一休寺薪能

一休寺薪能
 日時 10月12日(水)午後5時半始
 場所 京田辺市薪里ノ内102酬恩庵一休寺
    今年で第32回を迎えます一休寺薪能が、重要文化財の方丈にて、一休禅師像の目と鼻の先で演じられました。
また一休寺には、観世流三代音阿弥、十五代元章、十九代清興の墓所があります。
e0078706_21420772.jpge0078706_21433460.jpg
e0078706_21440872.jpg
 演目演者
金剛流仕舞「清経(きよつね)キリ」  金剛龍謹
金剛流仕舞「野宮(ののみや)」  植田恭三

e0078706_21445012.jpge0078706_21445855.jpg
大藏流狂言「口真似(くちまね)」  茂山七五三 茂山宗彦 井口竜也

よい酒を貰った主人、楽しく飲みたいものと、よい飲み相手を選んで呼んで来るよう太郎冠者に言い付ける。呼んできた客を
見て驚いた。一杯呑うでは一寸抜き、二杯呑うでは二寸抜くような大の酔狂人、追い返したいが後日出会った時に挨拶のしようが
ないので、とにかく一つ振る舞って帰すことにする。客扱いの作法も知らぬ太郎冠者に、主人は自分がするよう言うよう口真似
するよう言い付けて座敷に入る。言い付けを言葉どおりにとった太郎冠者、言い付けられた通りにしたのだが・・・。

e0078706_21461078.jpge0078706_21462140.jpg
e0078706_21472986.jpg
金剛流能「綾鼓(あやのつづみ)」  金剛流宗家金剛永謹

 木の丸御殿の庭掃きの老人は、あるとき女御の姿を見てならぬ恋におちいる。これを聞いた女御は鼓を打ち、その音が皇居に
聞こえたならば姿を見せようと官人に伝えさせる。老人は、年老いてなお恋慕の思いに苦しむ心情を述べ、もしこの音が御殿に
届けば、この思いも静まると鼓を打つ。思いを込めて鼓を打つが音は出ない。耳の遠いせいかと力こめて打つが、聞こえるのは
池の波音、雨の音のみ。いくら打てども鼓は鳴らず、女御の姿も見れないと身を恨み、人をかこち絶望して池に身を投げる。 (中入り)
 従者よりその報告を受けた官人は、女御にその由を知らせ、そのたたりも恐ろしいので庭に姿を見せるよう勧める。老人の祟り
を受けて庭に出て池に近付く女御の目前に、魔境の鬼となった怨霊が現れる。鳴るはずもない鼓を打たせた女御に、鳴るものなら
鳴らせてみよと激しく責めたて、狂い泣き叫ぶ女御をなおも苦しめ、恨みの言葉を残して水底に消え失せる。

e0078706_21481761.jpge0078706_21482427.jpg
e0078706_21483121.jpge0078706_21485482.jpg

[PR]
by easysailing | 2016-10-12 21:00 | 演能日誌


<< 東大寺盧舎那大仏発願 慶讃能 燈花会能 >>