能の流派

能のシテ方(主役)
世界無形文化遺産「能楽」は、大和猿楽四座、 結崎座(観世流、川西町) 外山座(宝生流、桜井市)円満井座(金春流、田原本町) 坂戸座(金剛流、斑鳩町)をルーツとし、奈良県が発祥の地です。

観世流 流祖観阿弥は三重県上野市に座を起こし、奈良の結崎に移り結崎座を名乗り観世座と称した。
   現在の宗家は26世観世清和 宗家の他に分家で銕之丞家、梅若六郎家があり関東・関西に多数の弟子家があり能楽協会に登録されている会員数の最大流派。(人間国宝片山九郎右衛門を輩出)
     奈良県川西町寺川畔に「観世流発祥の地」の石碑がある

宝生流 流祖は観阿弥の長男宝生太夫、もしくは観阿弥の子蓮阿弥。大和猿楽の外山座の流れをくむ
   現在の宗家は19世宝生英照
     奈良県桜井市宗像神社境内に「宝生流発祥の地」の石碑がある

金春流  流祖は秦河勝もしくは毘沙門王権守。大和猿楽の円満井座の流れをくむ。一番古い流派といわれている。
   現在の宗家は80世金春安明
     奈良市興福寺境内に「薪能金春発祥の地」の石碑がある

金剛流 大和猿楽坂戸座の流れをくむ。「舞金剛」と言われる豪快の中にも優美、華麗さを持った芸風が特徴
   現在の宗家は26世金剛永謹(京都在住)
     奈良県斑鳩町竜田神社境内に「金剛流発祥の地」の石碑がある

喜多流 流祖は金春と金剛との間に生まれた者で謡は金春、型は金剛と言われてます。最後に能5流の1派に入りました。
   現在の宗家は16世喜多六平太

能のワキ方(助演)
高安流 現在の宗家は14世高安勝久
福王流 現在の宗家は16世福王茂十郎
宝生流(下掛宝生流) 現在の宗家は12世宝生閑
       人間国宝 宝生閑を輩出

囃子方
笛方
   一增流(人間国宝藤田大五郎を輩出)、森田流、藤田流
小鼓方
   幸流、幸清流、大倉流、観世流
大鼓方
   葛野流、高安流、大倉流、石井流、観世流
太鼓方
   観世流、金春流

狂言方
大藏流 流祖は金春禅竹の子四郎次郎とされる。
    現在の宗家は25世大藏彌太郎、宗家の他に山本東次郎家、茂山千五郎家(人間国宝茂山千作を輩出)、茂山忠三郎家、善竹弥五郎家等がある
     奈良市ならまちに「大蔵流宗家屋敷跡」の石碑がある
和泉流 流祖と見られる山脇和泉守元宜は尾張藩に仕え、名古屋・京大坂・金沢に勢力を張っていた。
     三宅藤九郎家、野村万蔵家・万作家(人間国宝野村萬を輩出)、野村又三郎家がある
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 03:00 | 今更聞けない初歩講座

狂言について

狂言は、能と同じく大和猿楽から発展し、猿楽の滑稽さを洗練した伝統芸能です。

狂言には、皆さんが俗に言う狂言「本狂言」と能の中で演じられる「間狂言」があります。また別格に「翁」の中で演じられる「三番三(さんばそう)」があります。

狂言にも能と同じように分類がされています。
脇狂言
  脇能と同じく天下泰平・繁栄を祝う物語。「福の神」(大神神社御宴能でいつも演じられています)「末広がり」など
大名狂言
  威張ってる割に抜けた大名がシテを勤める物語。「萩大名」「靫猿」など
小名狂言(しょうみょうきょうげん)
  酒好きであり、利口ながらも間の抜けた太郎冠者がシテを勤める物語。「附子」「棒縛」など
聟女狂言
  聟が男勝りの嫁とか舅との、または夫婦の物語。「二人袴」「二九十八」など。
鬼山伏狂言
  恐ろしい鬼が実は臆病であったり、山伏の失敗を笑いにした物語。「蝸牛」「柿山伏」など
出家座頭狂言
  形ばかりの出家者の僧や座頭が引き起こす物語。「布施無経」「猿座頭」など
集狂言(あつめきょうげん)
  上記の分類に収まらない物語。「茶壷」「釣狐」など
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 02:00 | 今更聞けない初歩講座

面、装束


能面の種類は200種類以上ありますが、大別して6種類に分かれます。
翁面:「翁」で用いられる物
尉面(じょう): 脇能等で用いられる老人の面
男面: 老人以外の男面で童子の面もあります
      源氏の面は赤い面で目が丸い等。平家の面は白い面で目が細い等。
女面: 女の面で喜怒哀楽のはっきりしない面です。「能面のような表情」とはこの女面をさしているのでしょう。
      輪郭が丸いと若い女、目が四角く抜いてあると優しく見えます。
      また毛書きが少ないほど若い女で、毛の本数が増え、乱れるほど年をいった女になります。
鬼神面: 神々の怒りや鬼の強さなどを表す面。牙がありません。
怨霊面: 死霊や生霊を表した面です。代表に般若面があります。
狂言面: 狂言にも面がありますが、能面より表情が豊かです。

能面は、顔より少し小さく作られています。材質は一般的には檜で作られており、面裏は漆が塗られています。目は開いていますが、視野が狭く、柱であったり橋掛りの松であったり、能舞台の板の枚数で演技しています。
上演中写真撮影でフラッシュをたかれ目にはいると、しばらく何も見えない状態になりますので、繰り返し写真撮影お断りのアナウンスが入るのは版権の問題もありますが、実質的にこのためです。



装束
能装束: 能初期の頃は質素な物でしたが、江戸時代に様式が決まり豪華絢爛たる物になりました。
      素材はほとんどが正絹です。男性・女性の物、上着・内着・袴・仮髪・冠り物・帯等様が曲目にあわして組み合わされます。
狂言装束: 能装束に比べ質素で、素材は麻です。また足袋色は黄色であったりします。
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 01:00 | 今更聞けない初歩講座

作り物、小道具

作り物
能には大道具はなく、家や車・立木等必要な物だけが演能の度に作り、解体されます。そのため「作り物」といわれています。
素材はほとんど竹で、ボウジと呼ばれる細布でまかれ様々な形を表します。山の場合・4本の竹を立て天井に草木をのせますが、宮の場合は天井部分に赤布で巻いたひさしをのせたりします。極めて簡素化され、演者の語りとか謡でそれを想像させる物です。究極は「船弁慶」で用いられる船です。形はまさに「舟」の文字そのもので船べりも船底もなくボウジで巻いた骨組だけで船を思い浮かばされます。
その他「道成寺」の鐘(竹篭に引きまわしと呼ばれる幕で形を整えた鐘)、「鉄輪」等で使われる一畳台(木製で毛せんで覆った台)等があります。また「引きまわし」は山や船を覆ったり、演者が舞台上で装束換えをする時に隠したり様々に使われます。

小道具
小道具の代表的な物に扇と葛桶があります。
演者は必ず扇を持ち舞台に出ますが、曲別に決まった専用扇を使ったり、役柄、面、装束に組み合わし使い分けする扇があります。
 「翁」には松竹、鶴亀図案のめでたい扇といったように、シテ方が使う神舞・修羅・髷・鬼扇には多彩な文様図案が描かれています。一方ワキ方が使う扇は白骨で墨絵等が描かれ単純な文様になっています。
葛桶は、黒漆塗り・蓋付きの桶で能の場合は主にイスとして使われますが、狂言の場合は杯であったり、酒樽あるいは柿の木に見たてたりします。
その他、竹杖、刀、鏡等があります。
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 00:00 | 今更聞けない初歩講座

能舞台制作、所作台レンタル、音響・照明運営、

NPO法人奈良能では、演能・狂言番組への出演、企画立案・実施運営のみならず、舞台制作・音響照明企画実施運営も致しております。また能に限らず、伝統芸能で使用することの出来る、能舞台、所作台レンタルも致しております。
お問い合わせ頂きましたら、資料をお送り致します。

特定非営利活動法人 奈良能
   理事長 石 原 昌 和
〒630-8271 奈良県奈良市坊屋敷町42
tel0742-22-2660
e0078706_103877.jpge0078706_11519.jpg


e0078706_18323170.jpg
e0078706_18333485.jpg
[PR]
# by easysailing | 2005-09-23 01:02 | 能舞台制作、音響・照明

能・狂言公演への出演、企画制作・プロデュース

正会員のよる能・狂言の公演(能5流、観世・金春・宝生・金剛・喜多、狂言2流、大藏・和泉)、ワークショップ、雅楽、邦楽、日舞、歌舞伎オペラ等の企画・制作・プロデュース

e0078706_0263273.jpg
e0078706_0281125.jpg


e0078706_0285869.jpg
e0078706_0294495.jpg


e0078706_0302918.jpg
e0078706_0311346.jpg


e0078706_0311788.jpg
e0078706_0315630.jpg


e0078706_1953831.jpg
e0078706_19565921.jpg
[PR]
# by easysailing | 2005-09-23 00:54 | 演能への出演、制作

奈良能 設立趣旨

特定非営利活動法人奈良能
趣 旨
能楽をはじめとした伝統芸能、又日本人の精神性に深く関わる茶道等の文化の発祥地である奈良において、能楽、狂言、雅楽、日舞、茶道、華道等の伝統芸能文化の振興及び普及並びに異国文化との交流に関わる催しを開催することをもって、伝統芸能文化の保存育成を図ることを第一義として行う。
  又、これら芸能文化を海外に紹介することによって日本理解を深め、国際理解の促進に寄与したい。さらに、教育の現場において求められている三味線、太鼓をはじめとした和楽器を取り入れた教育の普及に助言、協力を行い、日本の伝統芸能文化を担う子供達を育むことを目的とする。特に、これら伝統芸能文化の発祥のこの奈良の地においてこれら芸能文化の定着を図りたい。

会員構成
  正会員は能楽界の人間国宝4名を顧問に、シテ方に観世・金春・金剛流、ワキ方に下宝生流、笛方に森田・一噌流、小鼓方に大倉・幸流、大鼓方に石井・大倉・葛野・高安流、太鼓方に金春・観世流、狂言方に大藏・和泉流の能楽師50名、他に賛助会員100名から構成されている。

毎年の定期催能
  わかくさ能、大神祭能、春日・興福寺薪御能、東大寺能、唐招提寺能、談山能、土舞台篝能、一休寺能、金峯山寺能、高野山能、芝能、なら燈花会能、しまなみ海道薪能、上野城薪能、他多数

海外公演
 中国・揚州大明寺、中国・北京大劇院、オーストラリア、シンガポール、フランス、スイス、アメリカ、
本年は台湾、ドイツ、ポルトガル


特定非営利活動法人 奈良能
   理事長 石 原 昌 和
〒630-8271 奈良県奈良市坊屋敷町42
tel0742-22-2660
[PR]
# by easysailing | 2005-09-21 11:40 | 奈良能 設立趣旨

第21回一休寺能

9月19日一休寺方丈(重文)にて
名勝指定されている方丈庭園に上がる月を愛でながら、一休禅師像の前で目と鼻の先での能・狂言が演じられた


演目 能「雪」ゆき 金剛流宗家 金剛永謹
        諸国一見の僧が奥州から天王寺参詣に向かう途中、俄に大雪となりしばらく休
        んでいると、雪の中から女性(雪の精)が現れ、自分が誰であることも分からず
        自然に現れてきた身で、この迷いを晴らしてくれるよう僧に頼む。僧が仏との縁
        を結び成仏するよう進める
e0078706_16342849.jpg


演目 狂言「文荷」ふみにない 大藏流 茂山宗彦 茂山逸平 茂山童司
        主人は太郎冠者、次郎冠者に手紙を届けるよう言いつける。二人は手紙を押し
        付け合い、結局竹に通して担ぎます。二人は道端に座り読み出し、奪い合いす
        ると引き裂かれ破れてしまう。さて、太郎冠者と次郎冠者は・・・・・
e0078706_16505226.jpg


演目 能「野守」のもり 観世流 大槻文藏
        羽黒山から来た山伏が大峰葛城山に帰る途中、奈良春日の里に着く。老人(野
        守の鬼の化身)に池のいわれを聞くと、自分のような野守が姿を写すので「野
        守の鏡」いう。また本当は昼間は人間の姿となり、夜は鬼となってのこ野を守っ
        ていた鬼神の持つ鏡だと。

e0078706_174551.jpg

        
[PR]
# by easysailing | 2005-09-19 17:05 | 演能日誌

上野城薪能

9月18日観阿弥・世阿弥生誕の地、伊賀上野城を借景として満月の夜上野城薪能が行われた

演目 能「田村」たむら 金春流 桜間右陣
        東国の僧が清水寺に参詣すると、花守の童子に出会い坂上田村丸を檀那とし
        て寺が建立されたと建立縁起を語り、田村堂内陣に姿を消す。僧が夜もすが
        ら法華経を読んでいると武将姿の霊が現れ・・・・
e0078706_1718974.jpg

e0078706_14433752.jpg

演目 狂言「文山立」ふみやまだち 大藏流 茂山宗彦 松本薫
        旅人を追ってきた二人の山賊が言葉の意味の取り違いから逃がしてしまう。ふ
        たりは言い争い果たし合いにまでなってしまう。果たし合い前に遺言書を書くこ
        とになるが・・・・
e0078706_17281044.jpg


演目 能「海人」あま 金春流 金春欣三
        藤原不比等を父に持つ房前大臣は讃岐志度の海で無くなった母の追善に出
        かけ一人の海人に出会い話をきく。昔藤原不比等の子をもうけ、世継ぎにして
        くれるならということで身を犠牲にして玉を海中竜宮から取り返したと。
e0078706_1740546.jpge0078706_17432624.jpg
[PR]
# by easysailing | 2005-09-18 17:42 | 演能日誌

芝能

9月10日奈良県新公会堂にて芝能が催された
  文字どおり能舞台を設けずに芝生の上で直接舞う能発祥の姿を再現し催される。本年は
  残念ながら雨天のため、能楽ホールで演じられた。

能鑑賞講座 「能の魅力とは」 「面(おもて)と装束・実演とお話」

演目 狂言「二九十八」にくじゅうはち 大藏流 茂山あきら

演目 能「土蜘蛛」つちぐも
[PR]
# by easysailing | 2005-09-10 21:38 | 演能日誌