春の大神祭 後宴能

春の大神祭後宴能
  日時 4月10日(日)午前12時始<br>
  場所 桜井市三輪1422大神神社 斎庭

  演目
金剛流神歌「翁(おきな)」金剛流宗家金剛永謹
 《翁》の詞章。(しんか)とも言う。天下泰平・国土安穏・五穀豊饒・子孫繁栄を願うもので、現在では神歌を素謡形式で奏して、正式の《翁》の上演に代用することもある
e0078706_08031349.jpg



大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」茂山千五郎
 福の神のご神前で恒例の年取りをしようと「福は山へ」と豆をまき囃している参詣人の目前に笑い声をあげて福の神が現れる。
神酒を所望し、楽しうなるようにと早起き、慈悲、夫婦和合などを説き、自分のような福の神には神酒をたっぷり飲ませるようにと謡い舞を舞う。
e0078706_08050848.jpge0078706_08050889.jpg
e0078706_08050841.jpge0078706_08050835.jpg

金剛流仕舞「八島(やしま)」廣田幸稔
     「羽衣(はごろも)」今井清隆
e0078706_08072845.jpge0078706_08072849.jpg

金春流能「三輪(みわ)」櫻間右陣
 三輪に住む玄賓僧都(ワキ)のもとに毎日樒と閼伽の水をもって来る女がいた。今日も訪れた女は「罪を助けてほしい」と僧都に頼み、夜寒になったから衣を一重ね賜りたいと言うので僧都が衣を与え、住家を尋ねると「三輪山の杉のあたり」と答えて帰って行く。
三輪明神に参詣した里人は神木に僧都の衣がかかっているのを不審に思い、僧都に告げる。僧都が庵を出て明神に参詣すると杉の枝に衣かかっており、その裾に神託の歌がしるしてあった。やがて三輪の明神が現れて、三輪のしるしの杉にまつわる神婚説話を物語り、天の岩戸隠れの故事を再現して神楽を舞い、三輪の神と伊勢の天照大神とは一体分身だと説くが、いつしか夜も明け僧都の夢はさめる。
三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事記によれば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。
e0078706_08084128.jpge0078706_08084406.jpg
e0078706_08084710.jpge0078706_08085112.jpg

観世流仕舞「笹之段(ささのだん)」赤松禎友
金春流仕舞「熊坂(くまさか)」長谷猪一郎
e0078706_08104304.jpge0078706_08104631.jpg

観世流能「合浦(かっぽ)」大槻文藏
 或るうららかな日に唐土の合浦の浦の里人(ワキ)が浜に出て、漁師(アイ)の釣った美しい魚をあわれんで買い取り海に放してやった。
その夜、里人のもとに童子(前ジテ)が訪れ、自分は鮫人(コウジン)という魚の精で、命を助けられたお礼に我が泣く涙で作った宝玉を差し上げたいと言って里人を合浦の浦に誘い、魚の精は白魚となって波間に消えた。鱗の精達(アイ)が鮫人の無事に戻った事を喜び合うなか、鮫人(後シテ)が海面に現れ、寿命長遠息災延命の宝の珠を里人に捧げ、また波の底に消えていった。
古名は「合浦の玉」。魚の恩返し
e0078706_08115701.jpge0078706_08120139.jpg
e0078706_08120362.jpge0078706_08120647.jpg
e0078706_08121056.jpg
  陪観無料です。
お茶席奉仕 石原社中
e0078706_08160927.jpge0078706_08161252.jpg
御供まき
e0078706_08161505.jpg
[PR]
by easysailing | 2016-04-10 18:00 | 演能日誌


<< 東大寺盧舎那仏慶讃能 奈良先端科学技術大学院大学 入学式 >>