_10315832.jpge0078706_1032762.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-09-15 21:00 | 演能日誌

上野城薪能

9月13日午後6時始
場所 三重県伊賀市上野公園伊賀上野城
演目
金春流能 「融(とおる)」 金春欣三
 東国の僧が都に上がり足を留め休んでいると、田子を担った老人が現れ、老いの身を嘆き、中秋の名月を称える。僧が尋ねると汐汲みであると答えるので、怪しむと老人は、融の大臣が昔陸奥の千賀の塩竃の有様を都に移したところだと言って謂われを語り、今はすっかり荒廃してしまった事を嘆き悲しむ。所の者に聞くと、先ほどの老人は融の大臣で、ここに逗留しなお奇特を見るように勧められた僧は寝入っていると夢の中に、ありし日の姿で融大臣が現れ、昔を偲び名月の下で華やかな遊舞をつくす。

e0078706_107877.jpge0078706_1071748.jpg

e0078706_1075467.jpge0078706_108675.jpg

e0078706_1084148.jpge0078706_1085027.jpg


大藏流狂言 「伯母ヶ酒(おばがさけ)」 茂山千三郎
 酒屋を営む伯母の元へ、今日こそはただ酒を飲もうと甥がやってくる。この伯母は「しわい人(けちん坊)」でなかなかただ酒を振る舞ってくれない。今日もすっぱり断られた甥は、それでも諦めきれずどうしても酒が飲みたく、鬼が出るという作り話を思いつく。まんまと伯母をだました甥は飲むほどに、酔ほどに・・・・

e0078706_1094768.jpge0078706_1095970.jpg

e0078706_10103679.jpge0078706_10104777.jpg

e0078706_10112530.jpge0078706_10113472.jpg


観世流能 「安達原(あだちがはら)」(白頭 急進之出) 井戸和男
  熊野の山伏・阿闍梨祐慶の一行は諸国行脚の途中奥州安達原に着く。日も暮れ野中の一軒家で一夜の宿を頼む。女主は枠裃輪(わくかわせ)を操りながら人の世のはかなさ、辛さ、苦しさを嘆きながら糸を操るが、やがて自分の閠を決して見るなと言い残し山へ薪を取りに行く。能力が怪しんで閠を覗くと人の死骸が山と積んである。鬼の住家に違いないと感じた一行は逃げだそうとするが、これを知った女主は鬼の本性を現し恨み襲いかかってくる。
 小書(白頭 急進之出)では、クセは省かれる。装束等も常とは変わり、色無唐織、姥付け、寄水衣肩上ゲ、面は痩女。後シテは白頭、一度三ノ松まで出てあどずさり幕に入り、再び走り出るなど常とは変わる。

e0078706_10122753.jpge0078706_10123543.jpg

e0078706_10131059.jpge0078706_10132837.jpg

e0078706_1014791.jpge0078706_1014228.jpg

e0078706_10145491.jpge0078706_1015471.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-09-13 22:00 | 演能日誌