わかくさ能

平成19年1月8日午後2時始
場所 奈良市
奈良県新公会堂能楽ホールにて

演目
 能面、舞台解説
 観世流仕舞 「野守(のもり)」 上野朝義

e0078706_12431916.jpge0078706_12435924.jpg

 大藏流狂言 「昆布売(こぶうり)」 茂山あきら 茂山童司
   都に用があり、おり悪く同行する者もおらず上がる大名が、上下の街道で太刀を持たせる者を見つけようとやってくる。
   そこへ若狭の小浜の昆布売りが通りかかり、いやがるのを無理に道連れにし、脅かして太刀を持たせたが、召使いのようにあつかいながら大威張りの大名に腹を据えかねた昆布売りは・・・。
   当時はやりの、いろいろな節付きの売り声が聞かれるのもお楽しみです。

e0078706_1245472.jpge0078706_12461730.jpg

e0078706_12464455.jpge0078706_12474255.jpg

 観世流能   「竹生島(ちくぶしま)」 生一知哉 山中雅志
   朝臣が竹生島参詣のため琵琶湖畔に着くと老人が船に若い女を乗せやってくる。船に誘い浦々を眺めるようにすすめ、やがて竹生島に着く。
   この島は女人禁制だと朝臣が訝ると、島に祠る弁財天も女体なのだからと言い、島に由来を語り社壇に姿を消し、老人は波間に姿を消す。
   やがて社壇が振動し弁財天が姿を現し天女舞を舞い、湖上には龍神が現れ金銀珠玉を朝臣に捧げ、国土安全を守っていることを告げ、水中に姿を消す。
   新春にふさわしく、春さわやかな琵琶湖を背景に、美しい「天女舞」、ダイナミックな龍神の「舞働き」、登場人物も多く、わかりやすい人気曲の一つです。
また、イヤホンガイドにて「竹生島」の場面、情景をわかりやすく解説しました。

e0078706_12572387.jpge0078706_12581352.jpg

e0078706_1258552.jpge0078706_1259503.jpg

e0078706_1302889.jpge0078706_1305640.jpg

e0078706_1324922.jpge0078706_1332489.jpg

e0078706_1343090.jpg
[PR]
by easysailing | 2007-01-08 22:00 | 演能日誌


<< 謡とお茶と舌鼓の集い 能楽の魅力探訪 能楽入門講座 >>