薪御能 初日

薪御能
  5月11日・12日
  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、
  各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
  869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛 況を極めたといわれ
  ています。
  11日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、12日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」がそれぞれ
  午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われましす。
    (雨天予想のため、奈良県文化会館にて演能されました)

 5月11日午前11時始
    咒師走り(しゅしはしり)の儀 
    ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古いかたちを留め、また「十二月往来」は、
    現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、宝数えのめでたい章句がつくのが特徴です。
    場所 奈良市 春日大社舞殿
    金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高
           「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 茂山正邦
           「三番三(さんばそう)」 大藏千太郎

                                      「千歳 」
e0078706_1516468.jpge0078706_15163941.jpg

「翁」                                  「延命冠者」

e0078706_15172941.jpge0078706_15174573.jpg

「三番三」揉之段・鈴之段                    「下行」 春日大社より演者に褒美と
                                    して神饌と神酒が与えられる儀式


e0078706_15232283.jpge0078706_15233472.jpg


    南大門の儀 午後5時半始
    場所 奈良市 当日雨天予想のため、奈良県文化会館にて演能された。

  演目
    「舞台あらため・外僉議(げのせんぎ)」
      当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を中止する」という取り決
      めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた
      事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文
      が読み上げられます。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。

e0078706_16182693.jpg

    金剛流能 「高砂(たかさご)」  金剛流宗家 金剛永謹
      阿蘇宮神主友成が住吉社参の途中高砂の浦に立ち寄りと、神木の当たりを掃き清める老翁と姥
      にあう。二人は神主の問いに松の謂われを語り老翁は住吉の者、姥は高砂の者と述べ住吉での
      再会を約束し小舟に乗り消える。友成が後を追い住吉の浦に着くと、住吉明神が現れ、颯爽と
      舞をまい、天下太平、万民の幸せを祝う。


e0078706_1619986.jpge0078706_16192764.jpg

e0078706_16204132.jpge0078706_1621287.jpg

    火入れ 興福寺衆徒

e0078706_16214650.jpg

    大藏流狂言 「薩摩守(さつまのかみ)」 茂山茂
       遠国から来た出家が、住吉・天王寺詣での途中茶屋により代金を払わないで行こうとし、店
       主にとがめられる。店主はこの先の神崎の渡しで船頭に船賃を払わないで乗れる「薩摩守忠
       度」の秀句を教える。出家は船頭に「薩摩守」と問いかけるが船頭は・・・・


e0078706_1626659.jpge0078706_16261811.jpg

e0078706_16265764.jpge0078706_162781.jpg


    金春流能 「鉄輪(かなわ)」 金春流宗家金春安明
       貴船の社人が、丑の刻詣でに来る女に、鉄輪の三足に松明を灯して頭に戴き、顔に丹を塗り、
       赤い衣を着け怒りの心を持てと神託を述べる。女はすぐ実行せんと髪の毛を逆立て走り去る。
       夫は悪い夢見を見て、陰陽師安倍晴明の元を訪ね占ってもらうと今夜が危ないと述べ、清明
       が祈祷台に男女の人型を置いて祈ると、鬼となった女が現れ人形の後妻を打ち据え男をさらっ
       ていこうとするが、御幣より現れた三十番神に追い立てられ去っていく。

e0078706_16275783.jpge0078706_1628116.jpg

e0078706_1629297.jpg

[PR]
by easysailing | 2010-05-11 20:00 | 演能日誌


<< 薪御能 二日目 法華寺 光明皇后1250年御遠忌 >>