カテゴリ:演能日誌( 299 )

春日若宮おん祭 後宴能

春日若宮おん祭 後宴能
 日時 12月18日(日)午後2時始
 場所 奈良市 春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 後宴之式能
  春日若宮おん祭が無事終わったことを祝し、後宴能が開かれます。
  演目 金春流能「羽衣(はごろも)」金春穂高 
     大藏流狂言「因幡堂(いなばどう)」茂山あきら 網谷正美
     金春流能「黒塚(くろづか)」櫻間右陣

[PR]
by easysailing | 2016-12-18 22:00 | 演能日誌

春日若宮おん祭

春日若宮おん祭
 日時 12月17日(土)
 場所 奈良市春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 松の下式 午後1時半頃
  場所 春日一ノ鳥居 影向ノ松前
  演目 高安流 「開口(かいこう)」高安勝久 
     金春流 「弓矢立会(ゆみやたちあい)」金春安明  
     大藏流 「三笠風流(みかさふりゅう)」茂山茂  
 御旅所ノ式 午後5時頃
       お渡り式のあと、お旅所祭に奉納されます。
  場所 春日若宮御旅所御神前 
     金春流 「神楽式(かぐらしき)」金春憲和  
     大藏流  「鈴の段(すずのだん)」大藏彌右衛門 


[PR]
by easysailing | 2016-12-17 22:00 | 演能日誌

等彌神社 献灯祭

等彌神社 献灯祭
日時 11月25日午後6時始
場所 桜井市桜井1176等獼神社
演目 金春流 「翁(おきな)」   
   素謡「青丹吉(あおによし)」徳田彰
   仕舞「難波(なにわ)」船内和美
   独吟「八島(やしま)」多田晃英
   連吟「恋重荷(こいにない)」辻本實
     「猩々(しょうじょう)」 
e0078706_23434938.jpg    
[PR]
by easysailing | 2016-11-25 23:00 | 演能日誌

大神神社 酒祭り清興

大神神社 酒祭り清興
 日時 11月14日(月)正午始
 場所 桜井市三輪1422大神神社
 演目演者 酒にちなんだ演目です
[PR]
by easysailing | 2016-11-14 22:00 | 演能日誌

春日大社第60次式年造替 正遷宮奉祝能

春日大社第60次式年造替奉祝能
 日時 11月8日(火)
 場所 奈良市春日野町160春日大社
    雨天予想のため奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~にて演能されました。
 演目 
高安流「開口(かいこう)」 高安勝久 
e0078706_01035986.jpge0078706_01041861.jpg


金剛流・金春流「弓矢立会(ゆみやたちあい)」 金剛流宗家金剛永謹 金春流宗家金春安明
     春日若宮おん祭で演じられています弓矢立会は、金春流一派で行われていますが、今回は150年ぶりに金剛流・金春流の共催で、復刻して演じられました。

e0078706_01043588.jpge0078706_01044961.jpg


大藏流「三笠風流(みかさふりゅう)」 茂山千五郎  
e0078706_01081109.jpge0078706_01081827.jpg


金春流仕舞「難波(なにわ)」櫻間右陣
e0078706_01094745.jpge0078706_01095506.jpg


大藏流 「鈴之段(すずのだん)」大藏彌右衛門
e0078706_01160952.jpge0078706_01162023.jpg
e0078706_01163028.jpge0078706_01163838.jpg


金春流能「葛城(かずらき)」 金春憲和
e0078706_01184661.jpge0078706_01185463.jpg
e0078706_01190434.jpge0078706_01191420.jpg

大藏流狂言「萩大名(はぎだいみょう)」 大藏彌太郎 茂山良暢 大藏基誠
e0078706_01214726.jpge0078706_01221108.jpg
e0078706_01222442.jpge0078706_01223459.jpg


金剛流能「春日龍神(かすがりゅうじん)」 金剛龍謹
e0078706_01245347.jpge0078706_01250202.jpg
e0078706_01251026.jpge0078706_01251973.jpg
[PR]
by easysailing | 2016-11-08 22:00 | 演能日誌

桃香野八幡社祭礼奉納

桃香野八幡社祭礼奉納
  日時 10月23日午前12時頃 始
  場所 奈良市月ヶ瀬村桃香野 八幡神社
  演目 「翁舞(おきなまい)」
       おひねりの投げ入れがある、珍しい型式です
     他 
     小学生による狂言
[PR]
by easysailing | 2016-10-16 22:00 | 演能日誌

高安薪能

高安薪能 
日時 10月15日午後5時始
場所 八尾市大字神立443玉祖神社
主催 高安能未来継承事業推進協議会
演目 開口

e0078706_23131864.jpg

   火入れ式

   観世流仕舞「井筒(いづつ)」生一知哉
        「弱法師(よろぼし)」梅若善久

e0078706_23143645.jpge0078706_23144477.jpg


   観世流能「熊野(ゆや)」山中雅志

e0078706_23154934.jpge0078706_23160118.jpg
e0078706_23165960.jpge0078706_23170517.jpg
[PR]
by easysailing | 2016-10-15 22:30 | 演能日誌

東大寺盧舎那大仏発願 慶讃能

東大寺盧舎那大仏発願 慶讃能 日時 10月15日(土)午後1時半始
 場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台
      天平15年10月15日(743年)聖武天皇が人々の幸せを願い大仏様を造ろうという詔を発せられた事を記念し、出来た秋のお祭りです。
演目 観世流仕舞「松虫クセ(まつむし)」 生一知哉
   観世流仕舞「邯鄲クセ(かんたん)」 佐野和之
   金春流連吟「青丹吉(あおによし)」 石原昌和社中
   観世流能「半蔀(はじとみ)」 山中雅志 
[PR]
by easysailing | 2016-10-15 22:00 | 演能日誌

一休寺薪能

一休寺薪能
 日時 10月12日(水)午後5時半始
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第32回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じられました。
また一休寺には、観世流三代音阿弥、十五代元章、十九代清興の墓所があります。
e0078706_21420772.jpge0078706_21433460.jpg
e0078706_21440872.jpg
 演目演者
金剛流仕舞「清経(きよつね)キリ」  金剛龍謹
金剛流仕舞「野宮(ののみや)」  植田恭三

e0078706_21445012.jpge0078706_21445855.jpg
大藏流狂言「口真似(くちまね)」  茂山七五三 茂山宗彦 井口竜也

よい酒を貰った主人、楽しく飲みたいものと、よい飲み相手を選んで呼んで来るよう太郎冠者に言い付ける。呼んできた客を
見て驚いた。一杯呑うでは一寸抜き、二杯呑うでは二寸抜くような大の酔狂人、追い返したいが後日出会った時に挨拶のしようが
ないので、とにかく一つ振る舞って帰すことにする。客扱いの作法も知らぬ太郎冠者に、主人は自分がするよう言うよう口真似
するよう言い付けて座敷に入る。言い付けを言葉どおりにとった太郎冠者、言い付けられた通りにしたのだが・・・。

e0078706_21461078.jpge0078706_21462140.jpg
e0078706_21472986.jpg
金剛流能「綾鼓(あやのつづみ)」  金剛流宗家金剛永謹

 木の丸御殿の庭掃きの老人は、あるとき女御の姿を見てならぬ恋におちいる。これを聞いた女御は鼓を打ち、その音が皇居に
聞こえたならば姿を見せようと官人に伝えさせる。老人は、年老いてなお恋慕の思いに苦しむ心情を述べ、もしこの音が御殿に
届けば、この思いも静まると鼓を打つ。思いを込めて鼓を打つが音は出ない。耳の遠いせいかと力こめて打つが、聞こえるのは
池の波音、雨の音のみ。いくら打てども鼓は鳴らず、女御の姿も見れないと身を恨み、人をかこち絶望して池に身を投げる。 (中入り)
 従者よりその報告を受けた官人は、女御にその由を知らせ、そのたたりも恐ろしいので庭に姿を見せるよう勧める。老人の祟り
を受けて庭に出て池に近付く女御の目前に、魔境の鬼となった怨霊が現れる。鳴るはずもない鼓を打たせた女御に、鳴るものなら
鳴らせてみよと激しく責めたて、狂い泣き叫ぶ女御をなおも苦しめ、恨みの言葉を残して水底に消え失せる。

e0078706_21481761.jpge0078706_21482427.jpg
e0078706_21483121.jpge0078706_21485482.jpg

[PR]
by easysailing | 2016-10-12 21:00 | 演能日誌

燈花会能

燈花会能
 日時 8月7日(日)
 場所  奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
 演目  本日の演目解説 NPO法人奈良能 理事長石原昌和
金春流仕舞「岩船(いわふね)」長谷猪一郎
     「枕ノ段(まくらのだん)」佐藤俊之

e0078706_20553343.jpge0078706_2055513.jpg


       観世流能「清経(きよつね)」井戸良祐
       平清経は西国に都落ちの途中、前途をはかなみ船より身を投げる。形見を届けられた妻は一人で旅立った
       夫にそれを手向け返し悲しみにくれる一人寝の夢の中に亡霊が現れる。死を選んだ事情を語り最期の様子
       を、そして修羅道の戦いと苦しみを見せ、最期に唱えた十念の功徳で成仏し消えて行く。

e0078706_2056527.jpge0078706_205713100.jpg
e0078706_2058389.jpge0078706_20585062.jpg


      大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」茂山千三郎
       不自由に縛り上げられた二人の冠者、主人の留守中の盗み酒が原因と気付いたが後の祭り。酒飲みの性、ど
       うしても酒が飲みたい。なんとかなるもので珍妙な酒盛りが始まる。


e0078706_205935100.jpge0078706_20594850.jpg
e0078706_2103527.jpge0078706_2105061.jpg


      金春流能「恋重荷(こいのおもに)」櫻間金記
       白河の院の女御に、庭の菊の世話をする老人が恋をする。それを知った女御は叶わぬ恋と悟るようにと美し
       い荷物を作らせ、これを持って庭を回れば姿を見せると老人に伝えさせる。その荷は巌を美しい布で包んだ
       ものでとても持ち上げられる物ではない。会いたさ一心で幾度も試みるが適う筈はなく、ついに老人は恨み
       ながら恋い死にする。その庭に姿を見せた女御の前に老人の怨霊が現れ恨みを述べ激しく責める。

e0078706_2113980.jpge0078706_212526.jpg
e0078706_2125281.jpge0078706_213639.jpg





e0078706_13173854.jpge0078706_13173877.jpg




[PR]
by easysailing | 2016-08-07 20:00 | 演能日誌