<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロシア連邦・サハ共和国「オロンホ」

マンモスのふるさとロシア連邦サハ共和国から
サハ民族大英雄叙事詩オロンホから「キース・デビリエ太古の響き」公演
~ユネスコ・無形文化遺産~
  8月7日(土)午後5時初め
 場所 奈良市春日野町101奈良県新公会堂
 作・演出 アンドレ・ボリソフ 
       サハ共和国文化大臣、ロシア連邦・サハ共和国功労芸術家、ソ連・ロシア連邦賞受賞
 主演 ステバニダ・ボリソワ(キース・デビリエ役)
       ロシア連邦・サハ共和国功労芸術家、ソ連賞受賞、サハ共和国国立ドラマ劇場俳優
無料公演
主催 ロシア連邦サハ共和国文化省
   一般社団法人在日サハ共和国委員会

平成20年7月15日にロシア連邦・サハ共和国より招請を受けアジア青少年文化スポーツ大会」「で演能を行いましたが、このたびサハ共和国文化大臣が劇団を引き連れ来寧されました。
燈花会能終了後石原理事長と文化大臣の公演説明の間に舞台転換を行い、約1時間の公演が行われました。
この公演はいわばオペラ歌劇で本当は8時間かかるそうです。それを1時間に短縮し演じられましたが、言葉は判らなくてもその動きでおおよそがつかめ非常におもしろかったです。

e0078706_177222.jpge0078706_177339.jpg
e0078706_1774820.jpg e0078706_1775995.jpg
e0078706_1785556.jpge0078706_179827.jpg




NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2010-08-07 21:40 | 演能日誌

なら燈花会能

なら燈花会能
  8月7日(土)午後2時初め
 場所 奈良市春日野町101奈良県新公会堂
e0078706_10302520.jpg

 演目
   能楽鑑賞講座 
     上演される「通小町」の見どころ解説
   金春流仕舞「花筺(はながたみ)」 守屋泰利

e0078706_14212741.jpg


   大藏流狂言「察化(さっか)」 茂山千三郎
     伯父と名乗ってきたのは「みごさのさっか」と呼ばれるすっぱ。あとあとのことを考え、
     太郎冠者に接待をさせるが失言ばかり。みかねて主人の言うようするよう真似るよう
     に言いつける。さて結末は?

e0078706_142227.jpge0078706_14221410.jpg

e0078706_14225033.jpge0078706_1423272.jpg



   金春流能「通小町(かよいこまち)」 守屋泰利
     公演予定ではシテ方桜間金記師とお知らせしていましたが、本人が病気療養につき守屋泰利師に替わりました。
     僧の弔いを喜ぶ小町の霊、それを追って四位の少将の霊が現れ小町の袂にすがり成
     仏を妨げる。共に戒を受けよとの僧の勧めに、少将の霊は生前小町に恋をし、苦しい百
     夜通いをし、百夜目に死んだ様を見せる。 

e0078706_1423478.jpge0078706_14235780.jpg
e0078706_1433136.jpge0078706_14331466.jpg
e0078706_14334897.jpge0078706_14335866.jpg




NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660







 
[PR]
by easysailing | 2010-08-07 20:00 | 演能日誌