薪御能 二日目

薪御能
        近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生
        で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
        869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代に
        、最も盛 況を極めたといわれています。
        17日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、18日は春日大社若宮社で「御社上り(みやし
        ろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般
        若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。
  薪御能 二日目
    日時 5月18日(土)午前11時始
      御社上り(みやしろあがり)の儀
        場所 奈良市 春日大社若宮社
           「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」の型で
           行なわれ、また橋掛かり通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。
        演目 金春流能「猩々(しょうじょう)」 金春欣三
e0078706_1703049.jpg

        下行 春日大社より演者に褒美として神饌と神酒が与えられる儀式
      南大門の儀 午後5時半始
         場所 奈良市登大路町48興福寺南大門跡般若の芝
             (雨天時は奈良県文化会館)      
            舞台あらため・外僉義(げのせんぎ)
        演目 観世流能「巴(ともえ)」 観世喜之
e0078706_1712789.jpge0078706_1714331.jpg

            火入れ 興福寺衆徒

            大藏流狂言「棒縛り(ぼうしばり)」 茂山七五三
e0078706_1731739.jpge0078706_1733279.jpg


            宝生流能「阿漕(あこぎ)」」 辰巳満次郎

e0078706_1741966.jpge0078706_1742851.jpg
e0078706_1744233.jpg


写真提供 写真家松村康史氏
[PR]
by easysailing | 2013-05-18 21:00 | 演能日誌


<< 唐招提寺鑑真大和上円寂1250年 薪御能 初日 >>