<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

薪御能 二日目

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
19日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、20日は午後2時半より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、両日とも午後5時半から興福寺南大門跡般若の芝で「南
大門の儀」が執り行われました。

二日目
 御社上り(みやしろあがり)の儀
  日時 5月20日(土)午前11時始
  場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
      「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行
      なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

  演目 金春流能「花月(かげつ)」金春穂高

e0078706_12461597.jpge0078706_12462017.jpg
e0078706_12462642.jpge0078706_12463376.jpg


    「下行」  春日大社より演者に褒美として神酒が与えられる儀式

e0078706_12460801.jpge0078706_12492445.jpg


 南大門の儀 午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」

e0078706_12525008.jpg


     観世流能「杜若(かきつばた)」観世喜之

e0078706_12533362.jpge0078706_12533950.jpg
e0078706_12534343.jpge0078706_12534831.jpg


     挨拶、火入れ

e0078706_12555297.jpge0078706_12555890.jpg


     大藏流狂言「附子(ぶす)」茂山千三郎 丸石やすし 網谷正美

e0078706_12570926.jpge0078706_12571429.jpg
e0078706_12571903.jpg


     宝生流能「弱法師(よろぼうし)」辰巳満次郎

e0078706_12585127.jpge0078706_12585537.jpg
e0078706_12590161.jpge0078706_12590538.jpg


     附祝言

1日分 事前受付¥4.00円解説書付き 当日受付¥4.500円解説書付き 
     全席自由席(団体除く)
音声ガイド 1台1.000円(他に預かり保証金1.000円 後返却寺返金します) 南大門の儀のみです。
     当日受付でお申し込みいただきました。

[PR]
by easysailing | 2017-05-20 21:30 | 演能日誌

薪御能 初日

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
19日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、20日は午後2時半より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、両日とも午後5時半から興福寺南大門跡般若の芝で「南
大門の儀」が執り行われました。

一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月19日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
         「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山茂
         「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
      ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
      を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
      たい章句がつくのが特徴です。
    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
 南大門の儀
  日時 5月19日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を
      中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませ
      んが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)
      により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられます。
      これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_12310824.jpge0078706_12311527.jpg


     金春流能「玉鬘(たまかずら)」金春流宗家 金春安明

e0078706_12330141.jpge0078706_12330464.jpg
e0078706_12331130.jpge0078706_12331484.jpg


     火入れ

     大藏流狂言「茶壺(ちゃつぼ)」茂山あきら 茂山童司 茂山茂

e0078706_12352369.jpge0078706_12352845.jpg
e0078706_12353167.jpg


     金剛流能「阿漕(あこぎ)」金剛流宗家 金剛永謹 

e0078706_12370637.jpge0078706_12371275.jpg
e0078706_12371680.jpge0078706_12372018.jpg


     附祝言

1日分 事前受付¥4.00円解説書付き 当日受付¥4.500円解説書付き 
     全席自由席(団体除く)
音声ガイド 1台1.000円(他に預かり保証金1.000円 後返却寺返金します) 南大門の儀のみです。
     当日受付でお申し込みいただきました。

[PR]
by easysailing | 2017-05-19 21:30 | 演能日誌

東大寺盧舎那仏慶讃能

東大寺盧舎那仏慶讃能
日時 5月2日(火)午後3時始
  場所 奈良市雑司町東大寺 大仏殿前鏡池上特設舞台
演目 
 観世流仕舞「杜若(かきつばた)」塩谷 惠
      「歌占(うたうら)」山下麻乃
 金春流連銀「青丹吉(あおによし)」石原昌和 他
e0078706_10181537.jpg

 観世流能「楊貴妃(ようきひ)」山中雅志
    唐の玄宗皇帝に仕える方士(道教の行者)は、馬嵬ヶ原で殺された楊貴妃の魂を見つけるように勅命を受け、
    常世の国の蓬莱宮まで行く。
    常世の男から楊貴妃は太真殿に住んでいて、玄宗皇帝に寵愛された日々を思い出し、嘆き悲しむ日々を送って
    いると聞く。太真殿に行くと、玉簾の奥から女の声が聞こえ、方士は言葉を交わす。方士が帝の使いだと分か
    ると、楊貴妃は玉簾を上げて姿を現す。楊貴妃に会った証拠として形見の品を頂戴したいと頼む。楊貴妃は方
    士に簪を与えますが、皇と交わした愛の言葉を聞かせてほしい。それを会った証拠としたいと頼む。楊貴妃は
    皇と交わした愛の言葉を方士に言います。楊貴妃は、形見の簪をつけて舞い、舞い終えると方士に簪を返す。
    方士は、簪を持って帝の元へ帰るが、楊貴妃は常世の国に留まるのでした・・・・・・。

e0078706_10203572.jpge0078706_10184561.jpg
e0078706_10193616.jpge0078706_10200685.jpg


陪観無料です

[PR]
by easysailing | 2017-05-02 18:00 | 演能日誌