第39回なら芝能

第39回なら芝能能
日時 3月19日(日)
 第一部午後1時~午後2時
 場所 奈良市登大路町6-2奈良県文化会館小ホール
    演目・内容 能楽入門講座と本日の曲目解説など
   参加料 2.000円 第二部芝能にてイス席をご用意致しました。

能楽解説 観世流シテ方吉沢旭       演能「百萬」解説 観世流シテ方山中雅志

e0078706_18155957.jpge0078706_18162069.jpg

演能「百萬」解説 NPO法人奈良能理事長 石原昌和        「大江山」解説 観世流シテ方山下麻乃
e0078706_1817477.jpge0078706_18171642.jpg


第二部午後2時半~午後4時
 場所 奈良市登大路町奈良県庁舎前広場 芝生舞台
     雨天時は奈良県文化会館小ホール
   演目 桃香野子供狂言「しびり」 月ヶ瀬桃香野小学二生

e0078706_18242882.jpge0078706_18244997.jpg

       観世流仕舞「大江山(おおえやま)」 山下麻乃
               「網之段(あみのだん)」 塩谷恵
       金春流仕舞「雲雀山(ひばりやま)」 今井節


e0078706_18255475.jpge0078706_18261072.jpg 
e0078706_18262898.jpg 

     大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山あきら
盗み酒がばれて、いましめられた二人。酒飲み根性は大したもの。大酒盛が始まるが。。。。。
それぞれの舞は、さす手・引く手を肩と顎とで表現する.。
e0078706_18272786.jpge0078706_18274191.jpg
e0078706_1828193.jpge0078706_18281920.jpg


       観世流能「百萬(ひゃくまん)」 山中雅志
 百万は、西の大寺の境内、柳のかげで我が子と行きはぐれ、そのみどりごを尋ねもとめて、
奈良坂を越え佐保川を渡り、井手の玉水を過ぎ、足に任せて行き着いたところは、都の西嵯峨野
の寺・・・・清涼寺。折から花盛りの境内では大念仏が催されている。百万がその音頭取りとなって
念仏歌をうたうところに、女曲舞舞としての見事な投影がみとめられよう。
 舞台の上では、烏帽子に長絹姿、手に狂い笹という優女が居るが、謡の詞章には、「もとより
長き黒髪を、おどろのごとく乱して、古りたる烏帽子ひき被き、また眉根黒き乱れ墨―」などと
あって、とんでもない格好をしていることになっている。乱髪にわざわざ顔に墨を塗ってまで、
なぜきたないつくりにしているのか。これは、芸能の世界だけのことではなかっただろう。
南都から人の集まりを尋ねて京都の西の外れまで、女が一人旅をするには、敢えてこのような
異形身をとる必要があったのだ。もともと、クルウには旅路を往く、漂白・遍歴・遊行の意が
ある。それに加えて、この母子再会の狂女能では、モノグルイの他の属性をも明らかに示して
くれるのである。
e0078706_18301897.jpge0078706_18303315.jpg
e0078706_18311355.jpge0078706_18313630.jpg
e0078706_18321372.jpge0078706_18323446.jpg


 料金 2.000円(第一部共通) 立ち席者は無料。(ただし定員制限を設けました)
[PR]
by easysailing | 2017-03-19 18:00 | 演能日誌


<< 平成29年演能予定 高安能 >>