<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新春わかくさ能

新春わかくさ能
1月14日(日)
  場所 奈良市奈良県新公会堂能楽ホールにて
エントランスホールでは、面、装束の展示。
 今年は「舎利」にちなんで鬼面の色々。

e0078706_2084079.jpg


演目
第一部 午後1時~午後2時 能楽入門講座と体験講座
 NPO法人奈良能理事長石原昌和、観世流シテ方山中雅志、観世流シテ方井戸亮祐
  面、装束に続いて今年は特に「働」について解説しました。

e0078706_20152999.jpge0078706_20153858.jpg
e0078706_20164130.jpge0078706_20174183.jpg


第二部 午後2時半始
本日の演目解説 観世流シテ方 種田道一
 金剛流仕舞 「雲林院クセ(うんりんいん)」今井清隆
          「春日龍神(かすがりゅうじん)」 宇高通成
e0078706_2020574.jpge0078706_20201527.jpg



大藏流流狂言「文荷(ふみにない)」  茂山あきら、茂山童司
   主人に恋文を届けよと言いつけられた太郎冠者と次郎冠者。文をどちらが持つと争うよりはと竹に通して
   担いで行くが、重くて仕方が無い。道に坐って休むうちに文の中身を読み出した。この文にある詞章では
   重いはずと笑い楽しむうちに、文を取り合い破いてしまう。さてどうしたものか。

e0078706_2028573.jpge0078706_20281478.jpg
e0078706_20292861.jpge0078706_20294077.jpg

  

金剛流能 「舎利(しゃり)」 金剛流宗家金剛永謹
  寺宝の舎利を奪った男は、昔の執心を残す足疾鬼。舎利を取り戻してもらおうと「南無韋駄天」と祈ると「遁
  すまじ」と韋駄天が現れる。ともに足の速い足疾鬼と韋駄天、天上界・下界と飛び上がり飛び下がり追いつ
  追われつ激しい争いの末、「出だせや、出だせ」と責められて足疾鬼は泣く泣く舎利を差し上げて逃げてい
  く。
e0078706_20394163.jpge0078706_20395387.jpg
e0078706_2041169.jpge0078706_20411742.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2013-01-14 20:00 | 演能日誌

グロリアコンサート

グロリアコンサート
 日時 1月4日
 場所 奈良市油阪町1-58ホテルアジール・奈良
 演目 金春流素謡「鶴亀(つるかめ)」 辻本実
     金春流仕舞「東北クセ(とうぼく)」 今井節
     観世流仕舞「二人静(ふたりしずか)」 塩谷恵 山下麻乃
     観世流仕舞「野守(のもり)」 山中雅志 

NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2013-01-04 20:00 | 演能日誌

談山神社 新春奉納

1月2日午後1時始め談山神社舞殿にて談山能が催されました。
 演目 金春流神楽式(かぐらしき)  佐藤俊之 荒木健作
     観世流素謡 「鶴亀(つるかめ)」 岡巌 川村靖彦
     観世流仕舞 「猩々(しょうじょう)」 中井椰就
     金春流仕舞 「羽衣(はごろも)」 河田瑞季
              「東北キリ(とうぼく)」 今井節
             「遊行柳(ゆぎょうやなぎ)」 高山まや
     観世流仕舞 「天鼓(てんこ)」 山中景晶
              「玉之段(たまのだん)」山中麻乃
       「海士キリ(あま)」 井戸良祐
 
     日本舞踊奉納 坂本晴寿恵社中
       地謡 「春日影」 舞 坂田康子 歌三弦 尾崎浩一
       端唄 「香に迷ふ」 菊弥
       小唄 「白扇」 坂本晴寿々月
       清元 「青海波」 浄瑠璃 上田久美子 三味線 清元延柳朱
       長唄 「長生の舞」 坂本晴寿恵

[PR]
by easysailing | 2013-01-02 18:00 | 演能日誌