タグ:棒縛り ( 7 ) タグの人気記事

第39回なら芝能

第39回なら芝能能
日時 3月19日(日)
 第一部午後1時~午後2時
 場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
    演目・内容 能楽入門講座と本日の曲目解説など
   参加料 2.000円 第二部芝能にてイス席をご用意致しました。

能楽解説 観世流シテ方吉沢旭       演能「百萬」解説 観世流シテ方山中雅志

e0078706_18155957.jpge0078706_18162069.jpg

演能「百萬」解説 NPO法人奈良能理事長 石原昌和        「大江山」解説 観世流シテ方山下麻乃
e0078706_1817477.jpge0078706_18171642.jpg


第二部午後2時半~午後4時
 場所 奈良市登大路町奈良県庁舎前広場 芝生舞台
     雨天時は奈良県文化会館小ホール
   演目 桃香野子供狂言「しびり」 月ヶ瀬桃香野小学二生

e0078706_18242882.jpge0078706_18244997.jpg

       観世流仕舞「大江山(おおえやま)」 山下麻乃
               「網之段(あみのだん)」 塩谷恵
       金春流仕舞「雲雀山(ひばりやま)」 今井節


e0078706_18255475.jpge0078706_18261072.jpg 
e0078706_18262898.jpg 

     大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山あきら
盗み酒がばれて、いましめられた二人。酒飲み根性は大したもの。大酒盛が始まるが。。。。。
それぞれの舞は、さす手・引く手を肩と顎とで表現する.。
e0078706_18272786.jpge0078706_18274191.jpg
e0078706_1828193.jpge0078706_18281920.jpg


       観世流能「百萬(ひゃくまん)」 山中雅志
 百万は、西の大寺の境内、柳のかげで我が子と行きはぐれ、そのみどりごを尋ねもとめて、
奈良坂を越え佐保川を渡り、井手の玉水を過ぎ、足に任せて行き着いたところは、都の西嵯峨野
の寺・・・・清涼寺。折から花盛りの境内では大念仏が催されている。百万がその音頭取りとなって
念仏歌をうたうところに、女曲舞舞としての見事な投影がみとめられよう。
 舞台の上では、烏帽子に長絹姿、手に狂い笹という優女が居るが、謡の詞章には、「もとより
長き黒髪を、おどろのごとく乱して、古りたる烏帽子ひき被き、また眉根黒き乱れ墨―」などと
あって、とんでもない格好をしていることになっている。乱髪にわざわざ顔に墨を塗ってまで、
なぜきたないつくりにしているのか。これは、芸能の世界だけのことではなかっただろう。
南都から人の集まりを尋ねて京都の西の外れまで、女が一人旅をするには、敢えてこのような
異形身をとる必要があったのだ。もともと、クルウには旅路を往く、漂白・遍歴・遊行の意が
ある。それに加えて、この母子再会の狂女能では、モノグルイの他の属性をも明らかに示して
くれるのである。
e0078706_18301897.jpge0078706_18303315.jpg
e0078706_18311355.jpge0078706_18313630.jpg
e0078706_18321372.jpge0078706_18323446.jpg


 料金 2.000円(第一部共通) 立ち席者は無料。(ただし定員制限を設けました)
[PR]
by easysailing | 2017-03-19 18:00 | 演能日誌

燈花会能

燈花会能
 日時 8月7日(日)
 場所  奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
 演目  本日の演目解説 NPO法人奈良能 理事長石原昌和
金春流仕舞「岩船(いわふね)」長谷猪一郎
     「枕ノ段(まくらのだん)」佐藤俊之

e0078706_20553343.jpge0078706_2055513.jpg


       観世流能「清経(きよつね)」井戸良祐
       平清経は西国に都落ちの途中、前途をはかなみ船より身を投げる。形見を届けられた妻は一人で旅立った
       夫にそれを手向け返し悲しみにくれる一人寝の夢の中に亡霊が現れる。死を選んだ事情を語り最期の様子
       を、そして修羅道の戦いと苦しみを見せ、最期に唱えた十念の功徳で成仏し消えて行く。

e0078706_2056527.jpge0078706_205713100.jpg
e0078706_2058389.jpge0078706_20585062.jpg


      大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」茂山千三郎
       不自由に縛り上げられた二人の冠者、主人の留守中の盗み酒が原因と気付いたが後の祭り。酒飲みの性、ど
       うしても酒が飲みたい。なんとかなるもので珍妙な酒盛りが始まる。


e0078706_205935100.jpge0078706_20594850.jpg
e0078706_2103527.jpge0078706_2105061.jpg


      金春流能「恋重荷(こいのおもに)」櫻間金記
       白河の院の女御に、庭の菊の世話をする老人が恋をする。それを知った女御は叶わぬ恋と悟るようにと美し
       い荷物を作らせ、これを持って庭を回れば姿を見せると老人に伝えさせる。その荷は巌を美しい布で包んだ
       ものでとても持ち上げられる物ではない。会いたさ一心で幾度も試みるが適う筈はなく、ついに老人は恨み
       ながら恋い死にする。その庭に姿を見せた女御の前に老人の怨霊が現れ恨みを述べ激しく責める。

e0078706_2113980.jpge0078706_212526.jpg
e0078706_2125281.jpge0078706_213639.jpg





e0078706_13173854.jpge0078706_13173877.jpg




[PR]
by easysailing | 2016-08-07 20:00 | 演能日誌

薪御能 二日目

薪御能
        近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
        で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
        869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に
        、最も盛 況を極めたといわれています。
        17日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、18日は春日大社若宮社で「御社上り(みやし
        ろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般
        若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。
  薪御能 二日目
    日時 5月18日(土)午前11時始
      御社上り(みやしろあがり)の儀
        場所 奈良市 春日大社若宮社
           「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で
           行なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。
        演目 金春流能「猩々(しょうじょう)」 金春欣三
e0078706_1703049.jpg

        下行 春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
      南大門の儀 午後5時半始
         場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
             (雨天時は奈良県文化会館)      
            舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
        演目 観世流能「巴(ともえ)」 観世喜之
e0078706_1712789.jpge0078706_1714331.jpg

            火入れ 興福寺衆徒

            大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山七五三
e0078706_1731739.jpge0078706_1733279.jpg


            宝生流能「阿漕(あこぎ)」」 辰巳満次郎

e0078706_1741966.jpge0078706_1742851.jpg
e0078706_1744233.jpg


写真提供 写真家松村康史氏
[PR]
by easysailing | 2013-05-18 21:00 | 演能日誌

ウズベキスタン公演

日本・ウズベキスタン外交樹立二十周年記念
   「シルクロードと日本を結ぶ美の交流」
   日時 9月23日 サマルカンド 世界遺産レギスタン広場メドレセ中庭
   演目 観世流能「羽衣(はごろも)」「猩々乱」 梅若猶彦
      和泉流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 三宅近成      
      ウズベキスタン民俗楽器公演

e0078706_16124461.jpge0078706_16125541.jpg[
e0078706_16131461.jpge0078706_16132517.jpg
e0078706_16141564.jpg e0078706_16142889.jpg
e0078706_16144264.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-09-27 08:45 | 演能日誌

しまなみ海道薪能

しまなみ海道薪能
  日時 7月30日(土)午後5時45分始め
  場所 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
     源義経をはじめとする武将が奉納し国宝・重文指定を受けているの甲冑の8割が集まっている瀬戸内海大三島、大山祇
     神社大楠(国指定天然記念物)前にて、神秘なる楠の樹精の下で薪能が催されました。

開演に先立ち、薪能関係者正式参拝のあと奉納演舞が行われました。
  観世流仕舞「西行桜(さいぎょうさくら)」野村四郎
e0078706_1202795.jpg


  演目 本日の能楽解説 NPO法人奈良能 理事長石原昌和

e0078706_115953.jpg


      観世流仕舞「笠之段(かさのだん)」上野朝義           観世流一調「蝉丸(せみまる)」野村四郎 亀井俊一 

e0078706_115588.jpge0078706_1161130.jpg 


      大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山千五郎 茂山正邦
        留守中に盗み酒をする二人の召使いを、縛り上げて安心して出掛けた主人。飲めぬとなればどうしても飲みたくなるのが酒
        飲みの性。まんまと酒にありつき、飲めや歌えの大酒盛り。さて・・・・

e0078706_1185780.jpge0078706_1191034.jpg
e0078706_11204315.jpge0078706_11205282.jpg


一噌流一管「黄鐘楽(おおしきがく)」藤田朝太郎

e0078706_11131341.jpg


      観世流能「船弁慶(ふなべんけい)」重キ前後之替 野村四郎 宝生 閑
        兄頼朝との不和により、都落ちして大物の浦に着いた義経。それまで伴ってきた静御前を都に帰すことにする。静
        は名残りの舞を舞い、泣く泣く別れをつげる。西国に向かい船出すると天候は一変し、海上に平家の一門の亡霊
        が浮かび、中でも平知盛の亡霊が襲い掛かる。弁慶の必死の祈りにやがて亡霊は消え失せる。

e0078706_11141372.jpge0078706_1133271.jpg
e0078706_1115849.jpge0078706_11155466.jpg


[PR]
by easysailing | 2011-07-30 21:00 | 演能日誌

新春わかくさ能

1月9日午後1時始
  場所 奈良市奈良県新公会堂能楽ホールにて
  演目
    奈良と能 本日の演目解説
      NPO法人理事長石原昌和、金峯山寺一山西蔵院 西畑良芳
       嵐山の解説が行われました。
       またロビーに展示している面・装束の説明も行われました。

e0078706_186214.jpge0078706_1861840.jpg


e0078706_1873839.jpge0078706_18752100.jpg


    観世流舞囃子 「舎利(しゃり)」 上野雄三
     寺宝の舎利を奪った男は、昔の執心残す足疾鬼。舎利を取り戻してもらおうと「南無韋駄天」と祈ると
     「遁すまじ」と韋駄天が現れる。ともに足の早い足疾鬼と韋駄天、天上界・下界と飛び上がり跳び下が
     り追いつ追われつ激しい争いの末、「出だせや、出だせ」と責められて、足疾鬼は「泣く泣く舎利を」
     と差し上げ逃げていく。
     二人の激しく敏捷な動きが見どころ。

e0078706_1894969.jpge0078706_1895949.jpg

e0078706_18101581.jpg


    大藏流狂言 「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山正邦
     留守中に酒を盗んで飲む二人の召使いを縛り上げて、盗っ人が入ってもかまわない。酒を飲ませまいと
     心に決めて留守番を言いつけて主人は出かけた。呑めないとなれば尚更呑みたくなるのが酒飲みの性、
     盗み酒となるとますます思いは強くなる。太郎冠者は案山子のように、次郎冠者は後ろ手に縛られた二
     人の飲みっぷりと酔いっぷり。酒盛りも佳境に入れば、その姿で舞まで舞う、舞いにくいがこれが見ど
     ころ。

e0078706_18123079.jpge0078706_18124029.jpg

e0078706_18125154.jpge0078706_18125965.jpg


     観世流能 「嵐山)あらしやま)」 生一知哉
      大和吉野山の千本(ちもと)の桜を、嵐山に移し植えたが、その桜の花を守っているのは吉野の神々。
      木陰を清めていた老夫婦は、嵐山の桜は子守・勝手の神々が時折現れ守護する神木と語る。やがて神
      の姿で現れ、花の下で華やかな相舞を舞う。続いて蔵王権現も来臨し豪快な所作を見せ、三神は実
      は一体であると言って、衆生を助け、国土を守る誓いをなして御代を祝福する。
      華やかで変化に富み、楽しくめでたい祝いの曲。

e0078706_181579.jpge0078706_1815189.jpg

e0078706_1815275.jpge0078706_18153767.jpg

e0078706_18154682.jpge0078706_18155455.jpg



e0078706_11482483.jpge0078706_11485918.jpg

[PR]
by easysailing | 2011-01-09 18:00 | 演能日誌

西条市 石鎚能

平成20年2月16日(土)午後2時始
場所 愛媛県西条市神拝甲79番地4
     西条市総合文化会館
演目
金剛流仕舞「八島(やしま)」 今井清隆

e0078706_2085718.jpg

大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山七五三 茂山千五郎
 留守中に二人の冠者が酒を盗んで飲むのに気が付いた主人は一計を思いつき、次郎冠者を棒で縛り、太郎冠者も縛り付け安心して出かける。飲めなくなれば尚更飲みたくなるのが酒飲みの性、盗み酒がバレた二人は・・・

e0078706_2020298.jpge0078706_20204451.jpg

e0078706_20212934.jpge0078706_20214364.jpg


金剛流能「船弁慶(ふなべんけい)」 金剛永謹(金剛流宗家)
 義経は兄頼朝にあらぬ疑いをかけられ西国に逃げようとする。弁慶の進言で都からついてきた静御前を帰らせるが、静御前は別れを惜しみ酒宴の中で名残の舞を舞い、泣く泣く都へ帰っていく。一同は船に乗り込み沖に漕ぎ出すが、にわかに風が変わり海は大荒れになる。吹き荒れた海上に平知盛の亡霊があらわれ長刀を振りかざし自分と同じように義経を海に沈めようと襲いかかってくる。

e0078706_20424951.jpge0078706_2043284.jpg

e0078706_20434399.jpge0078706_20435835.jpg

e0078706_2044471.jpge0078706_2045685.jpg

e0078706_20454718.jpge0078706_2046914.jpg


 NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-02-16 20:00 | 演能日誌