平成29年、平成30年演能予定

高安薪能
 日時 10月9日(日)午後5時始
 場所 八尾市大字神立443玉祖神社
 主催 高安能未来継承事業推進協議会
 演目 開口
    火入れ式
    演目、演者 決まり次第お知らせします。


一休寺薪能
 日時 10月10日(火)
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第33回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じられます。また一休寺には、観世流三代音阿弥、十五代元章、十九代清興の墓所があります。
 演目 観世流能「葵上(あおいのうえ)」片山九郎右衛門
    狂言 仕舞 決まり次第お知らせします。


東大寺盧舎那大仏発願 慶讃能
 日時 10月15日(日)午後1時半始
 場所 奈良市雑司町東大寺大仏殿前鏡池特設舞台
     雨天時は東大寺総合文化センター
      天平15年10月15日(743年)聖武天皇が人々の幸せを願い大仏様を造ろうという詔を発せられた事を記念し、出来た秋のお祭りです。
 演目、演者 決まり次第お知らせします。




桃香野八幡社祭礼奉納

 日時 10月22日(日) 午前12時頃 始
 場所 奈良市月ヶ瀬村桃香野 八幡神社
 演目 「翁舞(おきなまい)」
     おひねりの投げ入れがある、珍しい型式です
     小学生による狂言


第40回なら芝能能
日時 11月5日(日)
第一部午後1時~午後2時
 場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
 演目・内容 能楽入門講座と本日の曲目解説など   参加料 有料ですが、第二部芝能にてイス席をご用意致します。
第二部午後2時半~午後4時半
 場所 奈良市登大路町奈良県庁舎前広場 芝生舞台
     雨天時は奈良県文化会館小ホール
 演目 観世流能「葛城(かずらぎ)」山中雅志
    大藏流狂言「呼声(よびこえ)」茂山千三郎
    金春流仕舞「青丹吉(あおによし)」長谷猪一郎
    観世流仕舞「龍田(たつた)」佐野和之
         「花筐(はながたみ)」塩谷 惠
    子供狂言「いろは」倉家奈夕 今久保胡々音 井倉清繁
    

立ち席者は無料。(ただし定員制限を設けます)


等彌神社 献灯祭
 日時 11月 午後6時始
 場所 桜井市桜井1176等獼神社
 演目 金春流 「翁(おきな)」
    他演目演者 決まり次第お知らせします。


大神神社 酒祭り清興

 日時 11月14日(火)正午始
 場所 桜井市三輪1422大神神社
 演目演者 酒にちなんだ演目です。
      決まり次第お知らせします。


春日若宮おん祭
 日時 12月17日(日)
 場所 奈良市春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 松の下式 午後1時半頃
  場所 春日一ノ鳥居 影向ノ松前
  演目 高安流 「開口(かいこう)」高安勝久 
     金春流 「弓矢立会(ゆみやたちあい)」金春安明
     大藏流 「三笠風流(みかさふりゅう)」茂山茂
 御旅所ノ式 午後5時頃
       お渡り式のあと、お旅所祭に奉納されます。
  場所 春日若宮御旅所御神前
     金春流 「神楽式(かぐらしき)」金春憲和
     大藏流  「鈴の段(すずのだん)」大藏彌右衛門


春日若宮おん祭 後宴能
 日時 12月18日(月)午後2時始
 場所 奈良市 春日大社参道 春日大社若宮御旅所
 後宴之式能  春日若宮おん祭が無事終わったことを祝し、後宴能が開かれます。
  演目、演者 決まり次第お知らせします。


新春わかくさ能
日時 平成30年1月8日(月 祝日)
 奈良市春日野町101奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
第一部 午後1時~午後2時 
 能楽入門講座と体験講座 NPO法人奈良能理事長石原昌和 他
     本日上演される演目の解説と、参加者一同で謡の体験、小鼓・大鼓の体験して頂
     きます。
     エントランスホールでは面・装束の展示を予定しています。
第二部 わかくさ能
    金春流能「山姥(やまんば)」櫻間右陣
    大藏流狂言「口真似(くちまね)」茂山千作
    金春流舞囃子「青丹吉(あおによし)」長谷猪一郎


NPO法人奈良能

  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660


[PR]
# by easysailing | 2017-10-10 22:00 | 演能予定

高野山一座土砂加持

高野山一座土砂加持
 日時 9月23日 午前10時始
 場所 和歌山県伊都郡高野町高野山 高野山真言宗総本山金剛峯寺 大伽藍金堂
 演目 「一座土砂加持(いちざどしゃかじ)」
    先師並びに諸聖霊の追福菩提を祈る法会です。土砂を光明真言で加持をすることからこのように呼ばれます。
    法要終了後金堂下陣にて能が奉納されます。
    演目、演者 決まり次第お知らせします。
[PR]
# by easysailing | 2017-09-23 20:00 | 演能日誌

ありとほし薪能

ありとほし薪能
 日時 9月18日(月)祝日
 場所 泉佐野市長滝814蟻通神社 
 演目 観世流能「紅葉狩(もみじかり)」山中雅志
    大藏流狂言「膏薬煉(こうやくねり)」善竹忠亮 牟田素之
    独鼓「蟻通(ありとおし)」石原昌和 上田慎也
 主催 ありとほし薪能実行委員会 090-2103-5395(木戸)

e0078706_11041911.jpge0078706_11042552.jpg


[PR]
# by easysailing | 2017-09-18 20:00 | 演能日誌

なら燈花会能

なら燈花会能
 日時 8月6日(日) 午後1時始め 本日の演目解説 午後2時始 なら燈花会能
 場所 奈良市春日野町101 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~(旧奈良県新公会堂)

  演目 金春流仕舞「八島(やしま)」長谷猪一郎
e0078706_21480514.jpg


     観世流能「熊野(ゆや)」久保信一朗
        平宗盛は、東海道池田の宿の熊野を召し出して都に長く留め寵愛していた。今を盛りの花見に熊野を伴って行こうと
        使いを出す。そこへ熊野の国許から侍女が老母の重病を伝えに来たので、熊野は母の手紙を宗盛に見せ暇を乞うが、
        宗盛は許さず同行を言い付け、一行は車に乗り東山へ花見に出掛ける。花見車から眺める華やかに浮立つ都の景色に
        ひきかえ、熊野の気は重い。観音様に母の無事を祈願する熊野に、宗盛は酒宴に加わり舞を舞うよう所望する。舞の
        途中に俄かに村雨が降り花を散らすのを見て熊野は「いかにせん都の春も惜しけれど 慣れし東の花や散るらん」と
        母の病状を案じる歌を詠むと、さすがの宗盛も心に感じ暇を与え熊野は喜び、これも観音のお陰と感謝し宗盛の気の
        変わらぬうちにと国許へ急ぎ下る。

e0078706_21515799.jpge0078706_21520346.jpg
e0078706_21520702.jpge0078706_21521268.jpg


     大藏流狂言「清水(しみず)」茂山千五郎 島田洋海
        野中の清水に茶の湯の水を汲みに行くように命じられ、主人の秘蔵の桶を持って出掛けた太郎冠者、行きたくないの
        で鬼が出たと逃げ帰ってくる。秘蔵の桶が惜しいと取り返しに行く主人、出るはずのない鬼に出くわす。鬼と主人の
        やりとり、さて鬼の正体は?雉も鳴かずば・・・・・・・・・・

e0078706_21550526.jpge0078706_21551140.jpg
e0078706_21551644.jpge0078706_21552132.jpg


     観世流仕舞「實盛(さねもり)」佐野和之
          「江口(えぐち)」塩谷惠
          「女郎花(おみなめし)」山下麻乃

e0078706_21581707.jpge0078706_22330844.jpg
e0078706_22332652.jpg


     金春流能「景清(かげきよ)」佐藤俊之
        伯父大日坊を殺し悪七兵衛と呼ばれた景清は、平家の家臣の中で最も武名をたわれた武士。今は日向の国宮崎に流さ
        れ盲目となり、落ちぶれて「日向の勾当」と名乗り平家節を語りその日その日を暮らしている。幼いころに別れた父
        存命と聞いた娘は海路をへてはるばると訪ねてくる。わが子と知りながら身を恥じ、そのような者は知らぬと立ち去
        らせたが、里人は娘の心意を感じ父に対面させる。
        麒麟も老いぬれば駑馬にも劣るがごとくと恥じる是清に八島での戦物語りを所望すると、義経を討とうと陸にあがり
        大勢の源氏の兵と戦うなかにも、三保の谷との錣引きの様を仕方を交え勇壮に語る。語り終えて余命いくばくもない
        身、娘に死語の弔いを頼み情を断ち切り娘を故郷に帰らせる。

e0078706_22375733.jpge0078706_22380304.jpg
e0078706_22381310.jpge0078706_22382049.jpg
e0078706_22382712.jpge0078706_22383424.jpg

     附祝言
[PR]
# by easysailing | 2017-08-06 21:28 | 演能日誌

しまなみ海道薪能

しまなみ海道薪能
 日時 7月23日午後5時45分始 
 場所 愛媛県今治市大三島町宮浦 大山祇神社
   源義経をはじめとする武将が奉納し国宝・重文指定を受けているの甲冑の8割が集まっている瀬戸内海大三島、大山祇神社大楠
   (国指定天然記念物)前にて、神秘なる楠の樹精の下で薪能が催されます。
 演目 神前奉納(午後4時始) 観世流仕舞「難波(なにわ)」大槻裕一
     昨年末に355年ぶり建て替えられた神門を背として演じられました。

e0078706_14445749.jpg


    本日の演能解説 NPO法人理事長石原昌和

e0078706_14454644.jpge0078706_14455026.jpg


    観世流仕舞「高砂(たかさご)」観世三郎太
         「山姥(やまんば)」大槻文藏

e0078706_14464686.jpge0078706_14465154.jpg


    和泉流狂言「佐渡狐(さどきつね)」野村万作 内藤 連 髙野和憲
      佐渡の百姓と越後の百姓が、年貢収めに都に行く途中道連れになる。島国の暮らしは不便であろうと言われ腹の虫が収ま
      らない佐渡の百姓は、「佐渡に狐はおるまい」との言葉に、つい「居る」と言い切ってしまう。この上はと、一腰(刀)
      を賭け判定してもらおうと領主の館に着く。狐を知らぬ佐渡の百姓、奏者に賄賂を送り、その場では勝ったのだが、奏者
      が教えている事に気づいた越後の百姓、ならばいないところで鳴き声を聞いてみると・・・。

e0078706_14475777.jpge0078706_14480121.jpg
e0078706_14480526.jpge0078706_14481164.jpg


火入れ ご神火を頂戴し火入れを行いました。
e0078706_14511539.jpg


    観世流能「杜若(かきつばた)恋之舞」観世流宗家 観世清和
       諸国一見の僧(ワキ)が三河国八橋の沢辺に美しく咲き乱れる杜若に見とれていると里女が現れる。古歌にも詠われた
       杜若の名所で、在原業平が東下りの時ここで休み、歌を詠んだ故事を語る。さらに僧を自分の庵に案内し、一夜の宿に
       と勧める。しばらくすると、女は業平の初冠に二条の后の唐衣を着て現れたので、僧は驚き素性を尋ねる。
       女は杜若の精であると明かし、業平は歌舞の菩薩の化現であり、業平の女人遍歴も衆生済度のわざであったと語り舞い
       を舞い、詠歌の功徳により非情の草木も成仏したと告げて消えて行く。     

e0078706_14515275.jpge0078706_14515777.jpg
e0078706_14520648.jpge0078706_14521101.jpg

    附祝言




[PR]
# by easysailing | 2017-07-23 22:00 | 演能日誌

薪御能 二日目

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
19日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、20日は午後2時半より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、両日とも午後5時半から興福寺南大門跡般若の芝で「南
大門の儀」が執り行われました。

二日目
 御社上り(みやしろあがり)の儀
  日時 5月20日(土)午前11時始
  場所 奈良市春日野町春日大社若宮社
      「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で行
      なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。

  演目 金春流能「花月(かげつ)」金春穂高

e0078706_12461597.jpge0078706_12462017.jpg
e0078706_12462642.jpge0078706_12463376.jpg


    「下行」  春日大社より演者に褒美として神酒が与えられる儀式

e0078706_12460801.jpge0078706_12492445.jpg


 南大門の儀 午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)」

e0078706_12525008.jpg


     観世流能「杜若(かきつばた)」観世喜之

e0078706_12533362.jpge0078706_12533950.jpg
e0078706_12534343.jpge0078706_12534831.jpg


     挨拶、火入れ

e0078706_12555297.jpge0078706_12555890.jpg


     大藏流狂言「附子(ぶす)」茂山千三郎 丸石やすし 網谷正美

e0078706_12570926.jpge0078706_12571429.jpg
e0078706_12571903.jpg


     宝生流能「弱法師(よろぼうし)」辰巳満次郎

e0078706_12585127.jpge0078706_12585537.jpg
e0078706_12590161.jpge0078706_12590538.jpg


     附祝言

1日分 事前受付¥4.00円解説書付き 当日受付¥4.500円解説書付き 
     全席自由席(団体除く)
音声ガイド 1台1.000円(他に預かり保証金1.000円 後返却寺返金します) 南大門の儀のみです。
     当日受付でお申し込みいただきました。

[PR]
# by easysailing | 2017-05-20 21:30 | 演能日誌

薪御能 初日

薪御能 
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられて
きたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に、最も盛況を極
めたといわれています。
19日は午前11時より春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、20日は午後2時半より春日大社若宮社で
「御社上り(みやしろあがり)の儀」が奉納された後、両日とも午後5時半から興福寺南大門跡般若の芝で「南
大門の儀」が執り行われました。

一日目
 咒師走り(しゅしはしり)の儀
  日時 5月19日(金)午前11時始め
  場所 奈良市春日野町春日大社舞殿 
  演目 金春流能 「翁(おきな)」 金春憲和 他
         「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山茂
         「三番三(さんばそう)」 大藏彌太郎
      ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたち
      を留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめで
      たい章句がつくのが特徴です。
    「下行」  春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
 南大門の儀
  日時 5月19日(金)午後5時半始
  場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
  演目 舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
       当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を
      中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませ
      んが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)
      により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられます。
      これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_12310824.jpge0078706_12311527.jpg


     金春流能「玉鬘(たまかずら)」金春流宗家 金春安明

e0078706_12330141.jpge0078706_12330464.jpg
e0078706_12331130.jpge0078706_12331484.jpg


     火入れ

     大藏流狂言「茶壺(ちゃつぼ)」茂山あきら 茂山童司 茂山茂

e0078706_12352369.jpge0078706_12352845.jpg
e0078706_12353167.jpg


     金剛流能「阿漕(あこぎ)」金剛流宗家 金剛永謹 

e0078706_12370637.jpge0078706_12371275.jpg
e0078706_12371680.jpge0078706_12372018.jpg


     附祝言

1日分 事前受付¥4.00円解説書付き 当日受付¥4.500円解説書付き 
     全席自由席(団体除く)
音声ガイド 1台1.000円(他に預かり保証金1.000円 後返却寺返金します) 南大門の儀のみです。
     当日受付でお申し込みいただきました。

[PR]
# by easysailing | 2017-05-19 21:30 | 演能日誌

東大寺盧舎那仏慶讃能

東大寺盧舎那仏慶讃能
日時 5月2日(火)午後3時始
  場所 奈良市雑司町東大寺 大仏殿前鏡池上特設舞台
演目 
 観世流仕舞「杜若(かきつばた)」塩谷 惠
      「歌占(うたうら)」山下麻乃
 金春流連銀「青丹吉(あおによし)」石原昌和 他
e0078706_10181537.jpg

 観世流能「楊貴妃(ようきひ)」山中雅志
    唐の玄宗皇帝に仕える方士(道教の行者)は、馬嵬ヶ原で殺された楊貴妃の魂を見つけるように勅命を受け、
    常世の国の蓬莱宮まで行く。
    常世の男から楊貴妃は太真殿に住んでいて、玄宗皇帝に寵愛された日々を思い出し、嘆き悲しむ日々を送って
    いると聞く。太真殿に行くと、玉簾の奥から女の声が聞こえ、方士は言葉を交わす。方士が帝の使いだと分か
    ると、楊貴妃は玉簾を上げて姿を現す。楊貴妃に会った証拠として形見の品を頂戴したいと頼む。楊貴妃は方
    士に簪を与えますが、皇と交わした愛の言葉を聞かせてほしい。それを会った証拠としたいと頼む。楊貴妃は
    皇と交わした愛の言葉を方士に言います。楊貴妃は、形見の簪をつけて舞い、舞い終えると方士に簪を返す。
    方士は、簪を持って帝の元へ帰るが、楊貴妃は常世の国に留まるのでした・・・・・・。

e0078706_10203572.jpge0078706_10184561.jpg
e0078706_10193616.jpge0078706_10200685.jpg


陪観無料です

[PR]
# by easysailing | 2017-05-02 18:00 | 演能日誌

春の大神祭後宴能

春の大神祭後宴能
日時 4月10日(月)午前12時始  
場所 桜井市三輪1422大神神社 斎庭
演目
観世流神歌「翁(おきな)」金剛流宗家 金剛永謹
 翁の詞章、(しんか)とも言う。翁は天下泰平国土安穏を祈る儀礼の曲で、神聖視され、
 神事能や祝賀能等の催しでは初めに「翁」を演じ、後に常の能狂言を続けるのがきまりで 
 ある。奈良は古い土地で各所に能以前の翁の詞章が残っている。

e0078706_09132846.jpg


大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」茂山千作
 三輪明神を崇敬しいつも歩みを運ぶ友人二人は今日も年籠りをと誘い合いご神前にお参り
 する。山に向かい「福は山へ」と豆まきをすると、どこからともなく高らかな笑い声を上
 げながら現れたお方がある。驚いた二人がどなた様かと尋ねると「福の神」と名乗る。な
 にか忘れてないかと言われお神酒をおつぎすると「楽しうなるよう」と謡い舞いまた高ら
 かな笑い声とともに姿を消す。
 地謡に大神神社神官が出仕されています。

e0078706_09170182.jpge0078706_09170753.jpg
e0078706_09171358.jpge0078706_09171765.jpg


観世流仕舞「網之段(あみのだん)」赤松禎友

e0078706_09192716.jpg


金剛流能「三輪(みわ)」金剛流宗家 金剛永謹
 三輪山の麓に庵をむすぶ玄賓僧都のもとに、いつも樒と閼伽の水を供えに来る女性がい
 る。今日とても庵に入り「罪を助けてたぴ給え」と僧都に頼み帰りぎわに僧都に衣を所望
 する。女の住まいはと問うと三輪の里、杉立てる門を導べにと告げて姿を消す。
 里人がお参りに来てご神前で杉の枝に僧都の衣がかかっているのを見つけその由を僧都に
 伝え参詣されるようにと勧めて退場。しるしの杉を尋ねて神垣に行くと衣がかかってお
 り、褄に金色の文字で「三つの輪は清く清きぞ唐衣 くると思うな 取ると思わじ」と歌
 が書かれている。すると中より声するので、末世の衆生のために姿を見せて下さいと言う
 と「女姿と三輪の神」が現れ、三輪の神婚説話が語られ、さらに天照大神の岩戸隠れの神
 話を再現し神楽を舞い、伊勢の神と三輪の神は一体分身だと説く。といつの間にか夜も明
 けて僧都の夢は覚める。
 三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事
 記によれば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。

e0078706_09201784.jpge0078706_09202347.jpg
e0078706_09202908.jpge0078706_09424686.jpg


金春流仕舞「野守(のもり)」伊藤真也
観世流一調「歌占(うたうら)」井戸良祐 荒木建作
金剛流仕舞「高野物狂道行(こうやものぐるいみちゆき)」金剛龍謹

e0078706_09433877.jpge0078706_09442941.jpg
e0078706_09464003.jpg


金春流能「天鼓(てんこ)」櫻間右陣
 王伯王母という夫婦、妻の夢中に天から鼓が降り下り胎内に宿ると感じ生まれた息子に天
 鼓と名づけた。ある日、天から妙なる音の出る鼓が降り落ち、それを聞いた帝が鼓を献上
 せよと勅命を出す。
 少年は鼓を持ち山中に隠れるが捕えられて呂水に沈められた。鼓は内裏に据えられたが誰
 が打っても音が出ない。そこで老父を召して打たせようと勅使が遣わされる。息子の罪に
 死を覚悟して参内した老父が打つと、不思議や鼓は妙なる音を出した。帝は感動し、数の
 宝を与え父を家に送り届ける。
 勅使が呂水の堤に帝も御幸なり少年を管弦講で弔うと告げる。やがてその音楽にひかれて
 天鼓の亡霊が現れ、喜んで鼓を打ち鳴らし舞を舞い、夜明けとともに消えうせる。

e0078706_09482557.jpge0078706_09483115.jpg
e0078706_09483784.jpge0078706_09484265.jpg


附祝言

陪観無料です。
御供まき(午後3時半ごろ)
お茶席奉仕 石原社中


[PR]
# by easysailing | 2017-04-10 18:00 | 演能日誌

奈良先端科学技術大学院大学

奈良先端科学技術大学院大学 入学式
日時 4月5日(水)10時40分始
関係者だけの演能です。
[PR]
# by easysailing | 2017-04-05 17:00 | 演能日誌