<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

燈花会能

燈花会能
 日時 8月7日(日)
 場所  奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
 演目  本日の演目解説 NPO法人奈良能 理事長石原昌和
金春流仕舞「岩船(いわふね)」長谷猪一郎
     「枕ノ段(まくらのだん)」佐藤俊之

e0078706_20553343.jpge0078706_2055513.jpg


       観世流能「清経(きよつね)」井戸良祐
       平清経は西国に都落ちの途中、前途をはかなみ船より身を投げる。形見を届けられた妻は一人で旅立った
       夫にそれを手向け返し悲しみにくれる一人寝の夢の中に亡霊が現れる。死を選んだ事情を語り最期の様子
       を、そして修羅道の戦いと苦しみを見せ、最期に唱えた十念の功徳で成仏し消えて行く。

e0078706_2056527.jpge0078706_205713100.jpg
e0078706_2058389.jpge0078706_20585062.jpg


      大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」茂山千三郎
       不自由に縛り上げられた二人の冠者、主人の留守中の盗み酒が原因と気付いたが後の祭り。酒飲みの性、ど
       うしても酒が飲みたい。なんとかなるもので珍妙な酒盛りが始まる。


e0078706_205935100.jpge0078706_20594850.jpg
e0078706_2103527.jpge0078706_2105061.jpg


      金春流能「恋重荷(こいのおもに)」櫻間金記
       白河の院の女御に、庭の菊の世話をする老人が恋をする。それを知った女御は叶わぬ恋と悟るようにと美し
       い荷物を作らせ、これを持って庭を回れば姿を見せると老人に伝えさせる。その荷は巌を美しい布で包んだ
       ものでとても持ち上げられる物ではない。会いたさ一心で幾度も試みるが適う筈はなく、ついに老人は恨み
       ながら恋い死にする。その庭に姿を見せた女御の前に老人の怨霊が現れ恨みを述べ激しく責める。

e0078706_2113980.jpge0078706_212526.jpg
e0078706_2125281.jpge0078706_213639.jpg





e0078706_13173854.jpge0078706_13173877.jpg




[PR]
by easysailing | 2016-08-07 20:00 | 演能日誌