なら燈花会能

なら燈花会能
  8月7日(土)午後2時初め
 場所 奈良市春日野町101奈良県新公会堂
e0078706_10302520.jpg

 演目
   能楽鑑賞講座 
     上演される「通小町」の見どころ解説
   金春流仕舞「花筺(はながたみ)」 守屋泰利

e0078706_14212741.jpg


   大藏流狂言「察化(さっか)」 茂山千三郎
     伯父と名乗ってきたのは「みごさのさっか」と呼ばれるすっぱ。あとあとのことを考え、
     太郎冠者に接待をさせるが失言ばかり。みかねて主人の言うようするよう真似るよう
     に言いつける。さて結末は?

e0078706_142227.jpge0078706_14221410.jpg

e0078706_14225033.jpge0078706_1423272.jpg



   金春流能「通小町(かよいこまち)」 守屋泰利
     公演予定ではシテ方桜間金記師とお知らせしていましたが、本人が病気療養につき守屋泰利師に替わりました。
     僧の弔いを喜ぶ小町の霊、それを追って四位の少将の霊が現れ小町の袂にすがり成
     仏を妨げる。共に戒を受けよとの僧の勧めに、少将の霊は生前小町に恋をし、苦しい百
     夜通いをし、百夜目に死んだ様を見せる。 

e0078706_1423478.jpge0078706_14235780.jpg
e0078706_1433136.jpge0078706_14331466.jpg
e0078706_14334897.jpge0078706_14335866.jpg




NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660







 
[PR]
by easysailing | 2010-08-07 20:00 | 演能日誌


<< ロシア連邦・サハ共和国「オロンホ」 しまなみ海道薪能 >>