タグ:田村 ( 5 ) タグの人気記事

薪御能 二日目

薪御能 二日目
日時 5月16日(土)午前11時始
御社上り(みやしろあがり)の儀
場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
           「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行な
            われ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

演目  金春流能 「田村(たむら)」 櫻間右陣
     東国の僧が都見物に出掛け、清水寺に参詣すると、地主権限の桜のもとで、木陰を掃き清めている花守
     の童子に出会う。
     僧の問いに答えて、昔賢心が観音の化身である行叡居士に会い、その教えに従って坂上田村丸を檀那と
     してこの清水寺が建てられたと建立の縁起を語り、付近の名所を教え、花月夜の風情を楽しみ本尊の千手
     観音をほめたたえる。
     あまりに詳しい話しに、僧が名を尋ねると、知りたくば帰って行くところを見なさいと、田村堂の内陣に姿を消す。
     清水寺門前の者が、僧の求めに応じて、清水寺の縁起を語る。
     僧が桜の木陰で夜もすがら法華経を誦んでいると、武将姿の坂上田村丸の霊が現れる。僧の供養に感謝
     し、勅命によって伊勢鈴鹿山の鬼神を平らげた時、その合戦の最中に千手観音が現れて、千の御手に弓を
     もち敵に矢を射かけ、ことごとく平らげることが出来た。この勝利を導いたのもひとえに観音の仏力の御陰で
     あったと軍語りをする。

e0078706_13231856.jpge0078706_13232358.jpg

下行 春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_13232919.jpg

写真提供 写真家松村康史氏


南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
e0078706_13315850.jpg

演目 観世流能 「羽衣(はごろも)」 観世喜之
春の朝、漁師が仲間を連れ三保の松原の景色を眺めているうち、虚空に花降り、音楽が聞こえ、妙なる香
りが漂い、ただ事であるまいと思ううち、松の木に美しい衣を見つけ持ち帰って家宝にしようとする。
そこへ女が現れ返してくれるように頼む。その衣は天人の羽衣であった。漁師はそれならば国の宝にしよ
うというが、天女は空をふり仰ぎ、羽を失った鳥と同じ身の上を嘆く。漁師は天女の悲嘆を見かねて羽衣
を返すと、天女はその礼として月世界の様を語り、月宮殿での舞を見せ春の霞の中へと姿を消す。
e0078706_13291880.jpge0078706_13292297.jpg
e0078706_13292825.jpg
        火入れ 興福寺衆徒
e0078706_13273415.jpg

   大藏流狂言 「因幡堂(いなばどう)」 茂山良暢 山口耕道
妻が大酒を飲み、所帯の事はなにもしないので、愛想をつかし妻が実家に帰ったのを幸いに離縁状を届け
る。とは言うものの一人暮らしは不便と、因幡堂のお薬師様に妻乞いをするため出掛ける。
お薬師様に祈誓し、通夜をしようと眠りに入る。
さて、離縁状を届けられた妻は大いに腹を立て、妻乞いに行ったという真偽を確かめるため因幡堂にやって
来る。妻は眠っている夫を見つけ、薬師如来であるかのように霊夢の告げを与える。目を覚ましその告げを
喜んだ男は・・・・
e0078706_13333221.jpge0078706_13333793.jpg

   金剛流能 「鵺(ぬえ)」 金剛流宗家金剛永謹
諸国一見の僧が熊野詣でを了えて都へ上がる路次がら、摂津国芦屋の里までやって来る。夜も更けて川下
から埋もれ木のような空船に乗ってきた異形のものに問うと近衛天皇を病悩まさせた末、源頼政に退治さ
せられた鵺の亡霊だと。僧は亡執の念を捨て成仏を願うが良いと勧めるがまた空船に乗り消えてしまう。
僧が読経をしていると再び鵺が現れ、滅ぼされた折のことを語り始める。頼政は名を上げ、我は汚名を流
した故に空船に押し込められ、この浮洲に留まり月も日も見えぬ闇の船の中で冥土に落ちてしまったと言い
海中に消えてしまう。
e0078706_13345556.jpge0078706_13350384.jpg
e0078706_13352043.jpge0078706_13351280.jpg
 
         附祝言<

写真提供 写真家松村康史氏

[PR]
by easysailing | 2015-05-16 20:00 | 演能日誌

第33回芝能

第33回芝能
  3月19日(土)
  第一部 場所 奈良市登大路町6-2 奈良県文化会館小ホール
         解説とワークショップ NPO法人奈良能理事長 石原昌和他
          本日の演目・面・装束解説
          (第二部会場にイスを用意致します)
         参加料 2.〇〇〇円

e0078706_1191038.jpg


  第二部 場所 奈良市登大路町30 奈良県庁エントランス広場

  演目 金春流仕舞「網ノ段(あみのだん)」佐藤俊之

     大藏流狂言「呼声(よびこえ)」茂山 茂

e0078706_1113311.jpge0078706_11131397.jpg

     金春流能「田村(たむら)」白式 櫻間右陣

e0078706_11154733.jpge0078706_11155699.jpg
e0078706_11161452.jpge0078706_11163083.jpg
e0078706_11164626.jpge0078706_1116545.jpg


     立席者は無料 ※但し定員制限あり
[PR]
by easysailing | 2011-03-19 20:30 | 演能日誌

春日若宮おん祭

春日若宮おん祭
  12月17日
  場所 奈良市 春日大社参道 春日若宮御旅所
 春日若宮おん祭お渡り式のあと、お旅所祭に奉納されます。

 午後1時半頃
   松の下式 
   春日一ノ鳥居 影向ノ松前
     高安流 「開口(かいこう)」高安勝久 
     金春流 「弓矢立会(ゆみやたちあい)」金春流宗家 金春安明 
     大藏流 「三笠風流(みかさふりゅう)」茂山正邦 

  午後4時半頃
     御旅所ノ式 お渡り式のあと、お旅所祭に奉納されます。
  春日御旅所御神前 
     金春流 「神楽式(かぐらしき)」 金春流宗家 金春安明
           「鈴の段(すずのだん)」大藏彌太郎 
 
  12月18日午後2時始め
   場所 奈良市 春日大社参道 春日御旅所御神前
   後宴之式能
    春日若宮おん祭が無事終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
    演目・演者
     金春流能「田村(たむら)」金春欣三
     大藏流狂言「長光(ながみつ)」茂山あきら
     金春流能「乱(みだれ)」金春穂高 
[PR]
by easysailing | 2010-12-18 18:00 | 演能日誌

一休寺薪能

一休寺薪能
 日時 9月21日午後5時半 始め
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第26回を迎えます一休寺薪能が、中秋の名月の前夜、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先での能・狂言が演じられました。
 演目 金春流仕舞 「女郎花(おみなめし)」 金春穂高

e0078706_1059492.jpg


     大藏流狂言 「長光(ながみつ)」 茂山千三郎

  遠国の者が訴訟のため長期在京していたが、勝訴し土産物を買いに寺町の市へやって来る。その男の持つ立派な
  太刀に目を付けたすっぱが、それを横取りしようと企てる。当然二人の間に争い事が起こる。仲裁に入ったのは所の
  目代。さてその結末はいかに。

e0078706_111198.jpge0078706_1111117.jpg


e0078706_113311.jpg


    金春流能 「田村(たむら)」 金春欣三

  東国の僧が都見物に出掛け、清水寺に参詣すると、地主権限の桜のもとで、木陰を掃き清めている花守の童子に
  出会う。僧の問いに答えて、昔賢心が観音の化身である行叡居士に会い、その教えに従って坂上田村丸を檀那と
  してこの清水寺が建てられたと建立の縁起を語り、付近の名所を教え、花月夜の風情を楽しみ本尊の千手観音を
  ほめたたえる。あまりに詳しい話しに、僧が名を尋ねると、知りたくば帰って行くところを見なさいと、田村堂の内陣
  に姿を消す。
  清水寺門前の者が、僧の求めに応じて、清水寺の縁起を語る。僧が桜の木陰で夜もすがら法華経を誦んでいると、
  武将姿の坂上田村丸の霊が現れる。僧の供養に感謝し、勅命によって伊勢鈴鹿山の鬼神を平らげた時、その合戦
  の最中に千手観音が現れて、千の御手に弓をもち敵に矢を射かけ、ことごとく平らげることが出来た。この勝利を導
  いたのもひとえに観音の仏力の御陰であったと軍語りをする。


e0078706_1142489.jpge0078706_1143867.jpg

e0078706_1151916.jpge0078706_1153636.jpg

[PR]
by easysailing | 2010-09-21 21:00 | 演能日誌

薪御能 二日目

薪御能
  5月11日・12日
  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、
  各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
  869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛 況を極めたといわれ
  ています。
  11日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、12日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」がそれぞれ
  午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。
    (今年は興福寺南大門跡 般若の芝が発掘調査中のため、奈良県庁前登大路園地で行われます)

 5月12日午前11時始
    御社上り(みやしろあがり)の儀
    場所 奈良市 春日大社若宮社
     「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行なわれ、また橋掛かり
     は通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

    金春流能 「田村(たむら)」 金春欣三
      東国の僧が都に上がり清水寺を訪ねると、玉箒を手にした童子が現れ寺の由来、付近の名所を
      語り田村堂に消える。その夜僧達が法華経を読経していると、甲冑姿の坂上田村麻呂が現れ、
      観音に祈願し鈴鹿山での鬼退治の様子を身聞かせし、観音の仏力を讃える。

e0078706_1029544.jpge0078706_10291929.jpg
e0078706_1030169.jpg


下行  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式

e0078706_1032967.jpg


    南大門の儀 午後5時半始
    場所 奈良市  奈良県庁前登大路園地
  演目
    「舞台あらため・外僉議(げのせんぎ)」
      当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を中止する」という取り決
      めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた
      事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文
      が読み上げられます。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

写真提供 写真家松村康史氏
e0078706_10331150.jpge0078706_1033256.jpg


    観世流能 「(玉葛(たまかづら)」 観世喜之
      諸国一見の僧が初瀬詣での中、初瀬川のほとりに着くと、小舟に棹さして漕ぎ上がってくる女に
      出会う。共に御堂を拝み二本の杉に導くと僧は古歌を思い出しその謂われを尋ねると、玉葛の内
      侍が初瀬を詣でた時、母夕顔の侍女・右近が詠んだ歌と応じ、母の死後九州に下ったが、舟で
      逃れでて辛かった過去を語り、自分が玉葛の化身であるとほのめかし、僧に回向を頼み消える。
      弔う僧の前に玉葛の霊が現れ妄執に狂乱したさまを示し罪の報いを懺悔に語るが、迷いをさまし
      て成仏する。

写真提供 写真家松村康史氏
e0078706_111898.jpge0078706_11182135.jpg


    火入れ 興福寺衆徒

e0078706_11212372.jpg


    大藏流狂言 「鳴子遣子(なるこやるこ)」 茂山忠三郎
      野遊びに出かけた二人が鳴子を見つけ、鳴子だ、遣子だと言い争いになり、茶屋の主人に判定を
      頼む。それぞれが薪、炭を主人に送る約束をするが主人は西行法師の話を語り・・・・・

写真提供 写真家松村康史氏
e0078706_11362548.jpge0078706_11382665.jpg


    宝生流能 「舎利(しゃり)」 辰巳満次郎
      出雲の国の僧が今日に上がり、十六羅漢・仏舎利を拝もうと東山泉泉涌寺に詣でる。寺男の案内
      で仏舎利を拝んでいると、里男が現れ仏舎利の謂われを語る内、空がかき曇り稲妻が走ると男の
      形相が変わり足疾鬼の執心であると言い、仏舎利を奪い天井を蹴破り虚空へ去っていく。僧が
      祈っていると、韋駄天が現れ足疾鬼と戦いになるが、やがて韋駄天は足疾鬼を天界に追い上げ、
      下界に追いつめ仏舎利を取り返し、足疾鬼は力も尽き果て消えていく。

写真提供 写真家松村康史氏
e0078706_1216257.jpge0078706_12161470.jpg


e0078706_12163318.jpg

[PR]
by easysailing | 2010-05-12 21:00 | 演能日誌