なら燈花会能

なら燈花会能
   日時 8月5日(土)
   場所 奈良市春日野町101 奈良県新公会堂

演目 金春流一調 「傘之段(かさのだん)」 石原昌和 荒木健作

e0078706_147574.jpg


      金春流仕舞 「弱法師(よろぼし)」 守屋泰利

e0078706_148266.jpg


      大藏流狂言 「魚説教(うおせっきょう)」 茂山七五三
  持仏堂を建立した男、住持として連れて帰ったのはにわか
  出家。説法を頼むが経も読めない。漁師上がりの出家は魚の
  名を連ねて説法を始める。魚の名づくしで説法を説くとこ
  ろが聞きどころ。いく種類の魚の名を聞き分けられるか…

e0078706_1483579.jpge0078706_1484649.jpg
e0078706_149474.jpge0078706_1410036.jpg



      金春流能  「江口(えぐち) 櫻間金記
  江口の君の墓前で西行の歌を口ずさむ僧の前に、江口の君
  の返歌を示し西行に宿を貸さなかった真意を説明し、自ら
  江口の君の幽霊と名乗る。跡を弔う僧の前に遊女達の船遊
  びの様が見えて来る。遊女の身と生まれた罪業を嘆き、世
  の無常を説き、執着を捨てれば迷いの道も離れ得ると説く
  と、遊君は普賢菩薩の姿となり船は白象と化して西の空に
  消えて行く。世阿弥の名作。

e0078706_14105022.jpge0078706_1411325.jpg
e0078706_14113814.jpge0078706_14114923.jpg
[PR]
by easysailing | 2012-08-05 13:55 | 演能日誌


<< ウズベキスタン公演 山中雅志 道成寺 >>