薪御能

薪御能
 5月11日・12日
  近年、各地で野外能や薪能が行われていますが、古来、薪能といえば、興福寺南大門前の芝生で演じられてきたものを指し、各地の薪能は戦後これに倣ったものです。
869年、興福寺修二会で薪猿楽が舞われたと伝えられており、能楽が大成される室町時代には、最も盛況を極めたといわれています。
  11日は春日大社舞殿で「咒師(しゅし)走りの儀」、12日は春日大社若宮社で「御社上り(みやしろあがり)の儀」がそれぞれ午前11時から奉納された後、午後5時半から興福寺南大門跡 般若の芝で「南大門の儀」が執り行われました。

 5月11日午前11時始
    咒師走り(しゅしはしり)の儀 
    ここで奉納される「翁」は、浄衣姿の三人の翁と、素襖姿の三番三と千歳とで勤める古い
   かたちを留め、また「十二月往来」は、現行観世流のものより一段と古雅な詞章を伝え、
   宝数えのめでたい章句がつくのが特徴です。
    場所 奈良市 春日大社舞殿
    金春流能 「翁(おきな)」 金春穂高
           「千歳(せんざい)」 「延命冠者(えんめいかじゃ)」 
           「三番三(さんばそう)」
    南大門の儀 午後5時半始
    場所 奈良市  興福寺南大門跡般若の芝にて 
  演目
    「舞台あらため・外僉議(げのせんぎ)」
      当初 薪御能では、舞台が野外の芝生であったため、「和紙三枚を踏んで湿り気があれば公演を中止する」という取り決めがありました。現在では敷き舞台の上で行うためその必要はありませんが、芝の湿り具合いで能の有無を定めていた事を今に伝えるため演能の前に興福寺衆徒(僧兵)により「舞台あらため」が行われ、人々にその結果を伝える外僉議文が読み上げられます。これらの儀式は他では見ることのできない薪御能だけの特色です。
    宝生流能 「八島(やしま)」 辰巳満次郎
    火入れ 興福寺衆徒
    大藏流狂言 「千鳥(ちどり)」 茂山千五郎
    観世流能 「葛城(かずらぎ)」 観世喜之

 5月12日午前11時始
    御社上り(みやしろあがり)の儀
    場所 奈良市春日大社 若宮社
     「社頭法楽」の最も古いかたちとも言える御社上りの儀は、神殿を背にして、「四方正面」
  の型で行なわれ、また橋掛かりは通常の反対で右側となり、非常に珍しい舞台となります。
    金春流能 「融(とおる)」 金春欣三

    南大門の儀 午後5時半始
    場所 奈良市  興福寺南大門跡般若の芝にて 
    金春流能 「枕慈童(まくらじどう)」 金春流宗家金春安明
    火入れ 興福寺衆徒
    大藏流狂言 「雁礫(がんつぶて)」 茂山忠三郎
    金剛流能 「葵上(あおいのうえ)」 金剛流宗家金剛永謹
[PR]
by easysailing | 2009-05-12 21:32 | 演能日誌


<< 今治市能楽解説&能楽ワークショップ 櫻間初花会 >>