能楽の魅力探訪 能楽入門講座

1月8日午後1時30分より奈良県新公会堂能楽ホールにて、金春流シテ方(NPO法人奈良能理事長)石原昌和解説により能番付けによる演目・能面の違い等をわかりやすく説明され演じられた。
また解説終了後、参加者が足袋を付けて舞台に上がり、能面を付けいわば覗き孔のような目からどのようにして演者の動いてるのか体験した。
またエントランスホールでは、能面、衣裳等の展示が行われ、ビデオ上映での能の解説も行われた。
「翁付き」「式三番」
「桃香野翁」(月ヶ瀬) 南浦潔
 毎年10月23日奈良市月ヶ瀬地区桃香野八幡にて演じられている。「おひねり」の投げ入りがある興味深い形式
e0078706_22143958.jpge0078706_22175381.jpg


e0078706_22254892.jpg
e0078706_22334185.jpg


初番目物(脇能物) さわやかに澱みなく奏演される
 神霊の夢幻能「高砂」「竹生島」など
「高砂」 山中雅志
e0078706_2233536.jpg
e0078706_22341165.jpg


二番目物(修羅物) 勇壮にきびきびと奏演される
 武士の霊の夢幻能「八島」「清経」「田村」など
能面の違いが解説された
 勝修羅 源氏の物 赤い面で目が丸い等 負修羅 平家の物 白い面で目が細い等
「八島」 本田正人
e0078706_22391787.jpg


三番目物(髷物) 優美にしっとりと奏演される
 「井筒」「野宮」「雲林院」「杜若」「西行桜」「熊野」など
女面の違いが解説された
 輪郭が丸いと若い女、目が四角く抜いてあると優しく見える
「羽衣」 塩谷恵
 羽衣は昼間の能である(ほとんどの能は夜間の能)e0078706_2159691.jpg


四番目物(他の曲籍に属さない全ての能、強いていえば狂い物) 変化を尽くしておもしろく奏演される
 「三輪」「求塚」「善知鳥」「恋重荷」「三井寺」「班女」「安宅」「葵上」「道成寺」「邯鄲」など
「芦刈」 松谷吉蔵
「隅田川」 桜間右陣
  普通は榊に紙垂を付けるが、笹竹に紙垂を付け登場する。すなわち狂っている女となる
e0078706_23391150.jpg
e0078706_23395268.jpg


e0078706_23404976.jpg


五番目物(切り物) 手強く運びよく奏演される
 「融」「野守」「殺生石」「紅葉狩」「羅生門」「鞍馬天狗」など
「野守」 山中雅志
e0078706_22442020.jpg


「翁付き」の場合最後にめでたい能を演じる。これを特に祝言と称する「石橋」「猩々」など
 「翁付き」でない場合、祝言は演じないが、地謡が祝言の能の最後の数句を謡う。これを「付祝言」という
「猩々」 山中雅志
e0078706_2245524.jpg
e0078706_22462485.jpg


能番組解説後、入門講座参加者が用意された足袋を履き、舞台に上がり能面を付けてもらい視界の狭さや仕草の一部を体験した
e0078706_23483757.jpg
e0078706_23492076.jpg


e0078706_23495783.jpg
e0078706_23505743.jpg


e0078706_2352558.jpg
e0078706_2353518.jpg


エントランスホールでは能面・衣裳の展示、翌日の」土蜘蛛」の作り物の展示が行われ、ビデオ上映もされた
e0078706_23315846.jpg
e0078706_23332535.jpg


e0078706_23422469.jpg
[PR]
# by easysailing | 2006-01-08 21:53 | 演能日誌

談山能

1月2日午後1時より談山神社舞殿にて談山能が催された。
 談山能は、全て仕舞による奉納
神楽式 談山翁 金春流 本田正人
  正月の初会など特別な催しの際の初頭に演じられる。天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祈 祷する儀式性の濃い曲で、「能にして能にあらざる曲」。囃子方や地謡といった普段装束をつけない人たちも全員が侍烏帽子に素襖裃の礼装
高砂 金春流仕舞 南浦潔
江口 金春流仕舞 今井節
芦刈 金春流仕舞 松谷吉蔵
西行桜 観世流仕舞 山中雷三
自然居士 観世流仕舞 山中雅志

他日本舞踊 坂本晴寿恵社中にて奉納された
[PR]
# by easysailing | 2006-01-02 21:05 | 演能日誌

IATTSフォーラム芝能

平成17年11月12日
 IATTSフォーラム
  場所 鈴鹿市 鈴鹿サーキット
  演目 能「翁」おきな 金春流 桜間右陣
          天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祈祷する儀式性の濃い曲で、「能にして能
          にあらざる曲」。囃子方や地謡といった普段装束をつけない人たちも全員が
          侍烏帽子に素襖裃の礼装         
      能「一角仙人」いっかくせんにん 観世流 山中雅志
          インドの山中に住む一角仙人は龍神と争い、彼らを岩屋に封じ込めたため降
          雨が無かった。憂慮した国王は美貌の旋陀婦人を仙人に送り込みむ。色香
          に迷った仙人は・・・・・ 
e0078706_10505948.jpge0078706_1051298.jpg

e0078706_1052626.jpge0078706_10533731.jpg

e0078706_10541633.jpge0078706_10544234.jpg
[PR]
# by easysailing | 2005-11-12 18:00 | 演能日誌

紫峰能

平成17年10月18日午後5時
 紫峰能
   場所 茨城県土浦市土浦市民会館
   演目 一管「獅子」しし 一噌流 藤田大五郎(人間国宝) 
              笛のみ
       狂言「仏師」ぶっし 和泉流 野村万作
          堂を建立した田舎の男が仏像を買い求めに都に上がる。そこにすっぱ
          が自分こそ真の仏師と称して現れる。すっぱが翌日男に仏像を渡すが、
          印相が気にいらないと。すっぱは堂の裏を使い何度も男の気に入るよう
          印相を作り替えるが。
       能「鑑真大和上」がんじんだいわじょう 金春流 桜間右陣
          新作能 奈良唐招提寺鑑真和上の渡来から戒律を与える物語
           初演 平成14年10月中国揚州大明寺
[PR]
# by easysailing | 2005-10-19 21:00 | 演能日誌

台湾公演

平成17年10月8日~9日 台湾「2005亜太芸術論壇」
台湾行政院より委託を受けた国立台北芸術大学が「神々の戯れ:アジア太平洋の演劇文化における「偽装芸術」(仮面劇)」をテーマとした舞台演劇を日本他アジア太平洋地域の20団体に要請しNPO法人奈良能が招聘を受けた催し。
   
 10月7日 台北開幕セレモニーにて
   金春流能「土蜘」 桜間右陣
 10月8日 宣蘭伝統芸術センターにて
   ワークショップ 能面と装束について
    解説 石原昌和
     「翁」「高砂」「屋島」「羽衣」「隅田川」「春日龍神」「野守」
      金春流本田正人、南浦潔  観世流山中雅志 ほか
    その後能面を付け、舞台体験を行った
   金春流能「一角仙人」 桜間右陣
 10月9日 国立台北芸術大学
  ワークショップ 能面と装束について
    解説 石原昌和
     「翁」「高砂」「屋島」「羽衣」「隅田川」「春日龍神」「野守」
      金春流本田正人、南浦潔  観世流山中雅志 ほか
    その後能面を付け、舞台体験を行った
   金春流能「一角仙人」 桜間右陣
e0078706_16575419.jpg
e0078706_16581891.jpg


e0078706_16585995.jpg
e0078706_16592569.jpg


e0078706_171148.jpg
e0078706_1714569.jpg

 
[PR]
# by easysailing | 2005-10-10 20:00 | 演能日誌

能の進行

能の進行はおおよそ下記の状態で進められます

「お調べ」開演直前に舞台裏から囃子が聞こえます。これは楽器の調整をしていますが、観客にはこれから始まりますよの合図でもあります

切戸口より地謡が登場。脇正面を向いて着座する

作り物がある場合、地謡の後に橋掛りを通り運び込まれます。

揚幕を片幕(片方だけ開けます)にて、囃子方が登場。笛、小鼓、大鼓、太鼓の順にて後座に着座する

揚幕を本幕(揚幕に付いている2本の竿にてまくり揚げます)にて、ワキ方が登場。常座にて演技を行い角を経て脇座に着座する
 ワキ方は助演ですが、最初に演技をし、その後最後まで身動きせず脇座にて座ってる場合が多々あります

揚幕を本幕にて、前シテ方が登場。常座から角、脇座前を経て、大小前にて演技
  前シテは、能の前半分に登場し、物語のキーワード等語り演技します。後シテの化身した形が多いです

「中入り 前シテが退場、間(アイ)が登場(前シテの前に登場することも多々あり)
    中入りの時に、シテ方は前シテと後シテで面・装束が違うため着替えのため舞台袖に入ります
   演目により中入りがない時は、シテ方は舞台上で着替えを行います
 
揚幕を本幕にて、後シテが登場、演技します
  後シテは、鬼、亡霊等で能の後半部に登場し、演目の最高潮を迎え、激しく立ち回ります

後シテが橋掛りを通り退場

ワキ方が橋掛りを通り退場

囃子方が橋掛りを通り退場

地謡が付祝言を謡う。

地謡が切戸口から退場
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 07:00 | 今更聞けない初歩講座

番付の見方

能・狂言を見に行かれたら解説書・パンフレットが手渡されますが、出演者の表示に決まりがあります。平成18年1月のわかくさ能を例にとってみますと

e0078706_1826894.jpg




シテ:主役
ワキ:助演
シテツレ:シテの助演
ワキツレ:ワキの助演
子方:少年に与えられる役柄
アイ:能の始まりもしくは中程に曲の説明、物語の繋がりを語る
アド:狂言の場合の助演
囃子:笛・小鼓・太鼓・大鼓にての演奏、掛け声にての調子合わし
地謡:能の情景、物語主題を斉唱します
     後列中央に地謡の指揮者、地頭がいます
後見:舞台後方にて演者の装束の直し、作り物、小道具の出し入れを行います
     演能中、演者に不測の事態が生じたら代わりに演じます
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 06:00 | 今更聞けない初歩講座

能舞台

e0078706_9211180.jpg

能舞台は普通の舞台のような緞帳幕のような幕がなく、演者の出入り、大道具・小道具の出し入れ全てお客さんの前で行われる特異な舞台です。
本舞台 舞台の大きさは3間四方(約5.5m四方)です。舞台の下に瓶が入れられ、残響をコントロールしています。
 本舞台四方には柱が4本たっていて屋根を支える共にそれぞれに名前があり演者の目印となっています
 常座(じょうざ):演者が舞台に入りまず演技するところです
 角:演者が常座をからここに移動し演じます
 正先:舞台正面前側の位置です
 脇座:ワキ方が着座する所です
 大小前:シテ方は常座、正先、脇座前を通り大小前に着くことが多いです。またよく作り物が置かれるところです

橋掛り 巾は8尺(約2.5m)長さは決まっていませんが5間見当です(約9mから12m)
 演者の出入り、大きな作り物の出し入ればかりではなく、ここで演じられる場合は、家の内外、遠い場所、この世とあの世など様々な使われ方がします
  松が3本ありますが、一の松より三の松にだんだん低くなっていき、遠近感を表しています。また演者の目印になります

後座 囃子方、後見が座る場所です

鏡板 舞台正面には松が描かれていますが、この松は奈良春日大社一の鳥居脇にある影向の松がモチーフとなっています。
地謡座 地謡が座る場所です
狂言座 能の時、間(アイ)が座る場所です
鏡の間 いわば舞台袖で、演者が最後に装束の直し、面を着けます。そのために鏡があるため鏡の間と言われてます。
揚幕 いわば表舞台と楽屋の目隠しの幕ですが、その揚げ方には本幕、半幕、片幕等演者、演目により違いがあります
嵐窓 鏡の間から舞台の進行様子を覗き見る窓です
切戸口 地謡、後見が出入りするところです
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 05:00 | 今更聞けない初歩講座

能の種類

「翁」   能にして能にあらざる曲と言われる。正月や神事能など特別な時演じられる。
初番目物」(脇能物) 神仏等をシテとした天下泰平・繁栄を祝う物語。さわやかに澱みなく奏演される。
      神霊の夢幻能「高砂」「竹生島」など
二番目物(修羅物) 源氏・平家の武将たちの物語。勇壮にきびきびと奏演される。
      武士の霊の夢幻能「八島」「清経」「田村」など
三番目物(髷物かずらもの) 女性をシテとした恋いとか花木の精がシテの物語。優美にしっとりと奏演される。
      「井筒」「野宮」「雲林院」「杜若」「西行桜」「熊野」など
四番目物(雑能) 他の曲籍に属さない全ての能、強いていえば狂い物の物語。 変化を尽くしておもしろく奏演される。
      「三輪」「求塚」「善知鳥」「恋重荷」「三井寺」「班女」「安宅」「葵上」「道成寺」「邯鄲」など
五番目物(切物) 鬼・天狗等をシテとする物語。手強く運びよく奏演される。
      「融」「野守」「殺生石」「紅葉狩」「羅生門」「鞍馬天狗」など
祝言曲 「翁付き」場合、一日もしくは公演の最後に演じられる祝い能。
      「石橋」「猩々」など
「付祝言」(つけしゅうげん)「翁付き」でない場合、地謡が祝言の能の最後の数句を謡う。
   

略式能
「半能」 一曲の後半部分を上演する
「舞囃子」 一曲の主な部分を紋付き・羽織で囃子、地謡にて演じる。作り物はない。
「仕舞」 舞囃子より短く、紋付き・羽織で地謡にて演じる。
「素囃子」 囃子方のみで演奏。
「一調」 鼓一人と謡い手一人で演奏。
「一管」 笛一人での演奏。
「一調一管」 「一調」に笛が加わり演奏
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 04:00 | 今更聞けない初歩講座

能の流派

能のシテ方(主役)
世界無形文化遺産「能楽」は、大和猿楽四座、 結崎座(観世流、川西町) 外山座(宝生流、桜井市)円満井座(金春流、田原本町) 坂戸座(金剛流、斑鳩町)をルーツとし、奈良県が発祥の地です。

観世流 流祖観阿弥は三重県上野市に座を起こし、奈良の結崎に移り結崎座を名乗り観世座と称した。
   現在の宗家は26世観世清和 宗家の他に分家で銕之丞家、梅若六郎家があり関東・関西に多数の弟子家があり能楽協会に登録されている会員数の最大流派。(人間国宝片山九郎右衛門を輩出)
     奈良県川西町寺川畔に「観世流発祥の地」の石碑がある

宝生流 流祖は観阿弥の長男宝生太夫、もしくは観阿弥の子蓮阿弥。大和猿楽の外山座の流れをくむ
   現在の宗家は19世宝生英照
     奈良県桜井市宗像神社境内に「宝生流発祥の地」の石碑がある

金春流  流祖は秦河勝もしくは毘沙門王権守。大和猿楽の円満井座の流れをくむ。一番古い流派といわれている。
   現在の宗家は80世金春安明
     奈良市興福寺境内に「薪能金春発祥の地」の石碑がある

金剛流 大和猿楽坂戸座の流れをくむ。「舞金剛」と言われる豪快の中にも優美、華麗さを持った芸風が特徴
   現在の宗家は26世金剛永謹(京都在住)
     奈良県斑鳩町竜田神社境内に「金剛流発祥の地」の石碑がある

喜多流 流祖は金春と金剛との間に生まれた者で謡は金春、型は金剛と言われてます。最後に能5流の1派に入りました。
   現在の宗家は16世喜多六平太

能のワキ方(助演)
高安流 現在の宗家は14世高安勝久
福王流 現在の宗家は16世福王茂十郎
宝生流(下掛宝生流) 現在の宗家は12世宝生閑
       人間国宝 宝生閑を輩出

囃子方
笛方
   一增流(人間国宝藤田大五郎を輩出)、森田流、藤田流
小鼓方
   幸流、幸清流、大倉流、観世流
大鼓方
   葛野流、高安流、大倉流、石井流、観世流
太鼓方
   観世流、金春流

狂言方
大藏流 流祖は金春禅竹の子四郎次郎とされる。
    現在の宗家は25世大藏彌太郎、宗家の他に山本東次郎家、茂山千五郎家(人間国宝茂山千作を輩出)、茂山忠三郎家、善竹弥五郎家等がある
     奈良市ならまちに「大蔵流宗家屋敷跡」の石碑がある
和泉流 流祖と見られる山脇和泉守元宜は尾張藩に仕え、名古屋・京大坂・金沢に勢力を張っていた。
     三宅藤九郎家、野村万蔵家・万作家(人間国宝野村萬を輩出)、野村又三郎家がある
[PR]
# by easysailing | 2005-09-24 03:00 | 今更聞けない初歩講座