春の大神祭後宴能

春の大神祭後宴能
 日時 4月10日(木) 正午始
 場所 奈良県桜井市三輪 大神神社
     春の大神祭が終わったことを祝し、後宴能が開かれました。
 演目 観世流 「日吉式(ひよししき)」 大槻文藏 大倉源治郎
e0078706_19163433.jpg


     大藏流狂言 「福之神(ふくのかみ)」 茂山千五郎
       福天神に年越しのお参りにやってきた太郎冠者と次郎冠者は、「福は内」と騒いでいると、
        笑い声と共に福の神が現れ・・・・・「私たち神様にお神酒を頂戴」・・
       三輪神社では「福は内」ではなく「福は山へ」
       地謡に大神神社神職がご奉仕されています。
e0078706_19171147.jpge0078706_19172393.jpg

観世流仕舞 「山姥(やまんば)」 赤松禎英
e0078706_19202999.jpg


     金剛流能 「三輪(みわ)」 金剛流宗家 金剛永謹 
       三輪山の麓に庵室を構えている玄賓僧都のもとに毎日樒と閼伽の水を持って来る女がいる。罪を助けてほしいと僧都に頼み、
       夜寒になったので衣を一枚頂きたいと言うので、衣を与え女の住家を問うと、「わが庵は三輪の山本恋しくば とぶらい来ませ
       杉立てる門」と言う和歌があるがその杉立てる門を目印に来るようにと言って姿を消す。(作り物の中に入る)
       里の男が満願の日にあたり参詣すると杉の枝に衣がかかっており、見ると僧都の衣なので不審に思い、知らせに来る。ご神前
       に来てみると、自分の衣が掛かっておりその裾に歌が書いてある。それを読んでいると、杉の内より御声がして、女姿の三和明
       神が現れる。神も衆生を救うため迷い深い人間と同じ心をもつことがあるので、罪を助けてほしいと言い、三輪の神婚説話を語り、
       天照大神の岩戸隠れの神話を語り神楽を舞うが、伊勢と三輪の神は一体の神と言い、夜明とともに消えて行く。
e0078706_1921927.jpge0078706_19212255.jpg
e0078706_19234118.jpge0078706_1923525.jpg


 宝生流一調 「歌占(うたうら) 」 辰巳満次郎 荒木建作
金剛流仕舞 「花月(かげつ)」 金剛龍謹
金春流一調 「西行桜(さいぎょうざくら)」 石原昌和
e0078706_19243887.jpge0078706_19245580.jpg
e0078706_19253135.jpg


     金春流能 「鵜飼(うかい)」 櫻間右陣
e0078706_1927202.jpge0078706_19273240.jpg
e0078706_19332925.jpge0078706_19334795.jpg


  後宴能終了後、拝殿前にて、御供まきが行われました。
  また宝物収蔵庫前では二條流煎茶 徳良庵石原雅苑のご奉仕によりお茶がふるまわれました。
e0078706_19354282.jpge0078706_19355887.jpg
[PR]
by easysailing | 2014-04-10 16:00 | 演能日誌


<< 東大寺盧舎那大仏慶讃能 奈良先端科学技術大学院大学 >>