能舞台

e0078706_9211180.jpg

能舞台は普通の舞台のような緞帳幕のような幕がなく、演者の出入り、大道具・小道具の出し入れ全てお客さんの前で行われる特異な舞台です。
本舞台 舞台の大きさは3間四方(約5.5m四方)です。舞台の下に瓶が入れられ、残響をコントロールしています。
 本舞台四方には柱が4本たっていて屋根を支える共にそれぞれに名前があり演者の目印となっています
 常座(じょうざ):演者が舞台に入りまず演技するところです
 角:演者が常座をからここに移動し演じます
 正先:舞台正面前側の位置です
 脇座:ワキ方が着座する所です
 大小前:シテ方は常座、正先、脇座前を通り大小前に着くことが多いです。またよく作り物が置かれるところです

橋掛り 巾は8尺(約2.5m)長さは決まっていませんが5間見当です(約9mから12m)
 演者の出入り、大きな作り物の出し入ればかりではなく、ここで演じられる場合は、家の内外、遠い場所、この世とあの世など様々な使われ方がします
  松が3本ありますが、一の松より三の松にだんだん低くなっていき、遠近感を表しています。また演者の目印になります

後座 囃子方、後見が座る場所です

鏡板 舞台正面には松が描かれていますが、この松は奈良春日大社一の鳥居脇にある影向の松がモチーフとなっています。
地謡座 地謡が座る場所です
狂言座 能の時、間(アイ)が座る場所です
鏡の間 いわば舞台袖で、演者が最後に装束の直し、面を着けます。そのために鏡があるため鏡の間と言われてます。
揚幕 いわば表舞台と楽屋の目隠しの幕ですが、その揚げ方には本幕、半幕、片幕等演者、演目により違いがあります
嵐窓 鏡の間から舞台の進行様子を覗き見る窓です
切戸口 地謡、後見が出入りするところです
[PR]
by easysailing | 2005-09-24 05:00 | 今更聞けない初歩講座


<< 番付の見方 能の種類 >>