薪御能初日

薪御能  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
     で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
     869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最
     も盛況を極めたといわれています。
     15日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、16日は春日大社若宮社で「御社上り
     (みやしろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡
     般若の芝で「南大門の儀」が執り行われます。

薪御能 一日目
日時 5月15日(金)(開催日が5月第3金・土曜日に変更になっています)
     咒師走り(しゅしはしり)の儀 午前11時始
         ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
         を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめ
         でたい章句がつくのが特徴です。
場所 奈良市春日野町春日大社舞殿
演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高 
        「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山茂
        「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎
        「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_10430127.jpge0078706_10430511.jpg
e0078706_10430827.jpge0078706_10431175.jpg
e0078706_10431410.jpge0078706_10431730.jpg

 南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
       (初日は雨天のため奈良県文化会館国際ホール
演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」
         当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
         を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありま
         せんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
         (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられま
         す。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。
e0078706_11062248.jpge0078706_11062662.jpg

    演目 宝生流能 「巴(ともえ)」 辰巳満次郎
木曽の山家をでて都を目指す僧が、琵琶湖のほとり粟津の原までやって来る。そこで、涙を流し神に祈る女
に出会い僧が言葉を掛ける。女は松の木陰で夜もすがら読経して木曾義仲を弔うよう頼み姿を消す。
夜も更け回向する僧達の前に巴の霊が甲冑姿で現れる。女であるが故に召し具されなかった恨みが執心と
なり、未だ晴れやらぬと訴え主の最期の有様を詳しく語って聞かせる。
合戦のさなか義仲より肌身の物を持ち木曽へ向かうよう言いつけられ、共に自害も出来ずただ泣くばかり
であったと。敵方が多数押し寄せ長刀で追い払い再び主君の元へ戻ると自害の後で、巴は小袖を抱き小太刀
を持って木曽へ落ちていった事を語り、僧に回向を頼み消えていく。
e0078706_11085981.jpge0078706_11090498.jpg
     火入れ 興福寺衆徒
e0078706_11175515.jpg

   大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山童司 茂山あきら 丸石やすし
主からいつもの酒屋へ行って酒を求めてこいと命じられた太郎冠者。酒屋の亭主からは借金を返し終わる
までは渡さぬと断られるが、亭主が話し好きをさいわい尾張の津島祭り見物の話しをし、酒樽を千鳥に見
立て謡いながら持ち帰ろうとするが失敗。次には酒樽を山鉾に見立て曳く仕草を、次には流鏑馬の仕草をと。
e0078706_11195119.jpge0078706_11195584.jpg

   金春流能 「野守(のもり)」 金春流宗家金春安明
羽黒山の山伏が大峰葛城山に行く途中、春日の里に着き、折りよく出会った老人に謂れのありそうな池に
ついて尋ねると、自分達のような野守が姿を写すので「野守の鏡」と言うと答え、本当の野守の鏡とは昼
間は人となり、夜には鬼となって野を守る鬼神の持っていた鏡の事だと語る。山伏がまことの鬼の
持つ野守の鏡を見たいというと、それを見れば恐ろしく思うだろうから、この水鏡を見るようにと言い捨
てて、老人は姿を消す。
里人に野守の鏡について詳しく聞かされ、先程の老人は鬼の化身かと思い姿を消した塚の前で祈っている
と、鬼神が野守の鏡を持って現れ、天地四方八方をくまなく写しだし、すはや地獄に変えるぞと、大地を
踏み破って奈落の底へ入って行く。
e0078706_11221673.jpge0078706_11222178.jpg

        附祝言

[PR]
# by easysailing | 2015-05-15 21:00 | 演能日誌

櫻間初花会

第23回櫻間初花会
 日時 5月5日(火)正午始
 場所 埼玉県越谷市花田こしがや能楽堂
 演目 金春流仕舞「高砂」「鶴亀」他 金春流シテ方今井節 社中
       独吟「葛城」他
       連吟「松風」
       仕舞「玉之段」 政木哲司
         「田村」キリ 長谷猪一郎
    金春流能「初雪」 今井節
       櫻間初花会の子供達が子方を務めました。
e0078706_10052364.jpge0078706_10052659.jpg
e0078706_10052909.jpge0078706_10053243.jpg
写真提供 写真家松村康史氏
[PR]
# by easysailing | 2015-05-05 18:00 | 演能日誌

東大寺盧舎那大仏慶讃能

東大寺盧舎那大仏慶讃能
 日時 5月2日(土)午後3時始
 場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台
     盧舎那大仏の造顕を発願した聖武天皇の御忌法要「聖武祭」の慶讃行事として催されました。
 演目 観世流仕舞「玉之段(たまのだん)」 山下麻乃
         「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」 佐野和之
e0078706_09192651.jpge0078706_09193042.jpg
    金春流連吟「田村(たむら)」 辻本實
e0078706_09205190.jpg
   観世流能「弱法師(よろぼし)」 山中雅志
e0078706_09222619.jpg

e0078706_09224315.jpge0078706_09224720.jpg
[PR]
# by easysailing | 2015-05-02 18:00 | 演能日誌

川越能

川越能
 江戸川川越まつり
  徳川家康没後400年 川越市民会館閉館記念イベント
 4月17日(金)
 川越市郭町1丁目18番地7 川越市民会館 
 第一部 午前12時始
   能学入門講座
    NPO法人奈良能理事長 石原昌和 ほか
  無料です。
 第二部 午後2時始
  観世流舞囃子 「羽衣(はごろも)」 観世喜之
  大藏流狂言 「仏師(ぶっし)」 大藏彌太郎 大藏基誠
  観世流能  「船辨慶(ふなべんけい)」 観世喜正
 特別席 8.000円
 一般席 5.000円
 学生席 4.500円
  何れも全席指定(税込)
e0078706_16055295.jpge0078706_16055205.jpg



[PR]
# by easysailing | 2015-04-17 21:00 | 演能日誌

春の大神祭後宴能

春の大神祭 後宴能
  日時 4月10日正午始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
(本年は雨天の為大礼記念館にて)
  演目  金春流素謡「翁(おきな)」櫻間右陣
         神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはありません。
      観世流仕舞「嵐山(あらしやま)」 大槻裕一
e0078706_15585554.jpge0078706_16024352.jpg
      大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」 茂山千三郎 網谷正美 丸石やすし
          福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
          笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
         三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
         地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_16041257.jpge0078706_16041779.jpg
e0078706_16042180.jpg
      観世流能「三輪(みわ)」 大槻文藏
       三輪に住む玄賓僧都(ワキ)のもとに毎日樒と閼伽の水をもって来る女(前シテ)がいた。
       今日も訪れた女は「罪を助けてほしい」と僧都に頼み、夜寒になったから衣を一重ね賜りたい
       と言うので僧都が衣を与え、住家を尋ねると「三輪山の杉のあたり」と答えて帰って行く。
       三輪明神に参詣した里人は神木に僧都の衣がかかっているのを不審に思い、僧都に告げる。
       僧都が庵を出て明神に参詣すると杉の枝に衣がかかっており、その裾に神託の歌がしるしてあった。
       やがて三輪の明神(後シテ)が現れて、三輪のしるしの杉にまつわる神婚説話を物語り、天の岩戸
       隠れの故事を再現して神楽を舞い、三輪の神と伊勢の天照大神とは一体分身だと説くが、いつしか
       夜も明け僧都の夢はさめる。
       三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事記によ
       れば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。
e0078706_16064538.jpge0078706_16063800.jpg
e0078706_16064232.jpge0078706_16064899.jpg
e0078706_16065177.jpg
      金剛流仕舞「網の段(あみのだん)」 金剛龍謹
      金春流仕舞「船弁慶(ふねべんけい)」 長谷猪一郎
e0078706_16101704.jpge0078706_16102080.jpg
      金剛流能「乱(みだれ)猩々乱とも」
       猩々は「口円くして突出で身長四尺ばかり、赤褐色にして性質緩慢なり。想像上の獣、人語を解
       し髪長くして赤く、声小児の唏くがごとく。好みて酒を飲む」という。
       中国金山の麓に住む高風(ワキ)は、ある夜不思議な夢を見、揚子の市に出て酒を売るうち次第に
       富貴となる。市の立つ毎に酒を飲みに来る者がいて、いくら飲んでも顔色変わらず不思議に思い名
       を尋ねると海中に住む猩々と名乗る。ある秋の月夜に高風が潯陽の江のほとりで壷に酒を用意し
       待っていると、海中より猩々(シテ)が現れ酒を酌み交わし舞を舞い、高風の心の素直さを褒め汲
       めども尽きぬ泉の酒を壷にいれ授ける、と言うところで高風の夢は覚めるが夢中の壷は残り、高風
       の家は末長く栄える。
       通常は「中ノ舞」を舞うがそのかわりに「乱」を舞う場合は曲名を「乱」と称し、舞の中心部に
       乱特有の囃子にのった特殊な舞があり、酔った猩々が波に戯れる様を表し特殊な足つかいがある。
       面はこの曲専用の猩々、赤づくめのいで立ち。
e0078706_16113664.jpge0078706_16113906.jpg
e0078706_16114298.jpge0078706_16114562.jpg
 後宴能終了後、御供まきが行われました。
 また玄関では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれました。
e0078706_16343238.jpge0078706_16342844.jpg

[PR]
# by easysailing | 2015-04-10 18:00 | 演能日誌

奈良先端科学技術大学院大学 入学式

奈良先端科学技術大学院大学 入学式
 日時 4月6日(月)10時40分始
   関係者だけの演能です。
[PR]
# by easysailing | 2015-04-06 12:00 | 演能日誌

第37回なら芝能

第37回なら芝能
  日時 3月22日(日)
  第一部午後1時~2時 
場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
   解説とワークショップ 本日の演目・面・装束解説
    NPO法人奈良能理事長 石原昌和 ほか
  参加料 2.000円(第二部なら芝能にてイス席を用意しました。)
  第二部午後2時30分~4時 
場所 奈良市登大路町30 奈良県庁前芝生広場
  立席者は無料
  演目 子供狂言  「口真似(くちまね)」
     金春流仕舞 「杜若(かきつばた)」 長谷猪一郎
     一調    「氷室(ひむろ)」 前川光範 山中雅志
e0078706_09112918.jpg
     大藏流狂言 「因幡堂(いなばどう)」 茂山正邦
 妻が大酒を飲み所帯の事はなにもしないので、愛想をつかし妻が実家に帰ったのを幸いに
離縁状を届けさせる。とは言うものの一人暮らしは不便と、因幡堂のお薬師様に妻乞いをす
るため出掛ける。お薬師様に祈誓し、通夜をしようと眠りに入る。
 さて、親里に離縁状を届けられた妻は大いに腹を立て、聞けば因幡堂に妻乞いに行ったと
いうが、その真偽を確かめるため因幡堂にやって来る。眠っている夫を見付け、薬師如来で
あるかのように霊夢の告げを与える。目を覚ましその告げを喜んだ夫・・・さてどうなります事か。
e0078706_09192835.jpge0078706_09200435.jpg

     観世流仕舞 「谷行(たにこう)」 山下麻乃
     観世流仕舞 「雲雀山(ひばりやま)」 塩谷恵
     観世流仕舞 「阿漕(あこぎ)」 佐野和之
e0078706_09294844.jpge0078706_09295287.jpg
e0078706_09295894.jpg

     金春流能  「巴(ともえ)」 櫻間右陣 木曾の山里から近江国粟津原にやってきた僧(ワキ)は、松の木陰の社に参詣し涙を流している女(前シテ)に出会う。不審に思った僧がたずねると、義仲がまつられている社であり、故郷を同じくする僧に義仲の菩堤を弔うよう勧め、実は自分も亡者であると明かして草陰に姿を消す(前場)。僧は神社に参詣に来た里人(アイ)に義仲と巴の物語りを聞き、その勧めにより読経して跡を弔っていると、先程の女が甲冑を帯し長刀を持った巴の霊(後ジテ)として現れる。義仲の討ち死の様子、巴最後の戦いの様を見せ、女であるために義仲と最期を共に出来なかったことを恨み嘆き、形見の品をもって一人落ちのびたが、その執心を晴らしてほしいと僧に回向を頼み消え失せる。
e0078706_09344794.jpge0078706_09345468.jpg
e0078706_09345837.jpge0078706_09350294.jpg
e0078706_09350732.jpg

[PR]
# by easysailing | 2015-03-22 18:00 | 演能日誌

謡とお茶と舌鼓の集い

謡とお茶と舌鼓の集い
  日時 2月8日(日) 午前10時始
  場所 奈良市登大路町(近鉄奈良駅東すぐ) 春日ホテル
    二條流煎茶と裏千家のお茶を頂きながら、金春流・観世流仕舞と謡いを楽しむ会です。
[PR]
# by easysailing | 2015-02-08 18:00 | 演能日誌

新春わかくさ能

新春わかくさ能
 1月10日(土)
 奈良市春日野町101奈良県新公会堂能楽ホール
エントランスホールでは面・装束の展示。今年は船弁慶にちなんだ装束・道具が展示されました。
e0078706_11282412.jpg

 演目
   第一部午後1時~午後2時 能学入門と体験講座(無料)
     NIPO法人理事長 石原昌和 井戸良祐 森山泰幸 荒木建作
      本日の演目、「船弁慶」の解説・仕舞が演じられた後、観世流大鼓方森山泰幸師、大倉流小鼓方荒木建作師による体験講座が開かれました。
e0078706_1112285.jpge0078706_11124282.jpg
e0078706_11131572.jpg


   第二部午後2時始め(有料)
     金春流仕舞 「岩船(いわふね)」 長谷猪一郎
「岩船」は宝を積んだ岩船が摂津津守の浦に着き、龍神がその宝を帝に捧げる、初番に演じられるめでたい脇能物。
仕舞は「岩船」の最後、龍神が帝に宝を捧げるところ。

     金春流仕舞 「草紙洗小町(そうしあらいこまち)」 佐藤俊之
清涼殿の歌試合。小野小町は自作の歌を大伴の黒主によって、あたかも古歌のごとく古草紙に偽りの加筆をされる。そこで小町は願い出てこの草紙を洗ったところ、後筆の文字が流れ小町の疑いは晴れる。小町は身を恥じる黒主を許し、天皇と日本国を祝い、大和 歌を称える舞を舞う。
仕舞は小野小町が最後に舞う祝祭と許しの舞。 
e0078706_11161517.jpge0078706_11162818.jpg


     金春流舞囃子 「敦盛(あつもり)」 金春穂高
一ノ谷の合戦で討ち取った平家の公達敦盛の菩提を弔う為に、再びかっての戦場を訪れた源氏の武将熊谷直美は今は出家し蓮生法師となり、念仏を唱え弔うと、ありし日の武将姿の敦盛の霊が現れる。平家一門の栄枯盛衰を語り、今様を歌い舞い笛を吹いた管弦の遊びを思い出しつつ舞う。続いて見方の船に乗り遅れ、熊谷との組合い打たれた最後の様を見せ、「敵はこれぞ」と蓮生を討とうとするが、弔ってくれる人はもはや敵では無いと太刀を捨て回向を頼み消えていく。
「敦盛」の見どころを紋付袴姿で舞う。
e0078706_11165645.jpge0078706_1117931.jpg 


     大藏流狂言 「伯母ケ酒(おばがさけ)」 茂山千三郎 茂山千五郎
酒屋を営む伯母の元へ今日こそはただ酒を飲もうと甥がやって来る。ところが伯母はけちん坊なので酒を振る舞ってはくれない。今日も断られ仕方なく店を出たもののどうしても酒が飲みたいものと思いついたのが鬼が出るという作り話。
さて鬼の面をかぶった甥は・・・・
e0078706_08194622.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1118298.jpg
e0078706_11185817.jpge0078706_11191256.jpg


     金春流能 「船弁慶(ふねべんけい)」遊女ノ舞 替ノ出  櫻間右陣
兄頼朝にあらぬ疑いをかけられ追われる身となった義経は、しばらく西国の方に落ちようと弁慶らわずかな家来を連れ都を出て大物浦に着く。これまで義経を慕ってついてきた静御前に、都に帰り時節を待つように命じると、静は仕方なく別れの舞を舞い都へ泣く泣く帰って行く。
義経一行を乗せた船の周りの景色が急変し、大波が押し寄せ荒れに荒れる中平家一門の亡霊が浮かび出、公達の知盛が襲い掛かる。
「遊女ノ舞」では常より静の思い悲しみが深く表され、「替ノ出」では怨霊の恨み、戦いの激しさが強く表現される。
e0078706_08265697.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_11203298.jpg
e0078706_08293023.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1121497.jpg
e0078706_08323835.jpg写真提供 写真家松村康史氏e0078706_1122382.jpg

[PR]
# by easysailing | 2015-01-10 18:00 | 演能日誌

談山神社 新春奉納

談山神社 新春奉納
  1月2日午後1時始め談山神社舞殿にて談山能が催されました。
  桜井市多武峰 談山神社
  演目 金春流素謡 「翁(おきな)」 徳田彰 多田晃英
      金春流仕舞 「岩船(いわふね)」 船内和美
      観世流素謡 「鶴亀(つるかめ)」 岡巌 大久保勝人
      観世流仕舞 「鵺(ぬえ)」 中井椰就
      金春流仕舞 「西行桜(さいぎょうさくら)」 高山まや
           連吟 「杜若(かきつばた)」 おたっしゃ謡曲部
      金春流仕舞 「東北キリ(とうぼく)」 今井節
      観世流仕舞 「海士キリ(あま)」 山中景晶
      観世流仕舞 「玉之段(たまのだん)」 井戸良祐
      世流仕舞 「葛城(かずらき)」 山下麻乃

      日本舞踊奉納 坂本晴寿恵社中
        春日影 尾崎浩一
        重ね扇 浜町佳代
        白扇  菊弥
        鶴の寿 坂本晴寿々月
        初鴬  坂本晴寿恵
[PR]
# by easysailing | 2015-01-02 16:00 | 演能日誌