わかくさ能

平成20年1月14日午後2時始
場所 奈良市
奈良県新公会堂能楽ホールにて
今年は奈良県新公会堂開館20周年を記念して能、狂言とも秘曲・大曲を公演致しました。

演目         
大藏流狂言「釣狐(つりぎつね)」 茂山正邦
 「猿に始まり、狐に終わる」という言葉があるとおり、子方としての「靭猿」の猿で初舞台を踏み本局を披くことにより、狂言の基本となる技術の習得を終わり一人前の狂言師と認められる極めて重い習い物です。
 猟師に一族のものを釣り取られてしまった老狐は、猟師の叔父の白蔵主に化け意見をしようと猟師のもとに出かける。道々犬の鳴き声に脅えながらも猟師の家に着き、狐は神であり恐ろしいものだ、狐を釣ることを止めるよう意見し帰る。ところが帰り道罠がしかけてあり猟師の執心の恐ろしさに驚き、一族の敵討ちと飛びかって食おうとするが、この姿のままでは罠にかかると思い一旦引き上げる。 一方猟師はこれまで夜に来たことのない白蔵主に不審を抱き、捨て罠を見に行くといじった跡があり、疑いもなく古狐に違いないと本罠を仕掛け待っていると、先ほどの老狐が現れ・・・・

e0078706_1651423.jpge0078706_16515689.jpg

e0078706_16525431.jpge0078706_1653784.jpg

e0078706_16535792.jpge0078706_16541520.jpg

e0078706_1348573.jpge0078706_13481831.jpg

e0078706_1349536.jpge0078706_13491668.jpg

e0078706_13495279.jpge0078706_1350119.jpg


金春流能「道成寺(どうじょうじ)」 金春康之
「安珍清姫」の伝説を採りあげ、歌舞伎にも受け継がれている曲。諸役全員にとって極く重い習い物であり、これほど大がかりな能は他にありません。道成寺は本来金春家の能でありましたが、今では他流でも舞われます。上掛かりと違って下掛かりでは、アイが幕内から鐘を運び出し釣り上げます。大鐘の作り物、舞台の天井梁に取り付けられた滑車、笛柱にある大きな環もこの能のためだけにあります。
狂言方の鐘を釣り上げることから始まり、シテは鐘を見込んで舞台へ大鼓のみの乱拍子で突き進み、小鼓のみで囃され足を動かす。両者の息が合わなければならない共に重い習い物です。鐘入りでは、シテが鐘目掛けて飛び込むと同時に鐘が落下します。この間髪いれぬ気合い、鐘入りの秘事は鐘曳きの大役です。見る者に緊張の糸を張りつめさせる大曲であり、秘曲です。

道成寺では久しく釣鐘が無かったが、この度再興され住職は女人禁制をふれる。やがて白拍子が現れ、鐘を拝ませて欲しいと頼む。たっての願いに舞を見せてくれるならと能力は許し、女は烏帽子を借り舞を舞う。そして人々が寝入った暇をねらって鐘を落とし自分は鐘の中に姿を隠す。住職はかってこの寺でおこった道成寺伝説を語り、白拍子は昔の女の怨霊であろうと察する。祈祷するとやがて鐘はひとりでに上がり、中から蛇体の鬼女が現れ・・・



e0078706_13585445.jpge0078706_1359629.jpg

e0078706_13595321.jpge0078706_140591.jpg

e0078706_1404188.jpge0078706_1405625.jpg

e0078706_143038.jpge0078706_1431461.jpg

e0078706_1435932.jpge0078706_1441450.jpg

e0078706_1444870.jpge0078706_1445881.jpg

e0078706_1453170.jpge0078706_1454169.jpg


NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2008-01-14 20:00 | 演能日誌


<< 西条市 能楽市民講座 能楽の魅力探訪 能楽入門講座 >>