東大寺盧舎那仏慶讃能

  日時 5月2日(月)午後3時始<br>
  場所 奈良市雑司町東大寺 大仏殿中門前鏡池上特設舞台
  演目 観世流仕舞「田村(たむら)」佐野和之
          「杜若(かきつばた)」塩谷 惠
金春流仕舞「岩船(いわふね)」佐藤俊之
          「鵜之段(うのだん)」金春穂高

e0078706_14462036.jpge0078706_14462011.jpg
e0078706_14462822.jpge0078706_14462847.jpg


     観世流能「巴(ともえ)」山中雅志
       木曽の僧が都へ上がる途中、近江国・粟津の原で一人の女と出会う。女は僧に義仲の霊を弔ってくれるように頼み、夕暮れの草の陰に消えた。
       僧は里の男から巴という女武者の話を聞き、僧はあの女の亡霊が巴だったと悟る。
       僧が弔いを始めると甲冑姿の巴が現れ、義仲の最後について語り、愛する人と最後を共に出来なかった執心を訴えて、巴の亡霊は消える。

     付祝言
e0078706_14594397.jpge0078706_14594357.jpg
e0078706_15121609.jpge0078706_15121630.jpg
e0078706_15132312.jpge0078706_15132315.jpg

     演能終了後5月1日に就任された東大寺第222世別当・華厳宗管長狭川普文師がご挨拶されました。
     陪観無料。 
e0078706_15305406.jpg
[PR]
by easysailing | 2016-05-02 18:00 | 演能日誌


<< 薪御能 初日 春の大神祭 後宴能 >>