<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第38回芝能

第38回芝能
  日時 3月21日(月 祝日)
  第一部午後1時~午後2時 第二部午後2時半始
   場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
   演目・内容 能楽入門講座と本日の曲目解説
     桃香野狂言解説、面・囃子解説・体験、金春流番囃子「八島」  
   料金 2.000円 第二部芝能にてイス席をご用意致しました。
e0078706_09504764.jpge0078706_09504734.jpg
e0078706_09504708.jpge0078706_09504809.jpg

  第二部午後2時半始
   場所 奈良市登大路町奈良県庁前庭
   演目 桃香野子供狂言「釣針(つりばり)」
e0078706_09504832.jpge0078706_09504829.jpg 

     金春流仕舞「岩船(いわふね)」長谷猪一郎
e0078706_09504860.jpg

      大藏流狂言「鬼瓦(おにがわら)」茂山七五三
訴訟の事あり長らく在京した大名、勝訴したのも信仰する因幡堂の薬師様のお陰と、お礼と暇乞のため太郎冠者を
連れてお参りに来る.
このお薬師様を国元へ勧請したいと思い、冠者とお堂を詳しく見ているうちに、フト鬼瓦に目が止まる。急に泣き
出した主人に驚く太郎冠者。さてそのわけは?笑い止め。
e0078706_09504811.jpge0078706_09504852.jpg

      金剛流能「雪(ゆき)」金剛流宗家金剛永謹
  奥州の諸国一見の僧が天王寺に参詣の途中摂津の野田の渡しに来ると、俄かに空かき曇り東西も
分からぬほどの大雪になる。雪の晴れるのを待っている僧の前に、雪中より美しい女性が現れる。
何者かと尋ねると「分からない。ただ自然に現れた者」と。僧が雪の精かと質すと迷って出てき
たその迷いを晴らしてほしいと頼む。仏の功徳を信じれば成仏出来ると諭す僧に、土に落ちれば
消える身、時には積もって迷いの消えぬ事もあると明かし、僧に回向を頼み月明かりの中に袖を
翻して舞い、夜明とともに姿は消え失せる。白一色の衣装のシテが静かに序の舞を舞う清純な美
しい幽玄の世界。金剛のみの曲。
    料金 2.000円(第一部共通) 立ち席無料です。
e0078706_09504881.jpge0078706_10110081.jpg
e0078706_10110009.jpge0078706_10110069.jpg


[PR]
by easysailing | 2016-03-21 18:00 | 演能日誌