薪御能

5月11日~12日
近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛況を極めたといわれています。
11日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、12日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

5月11日午前11時始
咒師走り(しゅしはしり)の儀 
   ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古い
   かたちを留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、
   宝数えのめでたい章句がつくのが特徴です。
場所 奈良市 春日大社舞殿
 金春流能 「翁(おきな)」  金春穂高
        「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」  茂山 茂
        「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎

  「千歳」                                              「翁」
e0078706_13183978.jpge0078706_13204513.jpg

 「延命冠者」                                            「三番三 揉ノ段」

e0078706_1321386.jpge0078706_1322443.jpg

 「三番三 鈴ノ段」

e0078706_1323434.jpg



南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市  興福寺南大門跡般若の芝にて 
演目
 金春流能 「田村(たむら)」 金春流宗家 金春安明

e0078706_13284878.jpg


 大藏流狂言 「口真似(くちまね)」 茂山忠三郎

e0078706_13294670.jpg


 観世流能 「海士(あま)」 観世喜之

e0078706_13302257.jpg


5月12日午前11時始
御社上り(みやしろあがり)の儀
場所 奈良市春日大社 若宮社
  「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」
  の型で行なわれ、また橋掛かりは通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります
 金春流能 「 通小町 (かよいこまち)」 金春欣三

e0078706_1453437.jpge0078706_146296.jpg

e0078706_1464084.jpg

 「下行(げぎょう)」春日大社より演者に褒美として樽酒が与えられる儀式

e0078706_147987.jpg


南大門の儀 午後5時半始
場所 奈良市  興福寺南大門跡般若の芝にて
 「舞台あらため」
e0078706_1483537.jpge0078706_1491352.jpg

 金剛流能 「半部(はじとみ)」 金剛流宗家 金剛永謹

e0078706_1413248.jpge0078706_14134013.jpg

e0078706_14143686.jpge0078706_1415291.jpg

e0078706_14155010.jpg

「火入れ」

e0078706_1423244.jpg


 大藏流狂言 「柑子(こうじ)」 茂山あきら

e0078706_14164485.jpge0078706_14171559.jpg 

e0078706_14181184.jpg


宝生流能 「野守(のもり) 辰巳満次郎

e0078706_14191718.jpge0078706_14195228.jpg

e0078706_14202624.jpge0078706_1421152.jpg

e0078706_14214017.jpge0078706_14221480.jpg

 photo by takehana

 
 NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2007-05-11 22:30 | 演能日誌


<< 全国大学保険管理協会 櫻間初花会 >>