今治市能楽解説&能楽ワークショップ

平成21年度文化庁「舞台芸術の魅力発見事業」
 能楽解説&能楽ワークショップ
7月17日
 今治市民会館 大会議室
NPO法人奈良能理事長 石原昌和による能の歴史、四国・愛媛にちなんだ能演目解説の後、
金剛流シテ方種田道一師による能五番立て演目解説・実演が行われた。
 またその演目に使用される面の解説を、観世流シテ方山中雅志師におこなってもらいました。
  初番 「竹生島」 二番 「八島」 三番 「熊野」 四番 「桜川」 五番 「黒塚」
 

e0078706_13454831.jpge0078706_13462694.jpg

 能解説の後、囃子の解説・実演を以下の方々におこなってもらい終了後、参加者に面を間近で見て頂きました。
 小鼓 幸流 丹下紀香 師
 大鼓 大倉流 大村滋二 師
 太鼓 金春流 前川光範 師

e0078706_13552339.jpge0078706_13554420.jpg


 また翌日おこなわれる、しまなみ海道薪能の第一部として、第2回目の能楽解説&能楽ワークショップが行われた。

NPO法人奈良能
  〒630-8271 奈良市坊屋敷町42
  電話 0742-22-2660
[PR]
by easysailing | 2009-07-17 22:00 | 演能日誌


<< しまなみ海道薪能 薪御能 >>