タグ:船弁慶 ( 7 ) タグの人気記事

川越能

川越能
 江戸川川越まつり
  徳川家康没後400年 川越市民会館閉館記念イベント
 4月17日(金)
 川越市郭町1丁目18番地7 川越市民会館 
 第一部 午前12時始
   能学入門講座
    NPO法人奈良能理事長 石原昌和 ほか
  無料です。
 第二部 午後2時始
  観世流舞囃子 「羽衣(はごろも)」 観世喜之
  大藏流狂言 「仏師(ぶっし)」 大藏彌太郎 大藏基誠
  観世流能  「船辨慶(ふなべんけい)」 観世喜正
 特別席 8.000円
 一般席 5.000円
 学生席 4.500円
  何れも全席指定(税込)
e0078706_16055295.jpge0078706_16055205.jpg



[PR]
by easysailing | 2015-04-17 21:00 | 演能日誌

新春わかくさ能

新春わかくさ能
 1月10日(土)
 奈良市春日野町101奈良県新公会堂能楽ホール
エントランスホールでは面・装束の展示。今年は船弁慶にちなんだ装束・道具が展示されました。
e0078706_11282412.jpg

 演目
   第一部午後1時~午後2時 能学入門と体験講座(無料)
     NIPO法人理事長 石原昌和 井戸良祐 森山泰幸 荒木建作
      本日の演目、「船弁慶」の解説・仕舞が演じられた後、観世流大鼓方森山泰幸師、大倉流小鼓方荒木建作師による体験講座が開かれました。
e0078706_1112285.jpge0078706_11124282.jpg
e0078706_11131572.jpg


   第二部午後2時始め(有料)
     金春流仕舞 「岩船(いわふね)」 長谷猪一郎
「岩船」は宝を積んだ岩船が摂津津守の浦に着き、龍神がその宝を帝に捧げる、初番に演じられるめでたい脇能物。
仕舞は「岩船」の最後、龍神が帝に宝を捧げるところ。

     金春流仕舞 「草紙洗小町(そうしあらいこまち)」 佐藤俊之
清涼殿の歌試合。小野小町は自作の歌を大伴の黒主によって、あたかも古歌のごとく古草紙に偽りの加筆をされる。そこで小町は願い出てこの草紙を洗ったところ、後筆の文字が流れ小町の疑いは晴れる。小町は身を恥じる黒主を許し、天皇と日本国を祝い、大和 歌を称える舞を舞う。
仕舞は小野小町が最後に舞う祝祭と許しの舞。 
e0078706_11161517.jpge0078706_11162818.jpg


     金春流舞囃子 「敦盛(あつもり)」 金春穂高
一ノ谷の合戦で討ち取った平家の公達敦盛の菩提を弔う為に、再びかっての戦場を訪れた源氏の武将熊谷直美は今は出家し蓮生法師となり、念仏を唱え弔うと、ありし日の武将姿の敦盛の霊が現れる。平家一門の栄枯盛衰を語り、今様を歌い舞い笛を吹いた管弦の遊びを思い出しつつ舞う。続いて見方の船に乗り遅れ、熊谷との組合い打たれた最後の様を見せ、「敵はこれぞ」と蓮生を討とうとするが、弔ってくれる人はもはや敵では無いと太刀を捨て回向を頼み消えていく。
「敦盛」の見どころを紋付袴姿で舞う。
e0078706_11165645.jpge0078706_1117931.jpg 


     大藏流狂言 「伯母ケ酒(おばがさけ)」 茂山千三郎 茂山千五郎
酒屋を営む伯母の元へ今日こそはただ酒を飲もうと甥がやって来る。ところが伯母はけちん坊なので酒を振る舞ってはくれない。今日も断られ仕方なく店を出たもののどうしても酒が飲みたいものと思いついたのが鬼が出るという作り話。
さて鬼の面をかぶった甥は・・・・
e0078706_08194622.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1118298.jpg
e0078706_11185817.jpge0078706_11191256.jpg


     金春流能 「船弁慶(ふねべんけい)」遊女ノ舞 替ノ出  櫻間右陣
兄頼朝にあらぬ疑いをかけられ追われる身となった義経は、しばらく西国の方に落ちようと弁慶らわずかな家来を連れ都を出て大物浦に着く。これまで義経を慕ってついてきた静御前に、都に帰り時節を待つように命じると、静は仕方なく別れの舞を舞い都へ泣く泣く帰って行く。
義経一行を乗せた船の周りの景色が急変し、大波が押し寄せ荒れに荒れる中平家一門の亡霊が浮かび出、公達の知盛が襲い掛かる。
「遊女ノ舞」では常より静の思い悲しみが深く表され、「替ノ出」では怨霊の恨み、戦いの激しさが強く表現される。
e0078706_08265697.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_11203298.jpg
e0078706_08293023.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1121497.jpg
e0078706_08323835.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1122382.jpg

[PR]
by easysailing | 2015-01-10 18:00 | 演能日誌

熊野速玉大社

熊野速玉大社 薪能
   日時 9月29日
   場所 新宮市
   演目 金春流能 「船弁慶(ふねべんけい)」 金春欣三
      大藏流狂言 「棒縛(ぼうしばり)」 茂山あきら

e0078706_15243640.jpge0078706_1524556.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-09-29 20:56 | 演能日誌

花のしるべ古今荘公演 能楽 平家物語

花のしるべ古今荘公演 能楽 平家物語
  日時 7月29日(日) 午後2時始め
  場所 四国中央市上分町電明国指定登録有形文化財 古今荘e0078706_138301.jpg


   演目 能楽の歴史と楽しみ方 NPO法人奈良能 理事長石原昌和

e0078706_1374252.jpg

      金剛流舞囃子「清経(きよつね)」金剛永謹

e0078706_1393764.jpge0078706_13102068.jpg


      金剛流舞囃子 「船弁慶(ふなべんけい)」金剛龍謹

e0078706_1310976.jpge0078706_13105220.jpg


写真提供 写真家松村康史氏
[PR]
by easysailing | 2012-07-29 18:00 | 演能日誌

ロシア連邦サハ共和国ヤクーツク

ロシア サハ共和国ヤクーツク
 第5回インターナショナルスポーツ大会
 第2回インターナショナルフェスティバル-ユネスコ
   日時 7月11日
   場所 サハ共和国 リパブリックホール
         27カ国参加による国際シンポジウム参加 NPO法人奈良能理事長石原昌和

e0078706_10193514.jpge0078706_10194868.jpg

   日時 7月12日
   場所 サハ共和国ヤクーツク 国立アカデミー劇場
   演目 能ワークショップ
            NPO法人奈良能理事長石原昌和

e0078706_10221643.jpge0078706_10225922.jpg
e0078706_10224211.jpg e0078706_10232315.jpg

  日時 7月13日
   場所 ハ共和国ヤクーツク サハ国立アカデミー劇場、
   演目 金春流仕舞「笹ノ段」


e0078706_10305657.jpg

   演目 能ワークショップ NPO法人奈良能理事長 石原昌和 他
e0078706_1032636.jpge0078706_10321360.jpg

演目 金春流能「船弁慶(ふなべんけい)」
e0078706_1035277.jpge0078706_10351168.jpg
e0078706_10355075.jpge0078706_1036474.jpg

   演目 金春流仕舞「高砂(たかさご)」
e0078706_10373063.jpg



日時 7月14日
   場所 ハ共和国ヤクーツク サハ国立アカデミー劇場、
   演目 能ワークショップ NPO法人奈良能理事長石原昌和
       仕舞
e0078706_10452655.jpge0078706_10461268.jpg

   演目 金春流能「黒塚(くろつか)」  
e0078706_10472267.jpge0078706_10473526.jpg
e0078706_10475398.jpge0078706_1048764.jpg

  
   演目 「早舞(はやまい)」
e0078706_10494634.jpg



   日時 7月15日午後9時45分始
   場所 サハ共和国ヤクーツク 国立競技場
   演目 金春流半能「土蜘蛛「(つちぐも)」
e0078706_10582944.jpge0078706_10592250.jpg
e0078706_10591757.jpge0078706_110013.jpg
e0078706_10593977.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-07-16 10:00 | 演能日誌

しまなみ海道薪能

しまなみ海道薪能
  日時 7月30日(土)午後5時45分始め
  場所 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
     源義経をはじめとする武将が奉納し国宝・重文指定を受けているの甲冑の8割が集まっている瀬戸内海大三島、大山祇
     神社大楠(国指定天然記念物)前にて、神秘なる楠の樹精の下で薪能が催されました。

開演に先立ち、薪能関係者正式参拝のあと奉納演舞が行われました。
  観世流仕舞「西行桜(さいぎょうさくら)」野村四郎
e0078706_1202795.jpg


  演目 本日の能楽解説 NPO法人奈良能 理事長石原昌和

e0078706_115953.jpg


      観世流仕舞「笠之段(かさのだん)」上野朝義           観世流一調「蝉丸(せみまる)」野村四郎 亀井俊一 

e0078706_115588.jpge0078706_1161130.jpg 


      大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山千五郎 茂山正邦
        留守中に盗み酒をする二人の召使いを、縛り上げて安心して出掛けた主人。飲めぬとなればどうしても飲みたくなるのが酒
        飲みの性。まんまと酒にありつき、飲めや歌えの大酒盛り。さて・・・・

e0078706_1185780.jpge0078706_1191034.jpg
e0078706_11204315.jpge0078706_11205282.jpg


一噌流一管「黄鐘楽(おおしきがく)」藤田朝太郎

e0078706_11131341.jpg


      観世流能「船弁慶(ふなべんけい)」重キ前後之替 野村四郎 宝生 閑
        兄頼朝との不和により、都落ちして大物の浦に着いた義経。それまで伴ってきた静御前を都に帰すことにする。静
        は名残りの舞を舞い、泣く泣く別れをつげる。西国に向かい船出すると天候は一変し、海上に平家の一門の亡霊
        が浮かび、中でも平知盛の亡霊が襲い掛かる。弁慶の必死の祈りにやがて亡霊は消え失せる。

e0078706_11141372.jpge0078706_1133271.jpg
e0078706_1115849.jpge0078706_11155466.jpg


[PR]
by easysailing | 2011-07-30 21:00 | 演能日誌

西条市 石鎚能

平成20年2月16日(土)午後2時始
場所 愛媛県西条市神拝甲79番地4
     西条市総合文化会館
演目
金剛流仕舞「八島(やしま)」 今井清隆

e0078706_2085718.jpg

大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山七五三 茂山千五郎
 留守中に二人の冠者が酒を盗んで飲むのに気が付いた主人は一計を思いつき、次郎冠者を棒で縛り、太郎冠者も縛り付け安心して出かける。飲めなくなれば尚更飲みたくなるのが酒飲みの性、盗み酒がバレた二人は・・・

e0078706_2020298.jpge0078706_20204451.jpg

e0078706_20212934.jpge0078706_20214364.jpg


金剛流能「船弁慶(ふなべんけい)」 金剛永謹(金剛流宗家)
 義経は兄頼朝にあらぬ疑いをかけられ西国に逃げようとする。弁慶の進言で都からついてきた静御前を帰らせるが、静御前は別れを惜しみ酒宴の中で名残の舞を舞い、泣く泣く都へ帰っていく。一同は船に乗り込み沖に漕ぎ出すが、にわかに風が変わり海は大荒れになる。吹き荒れた海上に平知盛の亡霊があらわれ長刀を振りかざし自分と同じように義経を海に沈めようと襲いかかってくる。

e0078706_20424951.jpge0078706_2043284.jpg

e0078706_20434399.jpge0078706_20435835.jpg

e0078706_2044471.jpge0078706_2045685.jpg

e0078706_20454718.jpge0078706_2046914.jpg


 NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-02-16 20:00 | 演能日誌