<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しまなみ海道薪能

7月26日
 場所 愛媛県今治市大三島町大山祇神社
   源義経をはじめとする武将が奉納し国宝・重文指定を受けているの甲冑の8割が集まっている瀬戸内海大三島、大山祇神社大楠(国指定天然記念物)前にて、神秘なる楠の樹精の下で薪能が催されました。
演目
奉納 観世流仕舞 「花筐(はながたみ)」大槻文藏

e0078706_11181043.jpg

第一部 あけびJPEスタジオ舞踊上演
  「巡り道」 (とうおりゃんせ) (ダンスリバサイ)

e0078706_1120923.jpge0078706_11203528.jpg

第二部 薪能
観世流仕舞 「橋弁慶(はしべんけい)」赤松裕一 赤松禎英 

e0078706_11261088.jpge0078706_11262821.jpg


大藏流狂言 「昆布売(こぶうり)」 茂山千五郎
 都に用があり上がる大名だが、おり悪く同行する者もおらず1人で太刀を持って出かけるが、途中若狭小浜の昆布売りを見つけ、いやがるのを脅かして無理矢理道連れにして、召使いのようにあつかいながら大威張りで都へ向かう。それに腹を据えかねた昆布売りの逆襲が始まります。その仕返しとは・・・・ 

e0078706_11281450.jpge0078706_11283135.jpg

e0078706_11291668.jpge0078706_11294230.jpg


観世流能 「安達原(あだちがはら)」(白頭 急進之出) 大槻文藏 宝生閑(下掛宝生流・人間国宝)
 熊野の山伏・阿闍梨祐慶の一行は諸国行脚の途中奥州安達原に着く。日も暮れ野中の一軒家で一夜の宿を頼む。女主は枠裃輪(わくかわせ)を操りながら人の世のはかなさ、辛さ、苦しさを嘆きながら糸を操るが、やがて自分の閠を決して見るなと言い残し山へ薪を取りに行く。能力が怪しんで閠を覗くと人の死骸が山と積んである。鬼の住家と違いないと感じた一行は逃げだそうとするが、これを知った女主は鬼の本性を現し恨み襲いかかってくる。
 小書(白頭 急進之出)では、前シテの装束・面など常とは異なり、後シテは白頭、出も三の松まで出てまた幕に入り、あらためて出るなど異なります。

e0078706_11322621.jpge0078706_11323919.jpg

e0078706_11331883.jpge0078706_11333369.jpg

e0078706_11342549.jpge0078706_11344073.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-07-26 22:00 | 演能日誌

ロシア・サハ共和国「アジア青少年文化スポーツ大会」

7月15日
演目
金春流能 「石橋(しゃっきょう)」「羽衣(はごろも)」「土蜘蛛(つちぐも)」 櫻間右陣
「囃子方によるワークショップ」

 7月8日日本出発 15日帰国の日程でロシア・サハ共和国ヤクーツクで演能を行いました。
主目的は、7月12日の「アジア青少年文化スポーツ大会」のフィナーレで演能を行うものでした。
当大会は、子供のオリンピックのようなものでユネスコ、オリンピック委員会が協力しているようでした。
NPO法人奈良能がサハ共和国より出演要請をうけ参加しました。演目はポピュラーな「石橋」を見ていただきました。観客は約15000人とのことでした。サハ共和国での演能はこれが初めてとのことです。
サハ共和国ヤクーツクは愛知万博にマンモスを展示した国です。世界で一番気温が低くなるところだそうです。
ちなみに温度計はマイナス70からプラス50度で0度以下のほうが大きいのには驚きでした。
7月11日、13日には、サハ劇場において「羽衣」「石橋」「囃子方によるワークショップ」アンコールではありませんが「土蜘蛛」の盛りだくさんの内容で2時間半ぐらいのサハ共和国の方々に日本伝統芸能である能楽を楽しんでいただきました。
冬季には、一面に氷に閉ざされる地方ですから、楽しみとして演劇などへの関心は高いようです。
観客は非常に静かで小さい劇場でしたが立ち見が出るほど超満員でした。

7月11日サハ共和国副大統領表敬訪問

e0078706_112808.jpg


7月11日、13日 サハ劇場

e0078706_11303288.jpge0078706_11304970.jpg

e0078706_11312875.jpge0078706_11313975.jpg

e0078706_11321750.jpge0078706_11322577.jpg


7月12日アジア青少年文化スポーツ大会

e0078706_1135699.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-07-15 23:00 | 演能日誌