能楽の魅力探訪「わかくさ能」

平成18年1月9日午後1時より奈良県新公会堂にて催された。
観世流仕舞「竜虎」りゅうこ 観世流生一知哉 山中雅志
   たとえにある「竜虎の争い」を舞台化した中国題材の能。僧が竹林に近づき岩陰に隠れていると、
  やがて黒雲がかかりそこから降りてきた竜と竹林の岩洞にいた虎が激しく戦う
大藏流狂言「文荷」ふみにない 大藏流茂山正邦、茂山宗彦、茂山逸平ほか
   主人の命で恋文を届けることになった太郎冠者と次郎冠者は棒の中程に結び運んで行く。
  二人で言い争いしている内に恋文が・・・・

金剛流能「土蜘蛛」つちぐも(千筋之伝ちすじのでん) 金剛流宗家金剛永謹ほか
   病臥する源頼光の枕元に怪しい僧が現れ千筋の糸を投げつけ消える。子細を聞いた武者が葛城山の
  化生退治に赴くと、鬼神姿の土蜘蛛の精が現れ千筋の糸を投げつける
  (千筋之伝) 蜘蛛の糸は、以前は太く本数も少なかったが、明治初年、金剛唯一が工夫して「千筋之傳」
  で用い、現在は各流ともこれを用いています。金剛流のこの小書は本家本元の「千筋之伝」、他流の演出
  より素晴らしいものがあります。

e0078706_17114520.jpge0078706_17122276.jpg

e0078706_17132357.jpge0078706_17134445.jpg

e0078706_17143495.jpge0078706_17145813.jpg

e0078706_1716693.jpge0078706_17163252.jpg

e0078706_17171282.jpg


          
[PR]
by easysailing | 2006-01-09 21:00 | 演能日誌


<< 大神神社後宴能 能楽の魅力探訪 能楽入門講座 >>