第21回一休寺能

9月19日一休寺方丈(重文)にて
名勝指定されている方丈庭園に上がる月を愛でながら、一休禅師像の前で目と鼻の先での能・狂言が演じられた


演目 能「雪」ゆき 金剛流宗家 金剛永謹
        諸国一見の僧が奥州から天王寺参詣に向かう途中、俄に大雪となりしばらく休
        んでいると、雪の中から女性(雪の精)が現れ、自分が誰であることも分からず
        自然に現れてきた身で、この迷いを晴らしてくれるよう僧に頼む。僧が仏との縁
        を結び成仏するよう進める
e0078706_16342849.jpg


演目 狂言「文荷」ふみにない 大藏流 茂山宗彦 茂山逸平 茂山童司
        主人は太郎冠者、次郎冠者に手紙を届けるよう言いつける。二人は手紙を押し
        付け合い、結局竹に通して担ぎます。二人は道端に座り読み出し、奪い合いす
        ると引き裂かれ破れてしまう。さて、太郎冠者と次郎冠者は・・・・・
e0078706_16505226.jpg


演目 能「野守」のもり 観世流 大槻文藏
        羽黒山から来た山伏が大峰葛城山に帰る途中、奈良春日の里に着く。老人(野
        守の鬼の化身)に池のいわれを聞くと、自分のような野守が姿を写すので「野
        守の鏡」いう。また本当は昼間は人間の姿となり、夜は鬼となってのこ野を守っ
        ていた鬼神の持つ鏡だと。

e0078706_174551.jpg

        
[PR]
by easysailing | 2005-09-19 17:05 | 演能日誌


<< 奈良能 設立趣旨 上野城薪能 >>