<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

薪御能 二日目

薪御能 二日目
日時 5月16日(土)午前11時始
御社上り(みやしろあがり)の儀
場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
           「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行な
            われ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

演目  金春流能 「田村(たむら)」 櫻間右陣
     東国の僧が都見物に出掛け、清水寺に参詣すると、地主権限の桜のもとで、木陰を掃き清めている花守
     の童子に出会う。
     僧の問いに答えて、昔賢心が観音の化身である行叡居士に会い、その教えに従って坂上田村丸を檀那と
     してこの清水寺が建てられたと建立の縁起を語り、付近の名所を教え、花月夜の風情を楽しみ本尊の千手
     観音をほめたたえる。
     あまりに詳しい話しに、僧が名を尋ねると、知りたくば帰って行くところを見なさいと、田村堂の内陣に姿を消す。
     清水寺門前の者が、僧の求めに応じて、清水寺の縁起を語る。
     僧が桜の木陰で夜もすがら法華経を誦んでいると、武将姿の坂上田村丸の霊が現れる。僧の供養に感謝
     し、勅命によって伊勢鈴鹿山の鬼神を平らげた時、その合戦の最中に千手観音が現れて、千の御手に弓を
     もち敵に矢を射かけ、ことごとく平らげることが出来た。この勝利を導いたのもひとえに観音の仏力の御陰で
     あったと軍語りをする。

e0078706_13231856.jpge0078706_13232358.jpg

下行 春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_13232919.jpg

写真提供 写真家松村康史氏


南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
e0078706_13315850.jpg

演目 観世流能 「羽衣(はごろも)」 観世喜之
春の朝、漁師が仲間を連れ三保の松原の景色を眺めているうち、虚空に花降り、音楽が聞こえ、妙なる香
りが漂い、ただ事であるまいと思ううち、松の木に美しい衣を見つけ持ち帰って家宝にしようとする。
そこへ女が現れ返してくれるように頼む。その衣は天人の羽衣であった。漁師はそれならば国の宝にしよ
うというが、天女は空をふり仰ぎ、羽を失った鳥と同じ身の上を嘆く。漁師は天女の悲嘆を見かねて羽衣
を返すと、天女はその礼として月世界の様を語り、月宮殿での舞を見せ春の霞の中へと姿を消す。
e0078706_13291880.jpge0078706_13292297.jpg
e0078706_13292825.jpg
        火入れ 興福寺衆徒
e0078706_13273415.jpg

   大藏流狂言 「因幡堂(いなばどう)」 茂山良暢 山口耕道
妻が大酒を飲み、所帯の事はなにもしないので、愛想をつかし妻が実家に帰ったのを幸いに離縁状を届け
る。とは言うものの一人暮らしは不便と、因幡堂のお薬師様に妻乞いをするため出掛ける。
お薬師様に祈誓し、通夜をしようと眠りに入る。
さて、離縁状を届けられた妻は大いに腹を立て、妻乞いに行ったという真偽を確かめるため因幡堂にやって
来る。妻は眠っている夫を見つけ、薬師如来であるかのように霊夢の告げを与える。目を覚ましその告げを
喜んだ男は・・・・
e0078706_13333221.jpge0078706_13333793.jpg

   金剛流能 「鵺(ぬえ)」 金剛流宗家金剛永謹
諸国一見の僧が熊野詣でを了えて都へ上がる路次がら、摂津国芦屋の里までやって来る。夜も更けて川下
から埋もれ木のような空船に乗ってきた異形のものに問うと近衛天皇を病悩まさせた末、源頼政に退治さ
せられた鵺の亡霊だと。僧は亡執の念を捨て成仏を願うが良いと勧めるがまた空船に乗り消えてしまう。
僧が読経をしていると再び鵺が現れ、滅ぼされた折のことを語り始める。頼政は名を上げ、我は汚名を流
した故に空船に押し込められ、この浮洲に留まり月も日も見えぬ闇の船の中で冥土に落ちてしまったと言い
海中に消えてしまう。
e0078706_13345556.jpge0078706_13350384.jpg
e0078706_13352043.jpge0078706_13351280.jpg
 
         附祝言<

写真提供 写真家松村康史氏

[PR]
by easysailing | 2015-05-16 20:00 | 演能日誌

薪御能初日

薪御能  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
     で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
     869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最
     も盛況を極めたといわれています。
     15日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、16日は春日大社若宮社で「御社上り
     (みやしろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡
     般若の芝で「南大門の儀」が執り行われます。

薪御能 一日目
日時 5月15日(金)(開催日が5月第3金・土曜日に変更になっています)
     咒師走り(しゅしはしり)の儀 午前11時始
         ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
         を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめ
         でたい章句がつくのが特徴です。
場所 奈良市春日野町春日大社舞殿
演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高 
        「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山茂
        「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎
        「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
e0078706_10430127.jpge0078706_10430511.jpg
e0078706_10430827.jpge0078706_10431175.jpg
e0078706_10431410.jpge0078706_10431730.jpg

 南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
       (初日は雨天のため奈良県文化会館国際ホール
演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」
         当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演
         を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありま
         せんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒
         (僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられま
         す。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。
e0078706_11062248.jpge0078706_11062662.jpg

    演目 宝生流能 「巴(ともえ)」 辰巳満次郎
木曽の山家をでて都を目指す僧が、琵琶湖のほとり粟津の原までやって来る。そこで、涙を流し神に祈る女
に出会い僧が言葉を掛ける。女は松の木陰で夜もすがら読経して木曾義仲を弔うよう頼み姿を消す。
夜も更け回向する僧達の前に巴の霊が甲冑姿で現れる。女であるが故に召し具されなかった恨みが執心と
なり、未だ晴れやらぬと訴え主の最期の有様を詳しく語って聞かせる。
合戦のさなか義仲より肌身の物を持ち木曽へ向かうよう言いつけられ、共に自害も出来ずただ泣くばかり
であったと。敵方が多数押し寄せ長刀で追い払い再び主君の元へ戻ると自害の後で、巴は小袖を抱き小太刀
を持って木曽へ落ちていった事を語り、僧に回向を頼み消えていく。
e0078706_11085981.jpge0078706_11090498.jpg
     火入れ 興福寺衆徒
e0078706_11175515.jpg

   大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山童司 茂山あきら 丸石やすし
主からいつもの酒屋へ行って酒を求めてこいと命じられた太郎冠者。酒屋の亭主からは借金を返し終わる
までは渡さぬと断られるが、亭主が話し好きをさいわい尾張の津島祭り見物の話しをし、酒樽を千鳥に見
立て謡いながら持ち帰ろうとするが失敗。次には酒樽を山鉾に見立て曳く仕草を、次には流鏑馬の仕草をと。
e0078706_11195119.jpge0078706_11195584.jpg

   金春流能 「野守(のもり)」 金春流宗家金春安明
羽黒山の山伏が大峰葛城山に行く途中、春日の里に着き、折りよく出会った老人に謂れのありそうな池に
ついて尋ねると、自分達のような野守が姿を写すので「野守の鏡」と言うと答え、本当の野守の鏡とは昼
間は人となり、夜には鬼となって野を守る鬼神の持っていた鏡の事だと語る。山伏がまことの鬼の
持つ野守の鏡を見たいというと、それを見れば恐ろしく思うだろうから、この水鏡を見るようにと言い捨
てて、老人は姿を消す。
里人に野守の鏡について詳しく聞かされ、先程の老人は鬼の化身かと思い姿を消した塚の前で祈っている
と、鬼神が野守の鏡を持って現れ、天地四方八方をくまなく写しだし、すはや地獄に変えるぞと、大地を
踏み破って奈落の底へ入って行く。
e0078706_11221673.jpge0078706_11222178.jpg

        附祝言

[PR]
by easysailing | 2015-05-15 21:00 | 演能日誌

櫻間初花会

第23回櫻間初花会
 日時 5月5日(火)正午始
 場所 埼玉県越谷市花田こしがや能楽堂
 演目 金春流仕舞「高砂」「鶴亀」他 金春流シテ方今井節 社中
       独吟「葛城」他
       連吟「松風」
       仕舞「玉之段」 政木哲司
         「田村」キリ 長谷猪一郎
    金春流能「初雪」 今井節
       櫻間初花会の子供達が子方を務めました。
e0078706_10052364.jpge0078706_10052659.jpg
e0078706_10052909.jpge0078706_10053243.jpg
写真提供 写真家松村康史氏
[PR]
by easysailing | 2015-05-05 18:00 | 演能日誌

東大寺盧舎那大仏慶讃能

東大寺盧舎那大仏慶讃能
 日時 5月2日(土)午後3時始
 場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台
     盧舎那大仏の造顕を発願した聖武天皇の御忌法要「聖武祭」の慶讃行事として催されました。
 演目 観世流仕舞「玉之段(たまのだん)」 山下麻乃
         「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」 佐野和之
e0078706_09192651.jpge0078706_09193042.jpg
    金春流連吟「田村(たむら)」 辻本實
e0078706_09205190.jpg
   観世流能「弱法師(よろぼし)」 山中雅志
e0078706_09222619.jpg

e0078706_09224315.jpge0078706_09224720.jpg
[PR]
by easysailing | 2015-05-02 18:00 | 演能日誌