春の大神祭後宴能

春の大神祭 後宴能
  日時 4月10日正午始
  場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
(本年は雨天の為大礼記念館にて)
  演目  金春流素謡「翁(おきな)」櫻間右陣
         神聖視される翁の素謡で、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、子孫繁栄を祈るもので、能のような筋書きはありません。
      観世流仕舞「嵐山(あらしやま)」 大槻裕一
e0078706_15585554.jpge0078706_16024352.jpg
      大藏流狂言「福之神(ふくのかみ)」 茂山千三郎 網谷正美 丸石やすし
          福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
          笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
         三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
         地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_16041257.jpge0078706_16041779.jpg
e0078706_16042180.jpg
      観世流能「三輪(みわ)」 大槻文藏
       三輪に住む玄賓僧都(ワキ)のもとに毎日樒と閼伽の水をもって来る女(前シテ)がいた。
       今日も訪れた女は「罪を助けてほしい」と僧都に頼み、夜寒になったから衣を一重ね賜りたい
       と言うので僧都が衣を与え、住家を尋ねると「三輪山の杉のあたり」と答えて帰って行く。
       三輪明神に参詣した里人は神木に僧都の衣がかかっているのを不審に思い、僧都に告げる。
       僧都が庵を出て明神に参詣すると杉の枝に衣がかかっており、その裾に神託の歌がしるしてあった。
       やがて三輪の明神(後シテ)が現れて、三輪のしるしの杉にまつわる神婚説話を物語り、天の岩戸
       隠れの故事を再現して神楽を舞い、三輪の神と伊勢の天照大神とは一体分身だと説くが、いつしか
       夜も明け僧都の夢はさめる。
       三輪の神は、本曲でうたわれる通り大和の女の許に夜だけ通ってくる男の神であり、古事記によ
       れば大物主の神であるが、能では女姿として現れる。
e0078706_16064538.jpge0078706_16063800.jpg
e0078706_16064232.jpge0078706_16064899.jpg
e0078706_16065177.jpg
      金剛流仕舞「網の段(あみのだん)」 金剛龍謹
      金春流仕舞「船弁慶(ふねべんけい)」 長谷猪一郎
e0078706_16101704.jpge0078706_16102080.jpg
      金剛流能「乱(みだれ)猩々乱とも」
       猩々は「口円くして突出で身長四尺ばかり、赤褐色にして性質緩慢なり。想像上の獣、人語を解
       し髪長くして赤く、声小児の唏くがごとく。好みて酒を飲む」という。
       中国金山の麓に住む高風(ワキ)は、ある夜不思議な夢を見、揚子の市に出て酒を売るうち次第に
       富貴となる。市の立つ毎に酒を飲みに来る者がいて、いくら飲んでも顔色変わらず不思議に思い名
       を尋ねると海中に住む猩々と名乗る。ある秋の月夜に高風が潯陽の江のほとりで壷に酒を用意し
       待っていると、海中より猩々(シテ)が現れ酒を酌み交わし舞を舞い、高風の心の素直さを褒め汲
       めども尽きぬ泉の酒を壷にいれ授ける、と言うところで高風の夢は覚めるが夢中の壷は残り、高風
       の家は末長く栄える。
       通常は「中ノ舞」を舞うがそのかわりに「乱」を舞う場合は曲名を「乱」と称し、舞の中心部に
       乱特有の囃子にのった特殊な舞があり、酔った猩々が波に戯れる様を表し特殊な足つかいがある。
       面はこの曲専用の猩々、赤づくめのいで立ち。
e0078706_16113664.jpge0078706_16113906.jpg
e0078706_16114298.jpge0078706_16114562.jpg
 後宴能終了後、御供まきが行われました。
 また玄関では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれました。
e0078706_16343238.jpge0078706_16342844.jpg

[PR]
by easysailing | 2015-04-10 18:00 | 演能日誌


<< 川越能 奈良先端科学技術大学院大学 入学式 >>