タグ:福之神 ( 7 ) タグの人気記事

春の大神祭 後宴能

春の大神祭後宴能
  日時 4月10日(日)午前12時始<br>
  場所 桜井市三輪1422大神神社 斎庭

  演目
金剛流神歌「翁(おきな)」金剛流宗家金剛永謹
 《翁》の詞章。(しんか)とも言う。天下泰平・国土安穏・五穀豊饒・子孫繁栄を願うもので、現在では神歌を素謡形式で奏して、正式の《翁》の上演に代用することもある
e0078706_08031349.jpg



大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」茂山千五郎
 福の神のご神前で恒例の年取りをしようと「福は山へ」と豆をまき囃している参詣人の目前に笑い声をあげて福の神が現れる。
神酒を所望し、楽しうなるようにと早起き、慈悲、夫婦和合などを説き、自分のような福の神には神酒をたっぷり飲ませるようにと謡い舞を舞う。
e0078706_08050848.jpge0078706_08050889.jpg
e0078706_08050841.jpge0078706_08050835.jpg

金剛流仕舞「八島(やしま)」廣田幸稔
     「羽衣(はごろも)」今井清隆
e0078706_08072845.jpge0078706_08072849.jpg

金春流能「三輪(みわ)」櫻間右陣
 三輪に住む玄賓僧都(ワキ)のもとに毎日樒と閼伽の水をもって来る女がいた。今日も訪れた女は「罪を助けてほしい」と僧都に頼み、夜寒になったから衣を一重ね賜りたいと言うので僧都が衣を与え、住家を尋ねると「三輪山の杉のあたり」と答えて帰って行く。
三輪明神に参詣した里人は神木に僧都の衣がかかっているのを不審に思い、僧都に告げる。僧都が庵を出て明神に参詣すると杉の枝に衣かかっており、その裾に神託の歌がしるしてあった。やがて三輪の明神が現れて、三輪のしるしの杉にまつわる神婚説話を物語り、天の岩戸隠れの故事を再現して神楽を舞い、三輪の神と伊勢の天照大神とは一体分身だと説くが、いつしか夜も明け僧都の夢はさめる。
三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事記によれば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。
e0078706_08084128.jpge0078706_08084406.jpg
e0078706_08084710.jpge0078706_08085112.jpg

観世流仕舞「笹之段(ささのだん)」赤松禎友
金春流仕舞「熊坂(くまさか)」長谷猪一郎
e0078706_08104304.jpge0078706_08104631.jpg

観世流能「合浦(かっぽ)」大槻文藏
 或るうららかな日に唐土の合浦の浦の里人(ワキ)が浜に出て、漁師(アイ)の釣った美しい魚をあわれんで買い取り海に放してやった。
その夜、里人のもとに童子(前ジテ)が訪れ、自分は鮫人(コウジン)という魚の精で、命を助けられたお礼に我が泣く涙で作った宝玉を差し上げたいと言って里人を合浦の浦に誘い、魚の精は白魚となって波間に消えた。鱗の精達(アイ)が鮫人の無事に戻った事を喜び合うなか、鮫人(後シテ)が海面に現れ、寿命長遠息災延命の宝の珠を里人に捧げ、また波の底に消えていった。
古名は「合浦の玉」。魚の恩返し
e0078706_08115701.jpge0078706_08120139.jpg
e0078706_08120362.jpge0078706_08120647.jpg
e0078706_08121056.jpg
  陪観無料です。
お茶席奉仕 石原社中
e0078706_08160927.jpge0078706_08161252.jpg
御供まき
e0078706_08161505.jpg
[PR]
by easysailing | 2016-04-10 18:00 | 演能日誌

春の大神祭後宴能

春の大神祭 後宴能
  日時 4月10日正午始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
(本年は雨天の為大礼記念館にて)
  演目  金春流素謡「翁(おきな)」櫻間右陣
         神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはありません。
      観世流仕舞「嵐山(あらしやま)」 大槻裕一
e0078706_15585554.jpge0078706_16024352.jpg
      大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」 茂山千三郎 網谷正美 丸石やすし
          福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
          笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
         三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
         地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_16041257.jpge0078706_16041779.jpg
e0078706_16042180.jpg
      観世流能「三輪(みわ)」 大槻文藏
       三輪に住む玄賓僧都(ワキ)のもとに毎日樒と閼伽の水をもって来る女(前シテ)がいた。
       今日も訪れた女は「罪を助けてほしい」と僧都に頼み、夜寒になったから衣を一重ね賜りたい
       と言うので僧都が衣を与え、住家を尋ねると「三輪山の杉のあたり」と答えて帰って行く。
       三輪明神に参詣した里人は神木に僧都の衣がかかっているのを不審に思い、僧都に告げる。
       僧都が庵を出て明神に参詣すると杉の枝に衣がかかっており、その裾に神託の歌がしるしてあった。
       やがて三輪の明神(後シテ)が現れて、三輪のしるしの杉にまつわる神婚説話を物語り、天の岩戸
       隠れの故事を再現して神楽を舞い、三輪の神と伊勢の天照大神とは一体分身だと説くが、いつしか
       夜も明け僧都の夢はさめる。
       三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事記によ
       れば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。
e0078706_16064538.jpge0078706_16063800.jpg
e0078706_16064232.jpge0078706_16064899.jpg
e0078706_16065177.jpg
      金剛流仕舞「網の段(あみのだん)」 金剛龍謹
      金春流仕舞「船弁慶(ふねべんけい)」 長谷猪一郎
e0078706_16101704.jpge0078706_16102080.jpg
      金剛流能「乱(みだれ)猩々乱とも」
       猩々は「口円くして突出で身長四尺ばかり、赤褐色にして性質緩慢なり。想像上の獣、人語を解
       し髪長くして赤く、声小児の唏くがごとく。好みて酒を飲む」という。
       中国金山の麓に住む高風(ワキ)は、ある夜不思議な夢を見、揚子の市に出て酒を売るうち次第に
       富貴となる。市の立つ毎に酒を飲みに来る者がいて、いくら飲んでも顔色変わらず不思議に思い名
       を尋ねると海中に住む猩々と名乗る。ある秋の月夜に高風が潯陽の江のほとりで壷に酒を用意し
       待っていると、海中より猩々(シテ)が現れ酒を酌み交わし舞を舞い、高風の心の素直さを褒め汲
       めども尽きぬ泉の酒を壷にいれ授ける、と言うところで高風の夢は覚めるが夢中の壷は残り、高風
       の家は末長く栄える。
       通常は「中ノ舞」を舞うがそのかわりに「乱」を舞う場合は曲名を「乱」と称し、舞の中心部に
       乱特有の囃子にのった特殊な舞があり、酔った猩々が波に戯れる様を表し特殊な足つかいがある。
       面はこの曲専用の猩々、赤づくめのいで立ち。
e0078706_16113664.jpge0078706_16113906.jpg
e0078706_16114298.jpge0078706_16114562.jpg
 後宴能終了後、御供まきが行われました。
 また玄関では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれました。
e0078706_16343238.jpge0078706_16342844.jpg

[PR]
by easysailing | 2015-04-10 18:00 | 演能日誌

大神神社 後宴能

大神神社 後宴能
  日時 4月10日12時始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
  (無料公演です) 
  演目  観世流素謡能「神歌(かみうた)」大槻文藏 赤松裕一
         神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはありません。
e0078706_16422854.jpg

      大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」 茂山千五郎 茂山七五三 島田洋海
          福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
          笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
         三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
         地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_16435945.jpge0078706_16441729.jpg

      観世流仕舞「笠之段(かさのだん)」 武富康之
e0078706_16482771.jpg

      金春流能「三輪(みわ)」 櫻間右陣 
         三輪山の麓に庵室を構えている玄賓僧都のもとに毎日樒と閼伽の水を持って来る女がいる。
         罪を助けてほしいと僧都に頼み、夜寒になったので衣を一枚頂きたいと言うので、衣を与え女の住
         家を問うと、「わが庵は三輪の山もと恋しくば とぶらい来ませ杉立てる門」と言う和歌があるがその
         杉立てる門を目印に来るようにと言って姿を消す。(作り物の中に入る)
         里の男が満願の日にあたり参詣すると杉の枝に衣がかかっており、見ると僧都の衣なので不審に
         思い、知らせに来る。ご神前に来てみると、自分の衣が掛かっておりその裾に歌が書いてある。そ
         れを読んでいると、杉の内より御声がして、女姿の三輪明神が現れる。神も衆生を救うため迷い深
         い人間と同じ心をもつことがあるので、罪を助けてほしいと言い、三輪の神婚説話を語り、天照大
         神の岩戸隠れの神話を語り神楽を舞うが、伊勢と三輪の神は一体の神と言い、夜明とともに消え
         て行く。
e0078706_16455976.jpge0078706_16461830.jpg
e0078706_16463782.jpge0078706_16465183.jpg

      金剛流仕舞「船弁慶(ふなべんけい)」 金剛龍謹
      金春流仕舞「兼平(かねひら)」 佐藤俊之
      宝生流仕舞「草薙(くさなぎ)」 辰巳満次郎
e0078706_1657134.jpge0078706_1649412.jpg
e0078706_16495743.jpg

      金剛流能「枕慈童(まくらじどう)」 金剛流宗家 金剛永謹
         魏の皇帝より噂の薬水の様子を見てくるように言われた勅使は山に分け入ると、山中に庵が有
        り慈童が現れます。訳を問うと周の王に召し使えていたが誤って王の枕を跨ぎ、その罪によりこ
        こに流されたと答えます。哀れに思った王は慈童に枕に書いた二句の偈を与え、慈童はそれを
        菊の葉に書き写しその露を飲み七百年前のそのまま生きていると答えます。この菊の酒を自ら
        も飲み、勅使にもすすめ「楽」を奏し、帝の長寿、国の栄華を祈り、群菊をかきわけ庵に消えてい
        く。
      附祝言
e0078706_16512084.jpge0078706_16513274.jpg
e0078706_1651531.jpge0078706_1652751.jpg

      御供まき
      二條流流煎茶奉仕 徳良庵 石原雅苑e0078706_16533894.jpge0078706_1654122.jpg
[PR]
by easysailing | 2013-04-10 18:00 | 演能日誌

大神神社後宴能

  日時 4月10日12時始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
  演目 金春流素謡 「神歌(かみうた)」 櫻間右陣
      神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはない。
e0078706_16584946.jpg

     大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千五郎
       福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
       笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
      三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
      地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_1731724.jpge0078706_1733187.jpg

     金剛流仕舞 「岩船(いわふね)棹」 金剛龍謹
e0078706_177512.jpg

     金剛流能 「三輪(みわ)」 金剛流宗家 金剛永謹 
       三輪山の麓に庵室を構えている玄賓僧都のもとに毎日樒と閼伽の水を持って来る女がいる。罪を助けてほしいと僧都に頼み、夜寒になったので衣を一枚頂きたいと言うので、衣を与え女の住家を問うと、「わが庵は三輪の山本恋しくば とぶらい来ませ杉立てる門」と言う和歌があるがその杉立てる門を目印に来るようにと言って姿を消す。(作り物の中に入る)
里の男が満願の日にあたり参詣すると杉の枝に衣がかかっており、見ると僧都の衣なので不審に思い、知らせに来る。ご神前に来てみると、自分の衣が掛かっておりその裾に歌が書いてある。それを読んでいると、杉の内より御声がして、女姿の三和明神が現れる。神も衆生を救うため迷い深い人間と同じ心をもつことがあるので、罪を助けてほしいと言い、三輪の神婚説話を語り、天照大神の岩戸隠れの神話を語り神楽を舞うが、伊勢と三輪の神は一体の神と言い、夜明とともに消えて行く。
e0078706_1782726.jpge0078706_1784254.jpg
e0078706_179412.jpge0078706_1791741.jpg

金春流仕舞「西行桜(さいぎょうざくら)クセ」 佐藤俊之      観世流仕舞「花筺(はながたみ)クルイ」 齋藤信隆
e0078706_1715111.jpge0078706_17155319.jpg

  観世流能「須磨源氏(すまげんじ)」 大槻文蔵
    宮崎の神官が伊勢参宮の途中、須磨浦で老山人に出会う。老人は光源氏の旧跡で若木の桜を眺めていた。神官が光源氏について問うと、光源氏の生涯を源氏物語の巻名を匠に読み込みながら経歴を語り、自分は源氏物語の主人公で、今は兜率天(欲界の六天の一)に住んでいると言うと雲に隠れ姿を消す。なおも寄特を拝もうと神官が旅寝していると、音楽が聞こえ光源氏の霊が天から降りて、遊楽にひかれて舞(早舞)を舞い、須磨はもとの住家で衆生を助けるために天下ったと告げ、明け始めた春の空に姿を消す。
e0078706_17425682.jpge0078706_17432440.jpg[
e0078706_17433986.jpge0078706_17435120.jpg



  後宴能終了後、拝殿前にて、御供まきが行われました。
  また宝物収蔵庫前では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれました。
e0078706_17492843.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-04-10 18:00 | 演能日誌

大神神社後宴能

大神神社後宴能
  日時 4月10日12時始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
演目 金剛流素謡 「神歌(かみうた)」 金剛流宗家 金剛永謹
神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはない。

e0078706_9432250.jpg

   大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千五郎
       福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
       笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・

      三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
      地謡に大神神社神職がご奉仕されています。

e0078706_9525689.jpge0078706_953656.jpg

  
  金剛流仕舞 「網之段(あみのだん)」 宇高通成 

e0078706_10103293.jpg


   観世流能 「三輪(みわ」彩色之伝  大月文藏
     三輪山の麓に庵室を構えている玄賓僧都のもとに毎日樒と閼伽の水を持って来る女がいる。罪を助けてほしいと僧都に頼み、夜寒になったので衣を一枚頂きたいと言うので、衣を与え女の住家を問うと、「わが庵は三輪の山本恋しくば とぶらい来ませ杉立てる門」と言う和歌があるがその杉立てる門を目印に来るようにと言って姿を消す。(作り物の中に入る)
里の男が満願の日にあたり参詣すると杉の枝に衣がかかっており、見ると僧都の衣なので不審に思い、知らせに来る。ご神前に来てみると、自分の衣が掛かっておりその裾に歌が書いてある。それを読んでいると、杉の内より御声がして、女姿の三和明神が現れる。神も衆生を救うため迷い深い人間と同じ心をもつことがあるので、罪を助けてほしいと言い、三輪の神婚説話を語り、天照大神の岩戸隠れの神話を語り神楽を舞うが、伊勢と三輪の神は一体の神と言い、夜明とともに消えて行く。
小書「彩色之伝」では、常とは変わり神楽留か二段神楽か、≪神は跡なく入り給へば常闇の世とはやなりぬ≫で彩色、衣装も常とは変わる。毎年本曲は、観世・金春・金剛流交替で奉納されるが、小書の演出は今回が初めである。

e0078706_10255640.jpge0078706_1026716.jpg
e0078706_10265236.jpge0078706_1027798.jpg
e0078706_10274193.jpge0078706_10275199.jpg


観世流仕舞 「善知鳥(うとう)」 赤松禎英
   一調 「桜川(さくらがわ)」 上田拓司

e0078706_1021893.jpge0078706_10211868.jpg



   金春流能「望月(もちづき)」 櫻間右陣
信濃の国の安田庄司友治が同国の望月秋長に討たれて後、離散した家来の小沢刑部友房は、近江の守山で宿屋の亭主となっている。友春の妻と子の花若は、敵の目を避けてさすらいの旅を続けている途中、守山に来て宿を求め思いがけなくも昔の家臣に会い、互いに懐かしみあう。そこへ偶然にも敵の望月秋長が泊まることとなる。敵討ちの時到来と友房は、友治の妻を盲御前に仕立て花若に手を引かせて、望月の座敷に行かせ謡を謡わせ、子供には八揆を打たせ自分は獅子舞を見せる。あまりの面白さと酒の酔いに眠る望月を首尾良く敵を討ち、長年の本望をとげ故郷へと帰って行く。
「石橋」は本物の獅子、本曲は人間の舞う獅子舞、ワキ、囃子、狂言方にも重い習いの曲。

e0078706_10343217.jpge0078706_10344581.jpg
e0078706_1035340.jpge0078706_10361428.jpg
e0078706_10363825.jpge0078706_10365710.jpg
e0078706_10384024.jpge0078706_1039244.jpg
e0078706_10393565.jpg


後宴能終了後、拝殿前にて、御供まきが行われた。

また宝物収蔵庫前では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれた。

e0078706_10464887.jpge0078706_10465881.jpg

[PR]
by easysailing | 2011-04-10 20:00 | 演能日誌

大神神社後宴能

大神神社後宴能
   4月10日12時始め
   場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
   演目
     観世流素謡 「神歌(かみうた)」 大月文藏
    大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千三郎
       福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
       笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
       地謡に大神神社神職がご奉仕されています。

     観世流仕舞「源氏供養(げんじくよう)」 上野朝義
     金春流能 「三輪(みわ」  櫻間右陣
       三輪山の僧のもとに毎日樒と水を届けていた女が衣をもらい姿を消す。僧が二本杉に与
       えた衣を見つけ祈ると、三輪明神が現れ、三輪山の伝説三輪山神婚説話や天の岩戸の
       神話などを語る。

e0078706_1339478.jpge0078706_1340035.jpg
e0078706_13402046.jpg


     金剛流仕舞「杜若(かきつばた)」 松野恭憲
     金春流仕舞「船弁慶(ふねべんけい)」 伊藤真也

e0078706_13421961.jpge0078706_13423258.jpg


     金剛流能 「黒塚 白頭(くろづか しろがしら)」 金剛流宗家 金剛永謹
         熊野山伏の阿闍梨祐慶一行は、奥州安達原で日が暮れて一軒家に宿を求める。
        主の老女は糸車を操りながら我が身を嘆き歌を歌う。夜も更け、寝室は覗かないようにと
        言い残し、女は薪を取りに出かける。共の能力が誘惑に負け寝室を覗くと、園にはおびた
        だしい人間の死骸が散乱している。ここは鬼女の住む黒塚と知り一行は急いで逃げる。こ
        れを知った鬼女が追いかけてくるが、祐慶の祈りが通じ追い払う。

e0078706_13433915.jpge0078706_13435123.jpg

   無料です
[PR]
by easysailing | 2010-04-10 18:00 | 演能日誌

大神神社後宴能

大神神社後宴能
 4月10日12時始め
 場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
 春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
 演目 
  金春流素謡 「神歌(かみうた)」 櫻間右陣 南浦 潔

e0078706_16525877.jpg

  大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千五郎
    福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
    笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
    地謡に大神神社神職がご奉仕されています。

e0078706_16554935.jpge0078706_1656560.jpg

金春流仕舞 「老松(おいまつ)」 本田正人
           「実盛(さねもり)」クセ 岸田善三郎

e0078706_1705597.jpge0078706_1711165.jpg

  金剛流能 「三輪(みわ」  金剛流宗家金剛永謹
    三輪山の僧のもとに毎日樒と水を届けていた女が衣をもらい姿を消す。僧が二本杉に与
    えた衣を見つけ祈ると、三輪明神が現れ、三輪山の伝説三輪山神婚説話や天の岩戸の
    神話などを語る

e0078706_1721793.jpge0078706_1723291.jpg

e0078706_1732434.jpge0078706_1734312.jpg

観世流仕舞 「玉之段(たまのだん)」 多久島利之
  金剛流仕舞 「網之段(あみのだん)」 松野恭憲

e0078706_1755438.jpge0078706_1761082.jpg

  観世流能 「小鍛治(こかじ)」 大槻文蔵
    勅使より三条小鍛冶宗近は悪霊によって剣を打って奉れとの勅命を受けたが、相槌がいないので途方に暮れ稲荷明神に祈願に詣でる。童子が現れ名剣にまつわる故事を述べ剣を打つ準備をして待つように言い残して姿を消す。帰宅した宗近が祝詞をあげていると狐戴を冠とした霊狐が現れて相槌を勤め、名剣を仕上げる。


e0078706_1784196.jpge0078706_1785728.jpg

e0078706_1793977.jpge0078706_1795589.jpg


附祝言(つけしゅうげん)

その後拝殿前にて、御供まきが行われた。

また宝物収蔵庫前では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれた。

e0078706_17105559.jpg



 NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
 
 
[PR]
by easysailing | 2009-04-10 20:00 | 演能日誌