<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春の大神祭後宴能

春の大神祭後宴能
日時 4月10日(月)午前12時始  
場所 桜井市三輪1422大神神社 斎庭
演目
観世流神歌「翁(おきな)」金剛流宗家 金剛永謹
 翁の詞章、(しんか)とも言う。翁は天下泰平国土安穏を祈る儀礼の曲で、神聖視され、
 神事能や祝賀能等の催しでは初めに「翁」を演じ、後に常の能狂言を続けるのがきまりで 
 ある。奈良は古い土地で各所に能以前の翁の詞章が残っている。

e0078706_09132846.jpg


大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」茂山千作
 三輪明神を崇敬しいつも歩みを運ぶ友人二人は今日も年籠りをと誘い合いご神前にお参り
 する。山に向かい「福は山へ」と豆まきをすると、どこからともなく高らかな笑い声を上
 げながら現れたお方がある。驚いた二人がどなた様かと尋ねると「福の神」と名乗る。な
 にか忘れてないかと言われお神酒をおつぎすると「楽しうなるよう」と謡い舞いまた高ら
 かな笑い声とともに姿を消す。
 地謡に大神神社神官が出仕されています。

e0078706_09170182.jpge0078706_09170753.jpg
e0078706_09171358.jpge0078706_09171765.jpg


観世流仕舞「網之段(あみのだん)」赤松禎友

e0078706_09192716.jpg


金剛流能「三輪(みわ)」金剛流宗家 金剛永謹
 三輪山の麓に庵をむすぶ玄賓僧都のもとに、いつも樒と閼伽の水を供えに来る女性がい
 る。今日とても庵に入り「罪を助けてたぴ給え」と僧都に頼み帰りぎわに僧都に衣を所望
 する。女の住まいはと問うと三輪の里、杉立てる門を導べにと告げて姿を消す。
 里人がお参りに来てご神前で杉の枝に僧都の衣がかかっているのを見つけその由を僧都に
 伝え参詣されるようにと勧めて退場。しるしの杉を尋ねて神垣に行くと衣がかかってお
 り、褄に金色の文字で「三つの輪は清く清きぞ唐衣 くると思うな 取ると思わじ」と歌
 が書かれている。すると中より声するので、末世の衆生のために姿を見せて下さいと言う
 と「女姿と三輪の神」が現れ、三輪の神婚説話が語られ、さらに天照大神の岩戸隠れの神
 話を再現し神楽を舞い、伊勢の神と三輪の神は一体分身だと説く。といつの間にか夜も明
 けて僧都の夢は覚める。
 三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事
 記によれば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。

e0078706_09201784.jpge0078706_09202347.jpg
e0078706_09202908.jpge0078706_09424686.jpg


金春流仕舞「野守(のもり)」伊藤真也
観世流一調「歌占(うたうら)」井戸良祐 荒木建作
金剛流仕舞「高野物狂道行(こうやものぐるいみちゆき)」金剛龍謹

e0078706_09433877.jpge0078706_09442941.jpg
e0078706_09464003.jpg


金春流能「天鼓(てんこ)」櫻間右陣
 王伯王母という夫婦、妻の夢中に天から鼓が降り下り胎内に宿ると感じ生まれた息子に天
 鼓と名づけた。ある日、天から妙なる音の出る鼓が降り落ち、それを聞いた帝が鼓を献上
 せよと勅命を出す。
 少年は鼓を持ち山中に隠れるが捕えられて呂水に沈められた。鼓は内裏に据えられたが誰
 が打っても音が出ない。そこで老父を召して打たせようと勅使が遣わされる。息子の罪に
 死を覚悟して参内した老父が打つと、不思議や鼓は妙なる音を出した。帝は感動し、数の
 宝を与え父を家に送り届ける。
 勅使が呂水の堤に帝も御幸なり少年を管弦講で弔うと告げる。やがてその音楽にひかれて
 天鼓の亡霊が現れ、喜んで鼓を打ち鳴らし舞を舞い、夜明けとともに消えうせる。

e0078706_09482557.jpge0078706_09483115.jpg
e0078706_09483784.jpge0078706_09484265.jpg


附祝言

陪観無料です。
御供まき(午後3時半ごろ)
お茶席奉仕 石原社中


[PR]
by easysailing | 2017-04-10 18:00 | 演能日誌

奈良先端科学技術大学院大学

奈良先端科学技術大学院大学 入学式
日時 4月5日(水)10時40分始
関係者だけの演能です。
[PR]
by easysailing | 2017-04-05 17:00 | 演能日誌